三陸おのやブログ

     三陸釜石から、「美味しいお魚料理」に
               取り組む、奮闘記です
  

「試食会」でのサプライズ

 

店主の小野です。私共の会社では、本社、大槌工場両方で、業務終了後に当日生産した商品の「試食会」を行っています。基本的には、原料品質チェックから始まって、調味タレの塩分、濃度などの検査他、多くは工程で検査を行い、最終的には微生物検査となるのですが、この「食味」確認もとても重要な工程となります。

 

私は、出張や外部会議もあるので毎日参加している訳ではありませんが、今日は参加した次第です。

 

「あれ?」と思ったのは、脂肪がのって美味しそうな「鯛の塩焼」。私の記憶では、開発中の商品案件にはなかったので、担当者に聞いたところ、「今、新型コロナウイルスの影響で養殖鯛が売れないため、当社にサンプルが送られてきました」とのでした。

 

今、新型コロナウイルス感染は、日本中で多くの産業界に大きな影響が出ています。考えて見れば、魚類も近年は養殖魚の比率が高まっており、この「鯛」も、お刺身や寿司、和食の様々な料理に欠かせないものですが、やはり大きな影響を受けているのです。

 

試食すると、ふっくらとしてとても優しい味わい! どんなメニューに仕上げるか??楽しみが一つ増えました。

 

 

|-|-|by onosyokuhin

季節の料理

コールセンターの佐々木由香です。

 

先週はずっと雨模様で、気温も上がらず寒い1週間でした。
今週はというと、月曜日から釜石の気温は28度ととても暑い陽気でした。
寒暖の差が大きいので体調を崩さないよう気を付けなければなりませんね。

 

日曜日に自宅の草刈りをしようと重い腰をあげ外に出たら、

家の前にキレイなアヤメが咲いていました!

 

 

アヤメに癒されつつ草刈り開始です。

通販で購入した草刈りマシンを駆使し刈り取りましたが、またすぐに伸びてきそうな気配です。
この時期は草木がすぐに生い茂りますね(^_^;)


話は変わりますが、先月私の休日はほぼ伯父の手伝いに費やされました。
塩蔵ワカメの加工作業です。

 

作業の傍ら、ワカメの茎部分、本来は捨てる部分を密かに袋に集めていました。

 

 

後から、この茎を使って料理を作って貰う為です。

昔から我が家ではこの季節定番の料理です。
ワカメの茎と野菜の和え物です。

 

塩抜きした茎と、人参や胡瓜等の野菜を食べやすい大きさに切り、

醤油等で和えて味付けした簡単な料理です。
今年は少しアレンジを加えて作るよう母に要望を出しました!

 

私は食べる専門です笑
来年は自分で作ろうと思います!

 

いつもは味のアクセントに根生姜を加えるのですが、

今回は胡瓜の漬物と、つぼ漬を加えて作って貰いました。
茎の食感と漬物との相性が抜群で箸がとまらなくなってしまいました。

 

 

やや濃いめの味付けだったので、食べ過ぎ注意です。
後から喉がかわいて水ばかり飲んでいました(^_^;)

 

 

ーーーお客様からのお葉書ーーー

いつも家族みんなで美味しくいただいています。

4歳の息子はお魚が大好きで、届くとすぐに中を確認し、

「明日はこれがいい!」と喜んでいます。

特にさばの味噌煮がお気に入りのようです。

(長野県 H・M様)

 

 

こちらのお葉書には、息子様直筆で「いつもおさかなありがとう」

と書いてありました。

 

とても嬉しく、温かい気持ちになりました。

息子様が箱の中を覗く様子が目に浮かんでくるようです(^^♪

 

これからもどんどんお魚好きになっていただけるようなお魚料理をお届けして参ります!!

 

 

 

 

 

|-|-|by onosyokuhin

休日に事件発生

営業の むらかみ です。

 

日曜日は、久しぶりに家族で盛岡へ行ってきました。

天気が良かった事もありますが、制限解除というのもあり、

なんとなく、久しぶりに 気持ちの良い休日でした。

 

今回の最大の目的は、"麺棒” の購入でした。釜石付近の

ホームセンター等では見かけない大きいサイズのものです。

 

 

 

全長 約1メートルほどの大きさです。ネットでも買えなくないと

思いますが、現物が見たいのと、送料が心配で、盛岡にある専門店に

行ってきました。

 

道中の高速道路、何となく交通量が多い気がしました。また、盛岡の

大型ショッピングセンターの近くを通ると、駐車場入り口で渋滞が

発生している状態でした。(むらかみ家は入っていません)

 

なるべく、混んでいる店を避けながら、久しぶりの遠出とショッピングを

楽しみ帰宅。すると 事件 が起きていました。

 

 

 

勝手口の外側に常備している、水はけの良いサンダル。主にゴミ出しや

物置のモノを取りに行く時に使用しているのですが、左足の片方だけが

無くなっていました。家の周りを捜索しても発見できませんでした。

 

犯人は、人間ではないような気がするので、ネコなのか、カラスなのか・・・

 

子供のころ、アニメ等で、犬が人の家の玄関から、靴とかサンダルを

くわえて、自分の住み家に持って帰るようなシーンがあったようなのを

思い出しました。

 

 

夕食は、その新”麺棒”を使用して、自家製の手打ちうどん。

なかなか良い仕上がりでした。(写真撮り忘れて完食)

 

 

 

 

|-|-|by onosyokuhin

うちご飯(その2)

 

 

 

 

店主の小野です。相変わらず休日はステイホームが続いているので、週末はスーパーをのぞいて気に入った食材を買い求め、飲みたいお酒に合わせて料理づくりを楽しんでいます。

 

この日は、珍しく、鮮度がよく肉厚の美味しそうな「天然鯛」が手に入ったので、メインは自己流「アクアパッツァ」でした(^-^;

 

最初作った頃は、料理本にあるように、内臓を除去したドレスという丸のままで調理したのですが、食べる際に小骨が面倒で食べにくいとクレームが入り、このスタイルに変更しました。

 身はお刺身にできるよう丁寧に小骨も除去して切り身に。頭部もウロコを丁寧に除去して2つに開き全体に軽く塩をまぶしたら魚の準備は完了!ここまできたら料理の80%は終了です。

 

 後は、ニンニク、オリーブオイルでソティーし、アサリ、アンチョビー、ケッパー、オリーブ、ミニトマト(本当はセミドライに

仕上げたかったのですが雨のため生トマト使用)を加えます。そしてコップ1.5杯の水を加えて10分ほど加熱をすれば出来上がり!

 

 冷えた白ワインとメゾンカイザーのバケットをトースターで温め、週末の料理は完成!やはり飲み過ぎました(^-^;

|-|-|by onosyokuhin

メガネとベーグル

こんにちは、コールセンターの佐々木李美です。

 

今週は、じめじめとした雨模様の肌寒い日が続きました。

 

じめじめした天気は、普段メガネをかけている私にとって辛いものです。

 

マスクを付けると、湿気でメガネのレンズが曇り、視界不良を起こすのです。

 

いろいろ対策をしてみたのですが、自分に合う方法がなかなか見つからず…

日々、メガネを曇らせる生活を送っておりました。

 

縋る思いでいつもお世話になっているメガネのアネタイさん(釜石の眼鏡屋さん)に相談してみると、

それならいいのがあるよ!とメガネ用の曇り止めを出してくれました。

 

試してみると曇っても短時間で元に戻るので、いつもより快適に過ごすことができました。

 

些細なことではありますが、ずっとモヤモヤしていたことが解決して嬉しい出来事でした。

 

嬉しいといえば、地元紫波町のベーグルをお取り寄せしたので、毎日どれを食べようか考えるのが楽しみです。

 

 

今日はベリー&ベリー味をいただきました。
美味しいものを食べると、元気をもらえますよね!

 

どんよりとした天気だとついつい気分も暗くなりがちになりますが、

小さな嬉しい出来事を見つけていけたらなと思います。

 

 

お客様の声

三陸おのやの魚を当てに水割りを2杯楽しむ。

サケの2切れを食して、残った皮目をトースターであぶり、

ほぼ全ての食材を余すことなくいただく…。

ありがとうございます。

(埼玉県 H・I様お葉書)

 

皮目まできれいにお召し上がりいただき嬉しく思います。

トースターで焼くとパリッとして美味しいですよね!

今後も、晩酌のお供にご利用いただけましたら幸いです。

 

|-|-|by onosyokuhin

サバミソ

営業の むらかみ です。

 

先日、突然 三陸産熟成さば味噌煮 の注文が増えた日が

ありました。もしかしたら、思い当たる方もいらっしゃる

かと思いますが、週末昼間の某人気番組で、紹介されていました。

 

 (画像は当社のイメージ画像です)

 

 

実際に放送されたエリアは、限定的で、岩手県も放送されなかった

のですが、関東の取引先様から「見ました〜」なんて感想をいただいたり

しました。

 

当オンラインショップでは、単品売上No.1の商品です。

 

三陸おのやでは、三陸産サバ味噌煮 と 三陸産熟成さば味噌煮と、

サバ味噌煮 略して 「サバミソ」 を2種類品ぞろえしています。

 

細かく説明すると、仕込み段階から違いはあるのですが、最大の違いは、

「味噌」にあります。どちらも、白味噌と赤味噌を合わせているのですが、

熟成がつかない方のサバミソは、信州みその白・赤の合わせです。

それに対して、熟成がつく方のサバミソは、信州の白と仙台の赤を

合わせています。(徐々に省略が進行していますが、ご理解ください)

 

お客様によって、好みが分かれるようですが、三陸おのや初期の頃から

2品とも多少改良しながらも、人気商品として続いています。

食べ比べのようなセット 三陸産サバ味噌煮セット もありますので、

興味がありましたら是非・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|-|-|by onosyokuhin

休日の楽しみ

 

 

 

店主の小野です。今年の連休の合い言葉はステイホーム。

 いつもなら東京に住んでいる孫や娘が帰ってきて賑やかな一週間なのですが、ゴルフに行くのもためらうご時世なので・・・・・、今年は自宅でのんびり過ごしていました。

 

そんな日々の楽しみは料理に関してのあれこれ。まずは、1週間かけて、塩・砂糖・スパイスで熟成させほどよく乾燥させたベーコンの燻煙作業。少々気温が高かったので、50℃をキープしながら4.5時間かけて完成でした!

 燻煙作業の傍ら、台所では3日前から手がけていた山形牛のすね肉のシチューの煮込み作業。いつものように、4時間かけてようやく良いあんばいの柔らかさに。

 

 別の日は、仙台の居酒屋のご主人に習った「カツオの塩タタキ」づくりでした。ミョウガ、タマネギ、青しその薬味を用意し、両面に塩をまぶしたカツオの柵を直火で炙るだけですが、ポイントはタイミング! ビールを用意してから炙り作業を始め、約1分程度炙って適度な焼目がついたところで火から下ろして切り分けたら、早速ほおばり、ビールをグッとやるのが最高です。冷水に入れるなどもっての他と個人的に思います・・・カツオのレアステーキの良い香りが飛んでしまいますから(^-^;

 

 バジルは、正直言いますと、昨年の写真です(^-^;    残念ながらこの連休にはまだ入荷せずでした。 でもまもなくホームセンターや産直店に、沢山並ぶことでしょう。2ヶ月ほど待てば香り豊かなバジルの葉をたっぷり使っての「バジルソース」作り。これも松の実とニンニク、オリーブオイルだけで、一年間楽しめる最高のソースが完成するのです。

 

 仕事の事やコロナの事を考えると、夜も眠れなくなる日々の中、私の最高のリフレッシュタイムでした。

 

|-|-|by onosyokuhin


ご注文・お問い合わせはこちら

受付時間 9:00〜17:00 月〜金(祝祭日を除く)
24時間受付

注文用紙のダウンロードはこちら