三陸おのやブログ

     三陸釜石から、「美味しいお魚料理」に
               取り組む、奮闘記です
  

函館の朝市

 

店主の小野です。先日、地元銀行主催の研修旅行で函館に行ってきました。ここは「函館朝市」、昔から新鮮な魚介類が豊富で美味しい函館の中で、朝から「魚の食事を気軽に楽しめるエリア」のイメージなのですが、何だか少々感じが違ってきているように感じました。

 

もう11月半ばで、秋の観光シーズンも終了間際になっていることが大きいとは思います。我々を含め(^-^; それなりに多くの旅行客とおぼしき人達が通りを歩いている割には、あちこちに点在する食事処の多くは閑散としていました.............。

 

時々見かけるのは、少数の海外からのカップルでしょうか。

 

私も魚の仕事をしているので、今年の大不漁による魚価の上昇は理解できます。 でも、お魚丼やカニ、貝類などはビックリするようなお値段だなと思った次第です。

 

これは、築地の場外の商店街の一部でも感じた事ですが、最近インバウンド向けの商品設計と価格帯にはついていけないという事が多くなりました。同じようなことは、私の住む岩手のリゾートホテルのステーキレストランでもありました。最近インバウンド招致に力を入れているこのホテルのメインダイニング ステーキハウスでの、「地元前沢牛」はいいとしても、「松阪牛」の超高級ステーキにはビックリでした。

 

世界で長く観光客を集め続けているエリアに共通するのは、地元のリピーターに愛されている事がベースにあると考えます。それに興味をもった人達が世界から集まるのが、今のトレンドだと思う次第です。正直、何だか少々勘違い??と思うのは私だけでしょうか。

|-|-|by onosyokuhin

どんこ汁

コールセンターの佐々木由香です。
今年も残すところ1ヶ月半となりました。
早いものですね〜


日をおうごとに朝晩の寒さが厳しくなってきたので、
朝、布団から出るのも辛くなってきました。
風邪に気を付けたい時期です。
風邪対策には加湿という事で、私の机では卓上加湿器が大活躍中です。

 

寒くなってくると食べたくなるのが鍋や、あったか〜い汁物ですよね。
先日は、すき焼き風鍋をしたのですが、野菜を準備し過ぎた為、3日連続で鍋でした。
鍋のしめは、ご飯を煮込んで卵を入れておじやです!

 

そして、昨日の晩御飯は山田産のどんこを使ったどんこ汁でした。
この時期になるとスーパーマーケットの魚売り場も地元産の魚で賑わいます。
大根と人参、豆腐も入っていました。
ふつうのお椀だと小さいので、少し小さめのラーメンどんぶりによそって食べました(^_^)

 

 

汁の中で魚を食べるのが苦手な私は、いつも違う皿に魚だけ移して食べてしまいます。
骨が多くて食べにくかったですが、魚の風味と肝のまろやかな味がとても美味でした!
さすがに、どんぶりだったので少し多かったのですが全てたいらげました。

 

私ども三陸おのやでも、この寒くなってきた時期オススメのメニューをご用意しております!
スープのごちそう3種類のつみれ汁を、だしと具材にこだわり仕上げました。

簡単に湯せんでお召し上がり頂けますのでぜひお試し下さい!

 

 

〜〜〜お客様からのお便り〜〜〜

10月のサバのカレー煮がすごく美味しかったです。

他の魚でもカレー煮を作って欲しいです。

洋風・中華風をもっと増やして欲しいです。(山口県 M・A様)

 

 

お気に召していただけた様で私共も嬉しいです!

ご飯にもパンにも合うオススメのメニューです。

 

リクエストありがとうございます。

今後のメニューにご期待下さい(^^)/

 

 

 

 

 

|-|-|by onosyokuhin

獲れたての魚

営業の むらかみ です。

 

最近、朝の日課は、車の霜取りです。昨日は、フロントガラスが

すっかり凍った状態でした。

 

久しぶりに、釣りに行って来ましたの報告です。

実は、つい先日(11/3)小野食品 釣り部のコンペがありました。

外部のお客様も加わり 総勢13名 カレイ釣り大会を開催しました。

 

残念ながら特筆する話題もなく、優勝や大物賞は外部の方に持っていかれ

てしまいました。晩ごはんのおかず位は釣れたのですが・・・

 

実は、今週も釣りに行って来ました。

 

 

 

これで全部じゃないですよ。比較的大型の刺身用です。

ちなみに、“アイナメ”と“ソイと”という魚です。

 

これを刺身にすると

 

 

素人盛り付けですが、氷締めした新鮮な白身魚は、歯ごたえもあり最高です。

比較的、小さい物は 塩焼 と 煮付 にしましたが、やはり臭みもなく、

家族4人で完食でした。(写真撮り忘れ)

 

 

三陸おのや商品でも、水揚げ当日調理限定のメニューがあります。夏にこの

地域で獲れるイカを使用した 三陸産イカ姿煮 ですが、今期はすでに

販売終了(在庫なし)となっています。また、来年ご期待くださいといった

ところですが、こうしたメニューを増やせればと考えています。

 

 

 

|-|-|by onosyokuhin

ISO 22000 更新審査終了

 

店主の小野です。今日で、ようやく3日間に及んだ「ISO22000」という品質管理の国際規格更新審査が終了しました。これは、主に食品会社などで、品質管理を軸に、原料調達から各加工工程、製品出荷、販売に到る会社全体のマネージメントがキチンと機能しているかを審査するもので、大きな問題が発見されると審査が打ち切りになることもある厳しい規格審査です。

 

 両工場ともベテランの工場管理者達に加えて、品質管理や商品開発部門の若手担当者達も加わっての長時間におよぶミーティングでしたが、各部の若手メンバー達は、経験豊富な審査員の説明にうなずきながらペンを走らせていました。

 

震災前の数名のみで対応していた頃とは違ってきた現在の体制を、頼もしく感じた次第です。

 

ただ、このような活動で思うのは、地方で干物などを家族経営で取り組んでいる小企業群が、経営を維持していくのは益々困難になっていくだろうということです。

 確かに衛生管理の基本や製造工程へのリスク管理は、どんなに小規模であってもマストな点はあるでしょうが、外部機関のサポートを受けることで、品質管理実務の少数スタッフで対応できる仕組み作りも必要ではないか考えます。

 

 業種業態は全く違いますが、数年前に訪れたイタリアの生ハム業界やチーズ業界は、製造工程、品質管理基準を明確にする中で、ほとんどの各製造会社は10〜15名ほどの家族経営で、定期的な品質チェックは専門チームが行っていく仕組みでした。

参考にできないだろうかと思う次第です。

 

|-|-|by onosyokuhin

伝統工芸品

こんにちは、コールセンターの佐々木李美です。

 

11月に入り、寒さが増してきましたね。

今年は念願だったこたつを購入したので、離れられない日々を過ごしております。

 

さて、先週『KOUGEI EXPO IN IWATE』に行ってきました。

 

 

岩手県を始めとした、全国各地の工芸品が展示されているイベントです。

 

伝統工芸品というと、私とは縁遠いイメージ。
果たして、楽しめるのかな?そんな気持ちでいましたが…

 

職人さんの感性の豊かさと、技術力の高さに感動!
一つ一つ丁寧に、こだわりを持って作り上げた作品はどれも素晴らしかったです。

 

職人さんとお話しさせていただく機会もあり、見るだけでなく触れていい作品もありました。
実際に触れてお話を聞くことで、より作品の繊細さや細やかな手仕事で出来ているんだなと感じることができました。

 

せっかくなので、体験も…
木目込みのキーホルダー作りを体験しました。

 

 

優しく教えていただけたことで、時間はかかりましたが私でも作ることができました。

自分で作ると、少し不恰好でも愛着が湧いて来ます。

 

最初は、縁遠いと思っていた伝統工芸品でしたが、見て、触れて、体験して…

もっと身近に感じていいんだなとしみじみ感じました。

 

お客様の声

ブリ照焼もイワシ生姜煮も子供がペロリと平らげていたのでとても嬉しかったです。

私はあまり料理が得意でないので、こちらを利用することで励みにもなり、他の料理も頑張れそうです。

(愛知県 Y・M様お葉書)

 

温かいお言葉をいただきありがとうございます。

お役に立つことができ大変嬉しく思います。

これからも大変な時に支えられるような商品をお届けできましたら幸いです。

 

|-|-|by onosyokuhin

巻き返し?

営業の むらかみ です。

 

先週末は、三陸の魚の仕入れ先を訪問してきました。

 

気仙沼では、シーズン当初 カツオが不漁というニュースが流れていました。

そのため、店頭で売られている価格も高く、むらかみ家でも1本買いが

出来ていませんでした。

 

ところが、後半猛スピードで巻き返し、結果昨年並みの水揚げで、シーズンを

終えたようでした。ちょっとホットした話でした。

 

 

様々な、魚が不振な中、その代表と言って良いのが サンマ です。

国内全体での水揚げ量ですが、10月末現在で、昨年対比 約2割・・・

 

実は、サンマ漁も巻き返しが始まったようで、最近ようやくまとまった

水揚げになってきました。船で漁をしている場所が、遠方のロシア寄り

のところで、例年 9月初めころに獲れるあたりだそうです。

 

ちょうど、市場を訪問した時にサンマの水揚げがありました。

 

 

若干シケ模様で、大漁という程ではありませんが、それでも 数十トンレベル

での揚がっていました。サイズは、それ程良型とは言えませんが、この時期に

しては脂のりも良好。本格的な巻き返しを期待したいところですが・・・

 

産地で、サンマのプロに伺ったのですが、さすがに、例年レベルまでの

巻き返しは無いとの事。スタートが遅れたとはいえ、その分後ろにズレる

という訳ではないようです。12月になれば、海も荒れ模様となるため、

11月末頃までの1か月が勝負だそうです。

 

せっかくなので、市場で違う魚も見学。

 

 

 

ブリの幼魚のイナダがたくさんある中で、サワラやサバや鯛などが混じっていました。

サバは、それ程 量は多くなかったのですが、見た目推定 1〜1.5キロの

モノもありました。とっても高価だそうです。

 

|-|-|by onosyokuhin

魚種交代?

 

店主の小野です。昨日から11月、朝晩は寒く感じる日も増え秋もすっかり深まってきました。

 

秋漁の方は、サンマが少し水揚げが出てきたようですが、ほぼ終盤にきているのでどれだけ巻き返せるかです。また、スルメイカは低空飛行のままですし、そろそろ水揚げが増えてもいい秋サケも残念ながらバッとしない状況です。

 

正直、ため息がでます・・・。我々としては、手配できる原料魚を組み合わせて、美味しい料理に仕上げることに集中するのみですが。

 

 昨日は、来春入社予定者達と2回目の懇談会を行い、行きつけの割烹料理店で会食でした。 この晩の焼魚は、なんと「太刀魚の一夜干し」。太刀魚は、関西から九州にかけて広く水揚げされる魚です。しかし、最近は三陸でも時折水揚げされるようになってきました。 まだ水揚げ漁が少ないですが、ひょっとしたらそのうちに三陸を代表する魚種になるかも知れないです(^-^;

 

 実際、20−30年前にはほとんど水揚げがなかった「ブリ」は、三陸でも北海道でも安定した水揚げとなっていますから。

|-|-|by onosyokuhin


ご注文・お問い合わせはこちら

受付時間 9:00〜17:00 月〜金(祝祭日を除く)
24時間受付

注文用紙のダウンロードはこちら