三陸おのやブログ

     三陸釜石から、「美味しいお魚料理」に
               取り組む、奮闘記です
  

夏ギフトスタート

営業の むらかみ です。

 

先週末、あいにくの天候となり、土曜日のウチの子供達の体育祭が延期に

なりました。前日から、県内の他の地域では洪水警報で出る位の本降り。

早々と、雨天延期の判断が出されました。

 

しかし、その翌日の日曜日は見事に天候が回復し、体育祭 開催されました。

 

 

 

天気は良かったのですが、気温はそれほど高くなく、風が吹いて寒いという

人もいました。そんな中で子供たちは元気いっぱい動き回っていました。

 

ココでも何度か触れていますが、ウチの子供達の通う学校は、大槌学園と

言って、小中一貫校です。そのため、1年生から9年生まで、同じ校舎の中で

過ごしています。昨年までは、運動会は小学生(1~6年)と中学生(7~9年)

それぞれ別に開催していましたが、今年は統一で体育際として開催。

 

むらかみ家的には2回のところ1回で済むので、大人の事情面では良かったです。

 

中でも、大活躍だったのが、マイ・テントです。涼しいとはいえ、日差しの

強い中で、バーベキューの炭の臭いが時々香ること以外は、ほぼストレスなく観戦

する事ができましたし、息子が一番に楽しみにしていた お弁当タイムも

バッチリでした。

 

 

 

少し早いかと思うかもしれませんが、夏ギフトのご案内スタートしました。

いろいろなセット商品に加えて、単品での新メニューも登場しています。

今日は、詳しく触れませんが、オンラインショップ内 探してみてください。

 

 

|-|-|by onosyokuhin

大学時代の先輩の来訪

 

 

店主の小野です。

 

数日前、突然携帯電話に連絡があり、出てみると何と大学時代のクラブの先輩! 

 

海外関係の仕事で釜石にお出でになり、仕事が終了したので電話をくれたとのこと。この夜予定がなければ、もちろんお酒を酌み交わしたかったのですが、残念なことに翌日から2日間、盛岡の病院で一年に一度の人間ドック・・・・・。

 

やむなく、わずかの時間ではありましたが、こちらの近況の報告をさせて頂き、先輩の近況についてもお話を伺った次第です。

 

 

我々が、同じ時間を過ごしたのは今から40年以上も前のこと。旧海軍を思わせるような上下の規律の厳しい運動部で、2年上のこの先輩には、まともに口をきけず、直立不動で挨拶した事と、焼酎の一気飲み?しかまともな記憶がありません・・・(^-^;

 

 

それでも、不思議なことですが40年余の月日を重ねてお会いすると、運動部で一緒に汗を流し、お酒を楽しんだ懐かしい仲間としての感覚でした。それぞれ社会人としての過ごした年月をタイムスリップして、時間が過ぎるのを忘れました。

 

近い将来、他の仲間の人達と一緒にお酒を酌み交わすことを約束して帰路につきました。

 

 

 

 

|-|-|by onosyokuhin

浄土ヶ浜

コールセンターの鈴木です。

 

釜石は昨日28度、今日は25度の気温予想でした。

予報通りか否かはさておき、真夏並みに暑いのは間違いないです…

 

このままカラッとした夏が来ればいいのですが、

梅雨を乗り越えなければいけないのがちょっと憂鬱です。

 

 

こう天気がいいと、身体が自然と「自然」を求めませんか?

 

2年振り位に、宮古市にある浄土ヶ浜へ行ってきました。

 

 

残念ながらこの日はあいにく雲に覆われた日だったので、美しさを伝えきれないのが残念です。

 

ベタネタになりますが、昔のお坊さん?が「極楽浄土のようだ」と言った事が地名の由来であるとされています。

 

 

私は極楽と呼ばれる場所に行った事が無いので何とも言えませんが、

真っ白な空間に青い海は、確かに極楽とされる空間?によく似ていますね。

 

公園内には様々な施設があり、アヒルさんボートや手漕ぎボート、サッパ船で洞窟探検等の他に、

海鮮料理をいただく事が出来る海の家や、もちろん海水浴、釣りも可能です。

 

小さなお子さんがいらっしゃるご家族は非常に楽しめると思います!

 

 

>>お客様の声<<

夏場はネバネバ食品を良く食べます。オクラ、納豆、トロロに合う魚料理を希望します。高齢になると食欲が落ち気味。スタミナつけて夏を乗り切りたいです。

−大阪府 S・T様−

 

冷たいままで、さっぱりといただけるメニューもご用意しておりますが、

ネバネバ食材との組合せも面白そうですね。そろそろ本格的な夏となりますが、

秋頃「おのやの魚で夏を乗り切れたよー」と、嬉しいお声をいただけることを楽しみに一同頑張ります!!

 

 

 

|-|-|by onosyokuhin

美味しい山菜の天ぷらを頂きました

 

はじめまして!

この春から小野食品で働いております、

営業の生田と申します。

 

食品業界でお仕事をすることも、

東北に住むことも初めてです。

趣味は食べることと旅行です。

 

現在は釜石・大槌にて、魚のこと、

加工方法、商品開発、生産管理など、

さまざま勉強中です。

 

釜石・大槌での生活を

ブログに書いていこうと思っています。

ここには美味しいものが沢山ありそうなので、沢山ご紹介できればなあと思います。

 

4月下旬のある日、知り合いから山菜の

「しどけ」と「こしあぶら」を頂いたので、

「山菜の天ぷら」を作って食べました!

 

実は大変失礼ですが、山菜を頂く前は

「苦い葉っぱでしょ?」と思っていました。

しかし、実際には山菜には様々種類があり

見た目もうまみも、全然違います。

 

ちなみに、今回頂いた「こしあぶら」は

ウコギ科の山菜で、上品な香りと

コクのある風味が特徴です。

 

キク科の「しどけ」は 香りとほろ苦み、

シャキッとした歯触りが楽しめます。

 

お皿に盛るとこんな感じで豪華です。

せっかくなので、若いよもぎも

一緒に摘んできました。

片栗粉と小麦粉を合わせた粉を振りかけて、

その後、粉を水にといたものにさっとくぐらせて、すばやく揚げました。

初めて「てんぷら」なるものを作ったので、

あまり上手ではないのですが、

山菜や野菜そのものが、新鮮で味が濃く、

すごく美味しく食べることが出来ました。

 

茎や葉っぱ、それぞれが食感が違います。

青々とした緑は見ているだけでも美しい!

山菜は初めて食べましたが、

改めて「旬のものを食べるって良いなあ」

としみじみ思いました。

 

季節を感じながら、自然が近くにある、

生活が出来ることは良いことだと思います。

 

実は料理はあまり得意ではありませんが、

自然に囲まれた、美味しいものが沢山ある

場所に住んでいるので、これからも、

美味しいものさがしに励んでいきたいです。

 

【注意】

山菜摘みは楽しいですが、

熊や動物たちも山菜を食べに来るそうです。

安全にはくれぐれも気をつけて、

また森を知っている方と一緒に行くように

とのことでした。

 

|-|-|by onosyokuhin

頒布会のお勉強

営業の むらかみ です。

 

最近の事ですが、たまたま見た 広告に「頒布会」という文字を発見。

なんとなく他人事でない感じがして、良く見てみると、とある食品でしたが、

契約期間の間、毎月届くという物でした。同じものが毎月・・・

 

心の中で “何か違う〜”と、軽く騒ぎ、ネットで検索してみました。

 

●頒布会と定期購入の違い

 

 頒布会は、販売者が、毎月などの一定期間ごとに、毎回異なるおすすめの商品を

 送付する場合が多いです。


 定期購入は、購入者が、指定期間(一カ月単位や3ヶ月毎など)で、同じ商品を

 システム側で自動注文するケースが多いです。

 定期購入の商品は、主に水や食品、健康食品などの食料品や、化粧品、主に

 基礎化粧品とよばれる商品や、介護用紙オムツなどの消耗品の販売と相性が良い仕組みです。

 

 上記は ネット検索したページからの抜粋です。

 私の理解では

  定期購入 ⇒ 毎回同じものが届く

  頒布会  ⇒ 毎回異なるものが届く

 概ね 一般的な理解は間違えていないようですが、下記のような定義もあるようです。

 

 会費を支払っている会員に向けて、商品や刊行物などを定期的に配る会。

 

 

と、言う事で、あの広告は間違いという訳ではなかったようです。

声を出して騒がなくて良かったです。

 

 

改めて当社の「海のごちそう頒布会」 を紹介します。

 

頒布会 → 読み方は 「ハンプカイ」です。
毎月1回メニューの内容を変えた魚惣菜の詰め合わせをお届けしています。

 コースは 2種類
・8食セット (4メニュー×各2食)
・16食セット (8メニュー×各2食)

 

契約期間等の設定はありませんので、期日までにお申し出いただければ、

中止変更等の対応が可能ですので、お試し気分でも大丈夫です。

頒布会会員様限定のお買い得品のご案内なんかもあります。

 

ちなみに 今月のお届けメニューはコチラになります。

毎月 次回お届け分を更新していますので、どんなメニューがあるか

時々チェックしてみてください。

 

オンラインショップで選んで購入できない商品も入っています。

 

 

 

 

|-|-|by onosyokuhin

試作品の試食会

 

 

店主の小野です。

5月の連休は、こちら岩手では思いの外寒い日々が続きました。でもこの週末になって、ようやくこの季節らしい日差しと温かさが戻ってきたようです。

 明日からの連休を前に工場では生産に追われていますが、開発部でも試作に追われています。

 

来週には、半年後の商品化予定の冬メニューに向けた試作品の試食会が予定されており、それに向けての取り組みなのです。当日は、こちらの本社工場メンバーの試作に加え、大槌工場の開発部からの試作品を含め多数出品されるとのことで、とても楽しみです。

 

 

とは言っても、数ヶ月に一度のペースで行うこの取り組みの中から生まれる「商品」はほんの数品程度です。商品化の可能性ありとされた試作品は、そこから何度も何度も改良を繰り返し、商品化には数ヶ月かかることも。

 

 

最終的にOKが出たレシピに基づいて、工場生産されようやくお客様の元に旅立っていくのです。通販向けの商品の場合、時にお客様から嬉しいお褒めの言葉も!  開発スタッフ、製造メンバーにとっても最高の瞬間です。もちろん、私にとっても。

 

今年も、そんな時間が沢山訪れることを祈っています。

|-|-|by onosyokuhin

クジラ

こんにちは!!

コールセンターの浦辺です。

 

 

つい先日まで目にしていた桜の風景もすっかりなくなり新緑の季節になりました。

先日のゴールデンウィークもあっという間の時間でした。

 

 

そんな私のゴールデンウィークは、

遠出はせず近場でのんびりと過ごしました。

その中で私の地元山田にある「鯨と海の科学館」という場所へ行ってきました!

 

 

大型のクジラを対象とした捕鯨が始まったのは、

釜石にあった柳原水産社が第二次世界大戦後に山田町の大沢地区に移転し

昭和23年に商号を日東捕鯨株式会社と改称、大型捕鯨の許可を得た24年から

マッコウコジラとイワシクジラの捕鯨を開始したそうです。

そして昭和63年商業捕鯨の禁止にともない昭和62年の捕鯨を最後に山田町の捕鯨は幕を閉じました。

 

 

 

実は、あまり期待をせずに行ったのですが、3Dの映像や骨格標本の迫力

季節の魚や海藻なども分かりやすく展示されていてとても楽しめました。

皆さんも機会があれば、お立ち寄りいただければと思います。

 

 

 

 

お客様の声くじら

おのやのお魚いろいろな種類が送られてきました。

どのお魚もおいしくいただいております。次はどんな魚どんな味付けかなと

まだ1回目ですが今からわくわくして待っております。

(熊本県 R・M様)

 

 

楽しみにお待ちいただいているようで嬉しい限りです。

荷物を待っている時間や開ける時のわくわく感、

私も通販を利用するのでお気持ちがよく分かります。

今後もご期待に添える商品のお届けが出来るよう努めて参ります。

 

 

 

 

 

|-|-|by onosyokuhin


ご注文・お問い合わせはこちら

受付時間 9:00〜17:00 月〜金(祝祭日を除く)
24時間受付

注文用紙のダウンロードはこちら