三陸おのやブログ

     三陸釜石から、「美味しいお魚料理」に
               取り組む、奮闘記です
  

特殊な原料事情

営業の むらかみ です。

 

週末にテレビから聞こえてきた「冬タイヤの準備・・・」。

これは、秋の季語?それとも冬? どうでも良い事を考えながら、

今年は、冬タイヤを買い替えなければならないという現実に

ちょっとした懐の痛みを感ざるを得ません。

 

話は変わりますが、おかげさまで、当ショップ 好調です。

とくに、新商品は、ご注文が集中し、一時期 発送遅延という

状況になっていました。こちらの商品は、今年の特殊な原料事情

により、”超”をつけて良いお買い得商品になっています。数に

限りがありますので、是非この機会にどうぞ。

 

もう一つ好調なのが、スープのごちそうシリーズのつみれ汁3種類

略して”つみれ3兄弟”。発売して3シーズン目に入ります。

 

 

 

「魚屋さんのつみれ」がモットーのこの3兄弟、野菜もたっぷり入って

いて、つみれもボリューム感があり、もはや おかず と言っても

良いと思います。

 

サケ、イワシ、そして サンマ様。やさしい味のダシ汁で仕上げています。

※特殊な原料事情で大出世しそうな魚に敬称をつけてみました。

 

現在 専門スタッフが一生懸命 増産中です。

 

先週末には、地元テレビの三陸おのやコーナーでも紹介しました。

最後に、その番組で、つみれを箸で持ち上げるクライマックスシーンを

撮っているところを撮った画像を紹介します。

 

|-|-|by onosyokuhin

恒例の年末商材スタート

営業の むらかみ です。

 

ようやく涼しくなって、寝やすくなって来たと思ったら、早朝から

スマホの警報音が鳴りました。大雨による災害警報なのですが、

むらかみ家で警報が鳴ったのは、会社用の別キャリア含む5台のうち、

妻の1台のみでした。大事にはならなそうな感じですが、ちょっと

不安ですね。

 

ちなみに、大槌では、学校(小中高) 休校になりました。

 

 

9月も半ばという事ですが、小野食品では年末モードに入って来ています。

毎年恒例になっている、おせち向け業務用商品の生産がスタートしています。

 

 

 

 

 

今年のおせち商品の販売見込みは、業界の中でも予想が二分しています。

 .灰蹈焚劼任料磴瓦發蠏兮魁ΑΑ需要UP?

 ▲灰蹈覆僚息が見えず、正月を祝うムードにならない?・・・需要減?

 

どっちに転ぶのか?あるいは、全く別の状況になるのか?分かりませんが、

今、出来るのは、間違いない品質の商品を生産していきながら、情勢を

しっかり見ていくしかありません。

 

正月が祝えない・・・と言った状況にならない事を願うばかりです。

 

 

 

 

|-|-|by onosyokuhin

お魚の調達

営業の むらかみ です。

 

いつもの年であれば、秋の展示会ラッシュがスタートして

毎週のように出張していたのですが、今年は・・・

 

でも、当社は出展しませんが、結構大規模に開催する

イベントもあるようです。当社にも出展のお誘いが

あったりしますが、難しいかなという感じです。

 

やはり営業活動ができていないのもあり、売り込みたい

商品がお客様へ案内できていません。一方で、魚の仕入れの

方も、重要に時期に入ってきました。

 

今年はとくに、今年は、三陸・北海道を中心とした国産の魚の

水揚げが、大変な事になっています。

 

※画像は、ある日の釜石の水揚げ風景です。

 

 

今朝もサンマのニュースを見ましたが、8月は水揚げ最低記録を

大幅に更新したり、秋鮭も解禁になったと思ったら違う魚で、

盛り上がったりしているみたいです。

 

また、海外の魚は基本的に商社さんにお任せなのですが、今の

状況では海外出張なんかできるハズもなく、検品や工場確認が

出来ていない状況のようです。

 

味わった事がない位のすごい環境になったようです。これまで以上に

仕入先様との取り組みを強化していかなければという事なんですが、

各地 飛び回る事もままならない 非常に歯がゆい状況です。

 

一応、リモート環境で打ち合わせをしたり、海外の工場も含め、

製造しているとことろを点検させてもらったり、今出来る事で、

最善をつくすしかないなという事で動いています。

 

これからも、皆様のご期待にお応えできるお魚を調達できるよう、

頑張っていこうと思います。

 

 

|-|-|by onosyokuhin

「つり」の話

営業の むらかみ です。

 

ここ釜石でも、暑くて寝苦しい夜が続いていましたが、

ようやく涼しく快適に寝られるようになりました。ちなみに

私以外の家族は、毛布をかぶっていました・・・

 

週末に、暑いのでエアコンをかけて寝たのですが、久しぶりに

「こむら返り」刑に合ってしまいました。ようするに、

寝ている間に 足がつったという話しです。

 

疲労・水分不足・冷えが主な原因らしいのですが、どれもが該当

する状況。納得です。もともとつりやすい体質ではないのですが、

アップダウンの激しいゴルフ場で時々発症する事があるので、

専用の漢方薬を常備しています。

 

「つりはじめてからでも効く」というコピーの通り、飲んだら

すぐに落ち着きました。普通にドラッグストアなんかで売って

いますので、必要性を感じた方は探してみてください。

 

 

話しは変わりますが、三陸では漁業関係で、良い話がないという

状況が続いていますが、今年は、カツオも大変みたいです。

昨年もシーズン前半が不調でダメかといった状況の中で、終盤に

思いっきり盛り返して、その前年(一昨年)並みのところまで

行きました。今年もそうなればなんて思っていたのですが・・・

 

カツオは、サンマとは違い、海水温の高いところを好む魚なので、

これだけ暑いから良いのでは?思ってしまいますが、ここ数年

黒潮の流れが、日本から離れた方に曲がっているみたいで、

その影響で本来の漁場となるあたりの水温が思ったより低くなり

カツオが来遊しにくくなっているようです。

 

 

三陸おのやでは、「三陸産カツオ生姜煮」「三陸産カツオおかか煮

をご案内させて頂いておりますが、意外と評価の高いメニューです。

 

 

残念ながら、”意外と”という枕が必要になってしまうのですが、

一般的には、刺身・たたきや、店主推しの”ようするにレアステーキ

など、生で食べらる場面が多く、あまり煮魚・焼魚はメジャーでは

ありません。魚へんに 堅い と書いて 「鰹」と名の通り、加熱

すると堅くなってしまう特徴があります。

 

そこで、何で評価されているかというと、切身を小さくして味が

しみこみやすくしています。また、下処理や加熱の温度・時間を

工夫して比較的やわらかく仕上げています。いわゆる赤身っぽく、

脂のある感じではありませんが、逆に脂っこくなくておいしいと

言われています。まだの方は、ぜひお試しください。

 

そういえば、カツオの代表的な漁法は、「1本釣り」です。

船員さんたちが、次々とカツオを釣り上げ様子をイメージされる方も

多くいらっしゃると思います。

 

と、いう事で 「つり」の話でした。

 

 

 

 

 

|-|-|by onosyokuhin

いわしの話

営業の むらかみ です。

 

一般的に 豊漁と思われている いわしですが、実は今、大変

調達しにくくなっています。

 

数年前には、いわしは高級魚になったみたいな話が出ていましたが、

相対的には安価な方の魚で、庶民的な部類に入ると思います。

魚屋さんのベタベタネタですが、漢字で書くと鰯(魚へんに弱い)

となり、鮮度劣化しやすいのが特徴です。

 

その、いわしですが、統計の数字を見ると、ここ数年水揚げ量は

上昇傾向で、市場での価格は下がっています。豊漁?価格下げ?

「良いじゃん!」と言いたくなりますが、実は、揚がっている

魚のサイズが小型のものがほとんどで、我々 加工業者が調達

するようなモノが非常に少ない状況です。

 

小型のものは、ほとんがミールといった飼料用として流通します。

こうした小さい魚がたくさん獲れているのですから、平均単価を

出せば、当然下がってきます。逆に、加工用で使用したい型の良い

ものは、それなりの価格になってしまっています。

 

また、魚の大きさだけでなく、脂のりや鮮度なども重要な要素で、

過去の良かった産地や時期を特定したら良いということにはならず、

年によって良いものが揚がる場所や時期が変動します。そのため、

調達には 非常に神経を使います。

 

どうやって選んでいるかというと、サンプル確認しかありません。

少量のサンプルを調理して確認するという繰り返し、とくに

今年は確認作業が多く、開発・工場メンバーに負担がかかって

いますが、三陸おのや(小野食品)として、間違いのない商品を

お届けするには、必要な事なので、今後もしっかり確認をしながら

調達を進めていこうと考えています。

 

 

 

 

|-|-|by onosyokuhin

若手が活躍

営業の むらかみ です。

 

4連休を頂きましてリフレッシュしたところですが、

むらかみ個人的には”部活”の自主練三昧でした。

 

3週間前に不甲斐ない結果に終わった ヒラメ釣りもしっかりと

リベンジを果たしてきました。

 

 

 

 

50cmは超えていたので、そこそこの大きさなのですが、この日

船内では、90cmオーバーをはじめ大型が何枚か釣れていたので、

比較的小さい方となりました。それでも家族4人では食べきれない

ボリュームになります。

 

 

今日は、会社で撮影がありました。テレビ等で放映される事はない

ようなのですが、若手が活躍している県内企業という事で当社が

候補になったようです。

なので、主役は社長ではなくて若手社員です。

 

改めて考えてみると、水産加工の会社ですので、魚を切ったり

調理加工する仕事がメインではありますが、商品開発・品質管理・

仕入関係・営業(コールセンター含む)など社内には様々な役割を

もつメンバーがいて成り立っています。

 

今回の撮影について具体的な内容・映像等は掲載できませんが、

 田舎の若者 ⇒ 都会に出る

という流ればかりでなく、田舎にも若手が活躍できる場がある

という事のアピールも大事かなと思いました。

 

 

そういえば、先ほどの90cmオーバーのヒラメを釣ったメンバーも

地元出身の若手社員でした。

|-|-|by onosyokuhin

母の月

営業の むらかみ です。

 

5月の第2日曜日は、母の日という事ですが、調べてみると

1907年にアメリカで始まったようですが、日本ではすっかり定着。

それに合わせたギフトなんかも良く見かけます。

 

 

 

ちなみに、むらかみ家ではこんな感じでした。

 

今年は、こういう状況なので、密集を回避させる意味で、「日本花き振興協議会」が

5月いっぱいの「母の月」とするように呼び掛けているようです。

 

生花店や配送業者へ集中する事への配慮という事で今年に限っての事のようですが、

とても良い事だと思います。5月5日は、こどもの日とかぶってチャラになりますが、

そんな事どうでも良いですよね。

 

皆さん まだ間に合いますよ~ 母の日ギフト

 

おすすめは、

 旬のごちそう4種セット  3,200円

 旬のごちそう6種セット  5,200円

今の時期にぴったりのおすすめメニューの詰合せで セットメニューでは一番人気が

あります。

 

 

 

来月は、父の日があります。こちらも日本では定着しているとは思うのですが、

なんとなく母の日より軽く見られているように感じるのは、気のせいでしょうか?

 

 

 

 

 

|-|-|by onosyokuhin

Web直売会

営業の むらかみ です。

 

外出自粛で、静かな週末の予定だったのですが、この時期に

大雨・洪水・土砂災害警報発令。昨秋の台風で、近所の川の

土手が壊れて、まだ直している途中なのを思い出しましたが、

聞こえてくる範囲では特別な被害はありませんでした。

 

そして、週明けの早朝に 突然の震度4クラスの地震発生。

ウチでは、やや遅れ気味のスマホ警報音発生でしたが、普段

これくらいの事で起きない息子まで起きてきました。

 

大槌では、小中高とも通常通りの登校となっています。

大人以上にいろいろ不安を抱えていると思いますが、9年前の

震災を乗り越えてきた子たちなので、頑張ってくれるでしょう。

 

 

明日 4月22日(水) 6:00から Web直売会 開催です。

今回もお買い得品を多数準備しています。

 

┃1┃三陸おのや福袋
┃2┃お値打品詰合せ
┃3┃業務用アウトレット福袋

 

 

 

 

 

ちょっとバタバタしていますが。開催準備 大詰めです!

 

|-|-|by onosyokuhin

サケの取り組み

営業の むらかみ です。

 

週はじめに、県内の仕入れ先様に訪問して打ち合わせをしてきました。

岩手県内なのですが、車で約3時間。改めて岩手県は広いと実感します。

 

県内でも北の方になるのですが、釜石・大槌ではすっかり桜が咲いている

いるのに、そちらの方は、ようやく梅が咲いて・・・という感じでした。

たまたま風の強い日だったのですが、釜石は感じる寒さも違いました。

 

当社とは 20年以上前からお取組みをさせて頂いている仕入先様です。

大きな会社さんではありませんが、魚の品質に関しては、とても思い入れ

を持っていて、“三陸おのや”の品質を支えて頂いています。

 

メインの取り扱いは、三陸のサケになります。昨年は、歴史的な大不良で

大変な状況ですが、当社向けの良質のサケは、しっかりと確保して

いただきました。今後とも よい

 

 

話は変わりますが、先日全く別の仕入れ先の社長さんから連絡が入り、

内容は 3月の 海のごちそう頒布会 のサケの焼魚メニューが、

とても美味しかったとの事。そのメニューがこちらです。

 

 

サケ塩麹焼 です。

 

“サケ”といっても いろいろと種類があるのですが、当社が普通に”サケ”と

読んでいるのが 秋サケ(シロサケ)になります。養殖のサーモンとは

違い、脂がすごくのっているという訳ではありませんが、自然な旨味があり

ます。パンチはありませんが、その分 飽きの来ないメニューかと思います。

調味はシンプルに 塩麴 なので、魚そのものの品質が大きなポイントに

なります。

 

 

 

 

 

 

|-|-|by onosyokuhin

日本料理?

営業の むらかみ です。

 

今月の当ショップおすすめ商品 三陸産ホタテカレー煮 むらかみからも

改めておすすめします。この春の新商品ですが、じわじわ人気が出て

きています。

 

商品開発をスタートした当初は、個人的には「何だカレーか〜」

みたいな印象でしたが、香辛料などいろいろ工夫しているうちに

何だか美味しいものが出来ていました。

 

個人的には カレーは大好きで家でもつくったりするのですが、

シーフード系はなかなかうまくいきません。

 

カレーは、インドの料理だと思っていたのですが、日本の一般的なものは、

現地の方に言わせると、「違〜う!」ってなるそうです。いろいろ調べて

みると、インドがルーツなのですが、イギリスを経由して日本に伝わり、

日本で変化したものらしいです。寛大な心で、盛大な拡大解釈をすると、

日本のカレーは日本料理???

 

 

 

 

やや本格的なスパイスも織り交ぜながら、ホタテの旨味も楽しめるちょっと

癖になるメニューに仕上がっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

|-|-|by onosyokuhin


ご注文・お問い合わせはこちら

受付時間 9:00〜17:00 月〜金(祝祭日を除く)
24時間受付

注文用紙のダウンロードはこちら