三陸おのやブログ

     三陸釜石から、「美味しいお魚料理」に
               取り組む、奮闘記です
  

新メニューの開発

営業の むらかみ です。

 

三陸おのやでは、海のごちそう頒布会のメニューについて、

毎週打ち合わせを行っています。何か月か先の予定メニュー

について、実際に試食をしたりしながら、味付けや調理工程を

見直したりして仕上げていきます。

 

 

 

むらかみ もメンバーなのですが、出張も多いため毎回参加とはなりませんが、

仕入れの立場として大事な業務です。この日は、比較的直近の予定メニュー

改良品の確認からはじまって、画面外の左には空のさらが並べられ、

その先のメニュー候補の確認のための準備をしています。

 

十数品目ですが、中には同じメニューでも「○○違い」みたいな形で、

複数のパターンで比較する事もあります。

 

実は、この写真の中には、国産の魚で 三陸おのや初の取り扱いとなる

魚も含まっています。この場で魚名発表をしませんが、採用することは決定。

いくつか課題があがったのので、改良を進める事になります。

 

 

今週の打ち合わせには参加できましたが、その後すぐに出張・・・

原料仕入れ先様を訪問して、水揚げに関す情報を中心にいろいろと話をしました。

 

とくに三陸の魚は 昨年 大変な不漁でしたが、今年はどうなんだというのは、

最大の関心事。いろいろなデータから予測も出たりしますが、ここ数年、

そうした予測があまり当たっていないのも事実で、結局のところ

“その時になってみないと分からない”というオチになってしまいます。

 

それでも、国内で水揚げされている魚の中でも、当社でまだ取り扱えていない

美味しいモノもあると思います。“いつものお魚でも品質の良い物”を調達するのも

新たなお魚に取り組みにも、引き続き原料仕入れ先様とのお取組みが重要です。

 

 

 

|-|-|by onosyokuhin

テレビ出演

営業の むらかみ です。

 

一気に夏が来た感じで、釜石でも35℃越えの日もありました。

まだ梅雨明けしていないらいいのですが、なんとなく

“海水浴に行くなら今だ!”という感じです。

 

先週末は、地元テレビ局の三陸おのやコーナー。この時期恒例の

お中元の向けメニューの紹介をしてきました。

 

岩手県内のみの番組になりますが、月1回 三陸おのやのコーナーがあり、

3か月に1回は、店主が生出演してのPRになります。

 

店主出演の回は、むらかみもスタジオ同行になります。何をしに行くかと言うと、

その日の紹介される商品の盛り付けと、スタジオ出演者の方々に試食してもらう

商品の準備になりますので、姿が映ることはありません。

 

三陸おのやのポリシーとして、商品も本物を出演させます。撮影用に特別に

仕立てたモノでなく、本物の商品を盛り付けます。現地で簡単な

オーディションを実施して、特殊メイクをすることなく盛り付けます。

 

 

 

この日紹介したメニューは3種。この画像は実際のスタジオで本番直前の

少々緊張気味の三人衆。それでも商品自らのタレで見事な “照り” を

演出していました。

 

せっかくなので 今回出演のお三方を紹介させて頂きます。

左から

 

三陸産カキ時雨煮

金目鯛煮付

三陸産サワラ照焼 

 

この夏のおすすめメニューです。

|-|-|by onosyokuhin

店主宅でのホームパーティー

こんにちは。

営業の生田です。

 

ーーー

大阪での地震から2日が経ちましたが、

まだガスや水道が使えない場所もあるようです。

亡くなられた方もおられ、心が痛みます。

私の関西の実家も棚のお皿が沢山割れたそうです。

今後も余震や土砂災害に注意するように、

とニュースでも注意が促されていました。

私も昨日避難リュックの内容見直しを行いました。

日頃からしっかりと防災対策をしておきたいです。

皆様の早い復旧をお祈りします...

ーーー

 

 

今日の投稿は先週の日曜日のお話です。

数日続いていた寒さから一転し、

あたたかい日差が素敵な日曜日に、

店主がお家に招いてくださいました。

 

店主自ら腕を振るってくださるとのこと!

若手社員多数でおじゃましました。

 

早速大迫力のお肉がお出迎え!

大きなお肉の塊にびっくりです。

こんなに大きなお肉は久しぶりに見ました!

店主指導のもと、メンバーと焼き番をしました。

がしかし、中々うまく焼くことは難しく、

結局、店主に美味しく焼いて頂きました。

芯温は約55℃、一度焼いた後に寝かすと、

赤身がじゅわっと綺麗なミディアムレアになります

こちらが焼き上がりです。

すりおろしたわさびと醤油をかけて。

写真は醤油やニンニクを合わせた特製ソースです。

 

その他にも沢山の美味しいお料理を頂きました。

 

しゅうり貝のバターソースとフランスパン、

4種のきのこを使ったペンネに雪降りチーズ、

豚肉の野菜煮込み、食後のデザートでした。

ペンネは、特製燻製べーコン入り!

 

素材はもちろんのこと、様々なスパイス、

自家製燻製など、ひと手間が加えられていて、

とても美味しく、お料理を食べながら、

ワイワイとお話も弾みました。

 

ナパバレーから持って帰ってきた!

というワインやフランスのブランデーもいただき、

とっても素敵な夜をすごさせて頂きました。

 

ワインやブランデーは普段、

あまり飲まないメンバーも、お酒と合うお料理と、

お酒の楽しみ方を教えていただけたおかげで、

お酒とお料理のマリアージュを楽しみました!

 

普段、あまり食べないものも、飲まないものも、

楽しみ方や合わせ方を教えていただけると、

一気に新しい世界を楽しめますね。

とっても美味しく、楽しかったです。

 

それにお料理も、おもてなしも、何事にも

こだわりがあるのは素敵なことだなあと思いました


 

この会で、店主はじめ、メンバーとの

コミュニケーションが出来て良かったです。

 

今後も、このような良い関係の中で、

お仕事が出来たらよいなあと思いました。

 

皆様、ありがとうございました。

 

「お肉の芯温は55℃で焼いた後寝かせる」

今度、お家で焼いてみます。

 

 

|-|-|by onosyokuhin

新入社員向けマーケティング研修

こんにちは。営業の生田です。


今日は釜石は小雨が降り肌寒く感じます。
暑くなったり、寒くなったり忙しいですね。
そういえば、知り合いのお家は6月になり、
ようやくコタツをしまったようです。

本日はマーケティング研修がありました。



小野食品では、講師に来ていただいての、
マナー研修や、マーケティング研修、

7つの習慣セミナーなど、

様々な研修制度が充実しています。

本日は新入社員の「マーケティング研修」がありました。

沢山の学びがありましたが、
その中でも、「美味しいものは飽きられる」
というフレーズがありました。

小野食品のお魚料理は、
「美味しく、簡単に、安全に」

食べることが出来き、その中でも、

「美味しさ」には大きな評判があります。

しかし、「食」は市場に溢れており、
飲食業は比較的参入しやすい

業界でもあります。


その中では、改良を重ね、完成させた商品を

やっと市場に出した、その瞬間から、

絶えず、「改良」を続けること。
新しいジャンルの味や、

更なる「美味しさ」を作り出し、

お客様を惹きつけ続けなければならない。
というお話を聞きました。

「美味しいものは飽きられる」
それはマイナスかもしれませんが、
しかし、それを生かして、更に向上させて、
進化させていくことが大切だと学びました。

また例えば日本の人口は1年間で約40万人が
減少しているようですが、

1日では約1,000人です。
1日であれば大きな変化は感じませんが、
10年間だと5,600万人が減少します。
1日1日の変化はゆるやかですが、

結果、その変化は大きなものになります。
その「ゆるやかな変化」をどう意識して、
ビジネスをしていくかが大切です。

社会はどのように変化しているのか、
小野食品のお客様は、どのような世代で、
何に「価値」を求められるのか、
お客様の期待に応え続けるためには、
「社会の動き」「お客様」

「自社の武器や弱み」を知ることが
本当に大切だと思いました。

学びの機会を沢山用意して頂いているので、
この機会を上手生かして、自分からも学び、
今後の仕事に生かしていきたいと思います。


小さなことかもしれませんが、

このような、「お客様の目線に立つこと」

が本当に大切なんだなと思いました。

|-|-|by onosyokuhin

アジア最大級の食品見本市「Food and Hotel Asia2018」に出展しました

こんにちは!営業の生田です。

今日は天気が良いですね、

 

小野食品は今後の方針として、

海外市場の開拓を掲げています。

 

少し前になりますがシンガポールで行われた

アジア最大の食品見本市Food and Hotel Asia

商品を出展したので、私も参加させて頂きました。

 

この食品見本市は4日間の開催で、

約3200社が出品し、

約47,000⼈のバイヤーが訪れる

アジア最大級の食品見本市です。

魚介類や精肉をはじめ、乳製品、お菓子まで、

世界のあらゆる「食」が大集合します。

 

小野食品のブースにも、シンガポール、台湾

中国、韓国、香港、マレーシア、フィリピン

ラオス、ドバイ、ネパール、イギリスなど

世界各国のバイヤーに訪れて頂きました!

そして、沢山の試食や商談を行いました。

その中でも人気が高かったのが、

骨まで食べられる柔らかい煮魚料理で、

特に「熟成さば味噌煮」など、

味噌を使用したものが人気がありました。

「西京味噌」や「赤味噌」「信州味噌」

などを知っている人も多く、

 

日本食レストランで「西京焼き」

を食べるし、すごく好きだよ!

と言っている方もいて、驚きました。

 

「食品添加物不使用」にも良い反応を頂き

「手軽」で「美味しい日本食」だけでなく、

「安全に食べられる」という点も

アピールが出来たように思います。

 

ブースに来て頂いたバイヤーは

大手卸業者やスーパー、ホテルのオーナー

など、様々方がおられました。

 

中には、

「これからレストランを経営したいんだ。」

「こんなものを売りたいのだけれど、どう思う?」

 

と聞いてこられる方もおり、

具体的な商談のお話にはなりませんが、

そのエネルギーがすさまじく、

大変勉強になりました。

 

世界中からブースが出ていますが、

この機会を逃すと、安易には出展者、

バイヤーとお互いに会えないため、

バイヤーの「良いものを見つけよう」

出展者の「自分の商品を売り込もう」の

両方のエネルギーが会場には満ちていて、

大変活気がありました。

 

経験豊富な先輩と、バイヤーとの商談を見て

私もブースに来てくださった方と

お話をしましたが、まだまだ勉強が必要です...

 

また、展示会への出展だけでなく、

シンガポールのスーパーの視察にも

行きましたが、品揃えはもちろんのこと、

多国籍の方に向けて、

「わかりやすく」商品の良さを伝える

工夫が至るところにありました。

日本でも同じですが、

何事も工夫が必要ですね。

 

「手軽に」「美味しく」

そして「安全」に食べることが出来る

おのやの商品はきっと需要があると思います。

 

今後、海外でも「おのや」の商品を

知っていただけるよう、

先輩にしっかり教わりながら、

私も頑張っていきたいと思いました。

 

そういえば、シンガポールのシンボルの

マーライオンが見れませんでした。

マーライオンはどんな顔をしていたのでしょう...

 

|-|-|by onosyokuhin

プロ にウケる

営業の むらかみ です。

 

先週の 体育祭に続き ゴルフ・釣りとアウトドア三昧で、

大活躍だったのが、日焼け止めです。数年前までは、海水浴など

特別に日光を浴びる イベント以外では、日焼け防止対策なんて

考えていませんでしたが、若い頃とは違い、対策を怠ると

日常生活に支障が出るようになってしまうので、気を付けるように

しています。

 

とは言っても、当日になってから思い出す事が多く、道中の

コンビニ等で調達。中途半端な残りが家に溜まって来ています。

 

 

先日、業務用のお客様向けの展示会がり、参加してきました。

“ワインに合う食材”がテーマで、かなり限定的な展示会でした。

それほど、大きな規模の展示会ではなく、参加するメーカーも

限定的。にもかかわらず、当社に参加のお声掛けいただけるのは、

実は、当社の 洋風メニュー 意外と“プロ”にウケるのですよ・・・

 

 

 

“プロ”というのは、もちろん 料理人さんの事です。

今回はワインがテーマなので、こうした業務用の展示会に来られるのは、

ホテル・レストランなどの外食関係者が中心で、食材選びとなると、

調理される方も多数来場されます。

 

当社の商品のセールスポイントは、調理済で手軽にお使い頂けるところです。

ちゃんとした料理人さんは、基本 お手製で振る舞うので、当社の商品の

ような味もついた調理済品は使用されないのでは?

 

最近は、様々な業態のお店が増え、同じグループのお店でも違ったテーマの

店にしたりと、差別化を図るところが人気があると聞いています。

とは、言いながら、すべてのメニューに手をかけて言うのは大変で、一部で

当社のような商品に興味を持って頂けるところもあります。

 

三陸おのや の 洋風メニューシリーズ 今後も新メニューの開発を進めて

いきますので、楽しみにして頂けたらと思います。

 

 

|-|-|by onosyokuhin

夏ギフトスタート

営業の むらかみ です。

 

先週末、あいにくの天候となり、土曜日のウチの子供達の体育祭が延期に

なりました。前日から、県内の他の地域では洪水警報で出る位の本降り。

早々と、雨天延期の判断が出されました。

 

しかし、その翌日の日曜日は見事に天候が回復し、体育祭 開催されました。

 

 

 

天気は良かったのですが、気温はそれほど高くなく、風が吹いて寒いという

人もいました。そんな中で子供たちは元気いっぱい動き回っていました。

 

ココでも何度か触れていますが、ウチの子供達の通う学校は、大槌学園と

言って、小中一貫校です。そのため、1年生から9年生まで、同じ校舎の中で

過ごしています。昨年までは、運動会は小学生(1~6年)と中学生(7~9年)

それぞれ別に開催していましたが、今年は統一で体育際として開催。

 

むらかみ家的には2回のところ1回で済むので、大人の事情面では良かったです。

 

中でも、大活躍だったのが、マイ・テントです。涼しいとはいえ、日差しの

強い中で、バーベキューの炭の臭いが時々香ること以外は、ほぼストレスなく観戦

する事ができましたし、息子が一番に楽しみにしていた お弁当タイムも

バッチリでした。

 

 

 

少し早いかと思うかもしれませんが、夏ギフトのご案内スタートしました。

いろいろなセット商品に加えて、単品での新メニューも登場しています。

今日は、詳しく触れませんが、オンラインショップ内 探してみてください。

 

 

|-|-|by onosyokuhin

頒布会のお勉強

営業の むらかみ です。

 

最近の事ですが、たまたま見た 広告に「頒布会」という文字を発見。

なんとなく他人事でない感じがして、良く見てみると、とある食品でしたが、

契約期間の間、毎月届くという物でした。同じものが毎月・・・

 

心の中で “何か違う〜”と、軽く騒ぎ、ネットで検索してみました。

 

●頒布会と定期購入の違い

 

 頒布会は、販売者が、毎月などの一定期間ごとに、毎回異なるおすすめの商品を

 送付する場合が多いです。


 定期購入は、購入者が、指定期間(一カ月単位や3ヶ月毎など)で、同じ商品を

 システム側で自動注文するケースが多いです。

 定期購入の商品は、主に水や食品、健康食品などの食料品や、化粧品、主に

 基礎化粧品とよばれる商品や、介護用紙オムツなどの消耗品の販売と相性が良い仕組みです。

 

 上記は ネット検索したページからの抜粋です。

 私の理解では

  定期購入 ⇒ 毎回同じものが届く

  頒布会  ⇒ 毎回異なるものが届く

 概ね 一般的な理解は間違えていないようですが、下記のような定義もあるようです。

 

 会費を支払っている会員に向けて、商品や刊行物などを定期的に配る会。

 

 

と、言う事で、あの広告は間違いという訳ではなかったようです。

声を出して騒がなくて良かったです。

 

 

改めて当社の「海のごちそう頒布会」 を紹介します。

 

頒布会 → 読み方は 「ハンプカイ」です。
毎月1回メニューの内容を変えた魚惣菜の詰め合わせをお届けしています。

 コースは 2種類
・8食セット (4メニュー×各2食)
・16食セット (8メニュー×各2食)

 

契約期間等の設定はありませんので、期日までにお申し出いただければ、

中止変更等の対応が可能ですので、お試し気分でも大丈夫です。

頒布会会員様限定のお買い得品のご案内なんかもあります。

 

ちなみに 今月のお届けメニューはコチラになります。

毎月 次回お届け分を更新していますので、どんなメニューがあるか

時々チェックしてみてください。

 

オンラインショップで選んで購入できない商品も入っています。

 

 

 

 

|-|-|by onosyokuhin

今月のおすすめ

営業の むらかみ です。

 

大型連休に入って、いつもの事ですが、釜石市内には、県外ナンバーの

車も増え、“人”が増えている感が、感じられます。いろいろなイベント

なんかも各地で開催されるのですが、楽しみにしていた、山田町で開催される

「三陸山田カキまつり」。中止になってしまいました。

 

山田のあたりでは問題ないのですが、それより南の地域で貝毒が発生して

出荷規制がかかったりしているため、安全を見ての判断との事。

今年は、例年に比べて原因となるプランクトンが広範囲に出ているようで、

全国どこでも発生の可能性があるようです。

 

貝毒は、加熱しても毒性が落ちず、大量摂取した場合大変な事になるよう

ですが、当社の商品もそうですが、各都道府県で検査が行われ、安全なもの

だけが流通しているので心配するような事はないのですが、一般の方が、

管理されていない所で、潮干狩りなどで採取されたりする時は、十分に注意が

必要なようです。

 

 

 

この時期になると、おすすめしたくなるのが、“三陸産サンマエスカベッシュ

です。洋風南蛮漬といったイメージの料理です。油で揚げたサンマを野菜と

ワインビネガーとりんご酢でソフトな酸味に仕上げた調味液に漬け込み、

仕上げています。自然解凍で、冷たいままお召し上がり頂けます。

 

 

 

 

|-|-|by onosyokuhin

Web直売会

営業の むらかみ です。

 

日曜日は、以前から息子が楽しみにしていた映画鑑賞でした。

映画と言っても、釜石には映画館は1件もありまあせん。

2年くらい前までは、車で約1時間かかる宮古という所に、

日本で唯一生協が運営している映画館があったのですが、現在は

クローズしています。

 

なので、映画と言えば、2時間以上かけて、北上や盛岡まで

行かなければなりません。

 

しかし、昨年末にできた釜石市民ホール。通称TETTOという

ホールで、臨時上映。この日 午前・午後の2回だけですが、

最新の“ドラえもん”の映画が上映されました。

 

映画上映は想定していないホールのようで、ポップコーンが

売っていないのは仕方ないのですが、会場内の座席中央付近に

20〜30席位をつぶして大がかりな 映写セットがむき出しで

設置され、ローカル感いっぱいでした。(写真撮影自主規制)

 

学校でも割引券を配布していたので、子供連れの家族で大賑わい。

音響は当然ながらバッチリなので 子供たちはすっかり見入って

いました。

 

入場時にしっかり次回(6月)の割引券を渡されましたが、

交通費や移動時間を考えると、市内で楽しめるのは良いですね。

 

 

前置きが大変長くなりました。Web直売会のお知らせです。

4月24日 6:00 〜 23:59

今回も お買い得品をたくさん準備していますが、例によって早い者勝ちです。

 

┃1┃三陸おのや福袋(個包装2切〜3切入×7袋)
┃2┃お値打品詰合せ(個包装5切入×7袋)
┃3┃業務用アウトレット福袋(10切入×6パック)

 

事前予約等は一切無しで、当オンラインショップからのご注文限定となります。

 

┃3┃業務用アウトレット福袋 のイメージです。

 

 

 

小野食品で製造販売する業務用の商品は、高齢者施設や学校給食や外食店など、

様々な業態でお取扱い頂いているのですが、百貨店の弁当店(通称 デパ地下)

のお弁当具材としても結構な数 お取扱いいただいています。

そんな商品の中で、製造時に見崩れや、重量不足など、お召し上がり頂くには

全く問題のない品質ですが、規格外れのため、割安に提供させて頂いています。

 

工場的には“計画外”の商品になりますので、どのメニューがどの位できるかは、

お約束できません。中身のメニューは、お楽しみと言う事でご理解ください。

 

 

|-|-|by onosyokuhin


ご注文・お問い合わせはこちら

受付時間 9:00〜17:00 月〜金(祝祭日を除く)
24時間受付

注文用紙のダウンロードはこちら