三陸おのやブログ

     三陸釜石から、「美味しいお魚料理」に
               取り組む、奮闘記です
  

旬のサンマ

営業の むらかみ です。

 

8月末には、サンマの豊漁ニュースで沸き立っていましたが、

その後、台風やら北海道地震で沈黙が続き、一変 どうなるか

わからない状況になってきました。

 

それでも、休みに地元のスーパーで釜石産のサンマを購入。塩焼きにして

食べましたが、脂のりも良く美味しかったです。お腹周りがやや太く

長さがやや短めな感じで例年よりずんぐりとした印象。より親しみを

感じながら頂きました。

 

今週あたりからようやく天気も落ち着くみたいなので、これからの

漁に期待したいところです。

 

 

三陸おのやでも、サンマメニューおすすめ中です。

中でも、人気が上昇しているのが、三陸産サンマ塩麹焼 です。

 

 

一見、普通に1本サンマを頭・尾をとって半分に切って焼いているように

見えますが、実は、一度開きにして中骨を外しています。開くところは、

専用の機械で行うので、短時間で鮮度を落とす事なく調理しています。

 

また、塩麹に漬け込む事で塩焼と違った旨みが感じられます。

 

せっかくなので、今日は、焼いているところを チラ見せします。

 

 

 

三陸おのや焼魚は、すべて直火焼きです。焼魚は遠火の強火と言われていますが

その通り焼いています。

 

上下に火のついたところを網に並べられた魚がコンベアに乗って流れて、

焼けていく仕組みです。連続して魚が焼きあがっていきます。

焼き上がり後は、軽く冷ましてすぐに真空包装⇒急速凍結となります。なので、

解凍したてをお召し上がりいただけが、ほぼ焼き立て品質という事になります。

 

 

 

 

|-|-|by onosyokuhin

シーズン到来

営業の むらかみ です。

 

シーズン到来というと 秋の魚をイメージして頂けるかと思います。

2週間ほど前は、さんま漁も上々のスタートとニュースでしたが、

先週は 音沙汰なし・・・ そうです、台風関係+北海道の地震の

影響などあり スッカリという状況でした。でも、本格的なシーズンは

これからなので、再び良いニュースになる事を期待しています。

 

秋のシーズンといえば、取引先様の展示会。年末商戦を迎えるこの時期、

様々な取引先様で開催され、結果 毎週のように・・・となります。

 

業務用の取引先様の展示会なので、一般の方の入場はできません。しかし、

最近は取引先様の担当のかたでも、三陸おのやを知っていたり、実は

お客様だったという事もあります。

 

 

 

 

業界内では引き続き、“人手不足”への対応がテーマになっています。調理済の

当社の商品はその点では、受けが良いのですが、当然ながら競合する他のメーカー

も出てきます。

 

そんな中で、戦っていくのが営業の仕事になるのですが、当社の商品は

味が命。価格の厳しい業界の中で 品質面で納得してもらう必要があります。

その際の商品の味ですが、三陸おのやの商品開発がベースになっています。

三陸おのやのメニューは、お客様からのご意見を頂きながら改良を進めています。

 

つまり、業務用のメニューも三陸おのやご利用のお客様のご意見等によって

成り立っているという一面もあります。ちょっとした事でも良いので、商品に

関するご意見等をいただけたらと思います。

 

 

|-|-|by onosyokuhin

Web直売会 開催中

営業の むらかみ です。

 

今日 28日(火) 6:00〜 29日(水)17:00 

大人気の企画 Web直売会 開催中です。

以下の記事を読む前に のぞいてみてください。

 

Web直売会」って何?という方も、とりあえず見てみてください。

 

本文章内の Web直売会 の文字のところを押すと、会場へ行けるように

なっています。ただし、開催期間は、上記の期間になりますので、ご了承

ください。

 

 

限定販売 早い者勝ちとなりますが、お買い得な商品がたくさんあります。

いつもの企画セット。今回は中身がいつもに増して・・・

 

┃1┃三陸おのや福袋
┃2┃お値打品詰合せ
┃3┃業務用アウトレット福袋

 

今回は、業務用のアウトレット商品の単品販売もあります。

 

 

アブラガレイ西京焼 20g×10

やわらかい身質の白身魚に、ちょっと甘い香りの白みその風味が手前味噌ながら

上品な仕上がりになっています。

実は、この商品 業務用ですが、デパートの地下を中心に展開するお弁当屋さん

向けに提供している商品の “規格外” 品になります。規格外と言っても、

単純に重量が小さい為で、原料・味付けは百貨店向け品質になります。

 

是非、この機会にどうぞ。

 

 

 

 

 

|-|-|by onosyokuhin

夏と言えばカレー?

営業の むらかみ です。

 

朝晩は、めっきり涼しくなり、夏が終わったのかと思ったら、

今週半ばからは、再び 30℃超えの予報。こんな事を書いているだけで、

汗が出てきます。

 

ウチの子供たちは、夏休みが終わり、今日20日が始業式。どこのご家庭

でもあるのかどうかですが、宿題の追い込みで子供達はパニック状態。

結局途中で寝てしまい、朝もバタバタでした。

 

先週、何だか急にカレーが食べたくなり 豚バラ肉をたっぷり入れた

カレーを作りました。子供達も食べる前提なので市販のルウ(中辛)を

使用した、一般的な仕様で何も面白くないのですが、ナス・ピーマン・

にんじん等の野菜を ノンフライヤーでチップみたいにしました。

どこかのお店で出ていたのをまねしたのですが、2日目以降の味チェンジや

好き嫌い対策にもバッチリでした。

 

三陸おのやと言うと、カレーというイメージがないかと思いますが、

実は、カレー味のメニュー ちゃっかり“今月のおすすめ”にしていました。

 

三陸産シーフードのクリーム煮(カレー風味)

 

 

 

時々、海のごちそう頒布会の月替わりメニューにも登場するのですが、

これが 中々です。三陸産のイカ・ホタテを使用しています、
カレー風味とは言ってもベースはクリームソース。やさしい感じの口当たり

に、香りの良いカレースパイスで仕上げています。

 

まだ、お召し上がりでない方、ぜひ、この暑いうちに!

 

こんな程度でも若干ですが、汗ばんで来ます。でも、今日の釜石の最高気温28℃。

でも、窓を開けていると涼しい風が入りエアコンいらずです。

 

 

|-|-|by onosyokuhin

トップクラス

営業の むらかみ です。

 

先日の 店主からの投稿で 世界のトップクラスの企業を語った

詐欺行為(?)の件が出ていましたが、以前むらかみにも、全く同じ

画面が出ました。真に受ける事はありませんでしたが、堂々と

なりすました感じだったので、一瞬「本物?」と考えてしまいました。

 

新手のものが次々と出てきますので、注意しないといけないですね。

 

そんな事を考えていると、会社に 日本のトップクラスの通信業者の

名前での契約勧誘の電話がありました。新たなサービスの案内のよう

でしたが、地元の営業所に当社の営業担当がいるのに・・・

と思いながら切電。かかってきた電話番号をインターネットで検索

してみたら いろいろ情報が出ていました。どうやら詐欺ではない

ようですが、TELでのやや強引な勧誘で不快に思った方が、いろいろ

と投稿されていました。

 

「怪しいと思ったらインターネットで調べる」というのは、必須に

なってきているかもしれません。

 

 

 

話は変わり、先週 当社の売上トップクラスの得意先様へ 当社の

開発担当のTDと訪問。先方の商品開発の担当の方に集まってもらい、

提案品を試食してもらいながら意見交換を行いました。

 

 

 

外の気温は四捨五入して40℃という状況の中、冬場に向けたメニューの

検討でした。全品ではありませんが、何品かは採用候補になり次の段階へ・・・

トップクラスの販売先をキープできるよう頑張ります。

 

 

 

|-|-|by onosyokuhin

新メニューの開発

営業の むらかみ です。

 

三陸おのやでは、海のごちそう頒布会のメニューについて、

毎週打ち合わせを行っています。何か月か先の予定メニュー

について、実際に試食をしたりしながら、味付けや調理工程を

見直したりして仕上げていきます。

 

 

 

むらかみ もメンバーなのですが、出張も多いため毎回参加とはなりませんが、

仕入れの立場として大事な業務です。この日は、比較的直近の予定メニュー

改良品の確認からはじまって、画面外の左には空のさらが並べられ、

その先のメニュー候補の確認のための準備をしています。

 

十数品目ですが、中には同じメニューでも「○○違い」みたいな形で、

複数のパターンで比較する事もあります。

 

実は、この写真の中には、国産の魚で 三陸おのや初の取り扱いとなる

魚も含まっています。この場で魚名発表をしませんが、採用することは決定。

いくつか課題があがったのので、改良を進める事になります。

 

 

今週の打ち合わせには参加できましたが、その後すぐに出張・・・

原料仕入れ先様を訪問して、水揚げに関す情報を中心にいろいろと話をしました。

 

とくに三陸の魚は 昨年 大変な不漁でしたが、今年はどうなんだというのは、

最大の関心事。いろいろなデータから予測も出たりしますが、ここ数年、

そうした予測があまり当たっていないのも事実で、結局のところ

“その時になってみないと分からない”というオチになってしまいます。

 

それでも、国内で水揚げされている魚の中でも、当社でまだ取り扱えていない

美味しいモノもあると思います。“いつものお魚でも品質の良い物”を調達するのも

新たなお魚に取り組みにも、引き続き原料仕入れ先様とのお取組みが重要です。

 

 

 

|-|-|by onosyokuhin

テレビ出演

営業の むらかみ です。

 

一気に夏が来た感じで、釜石でも35℃越えの日もありました。

まだ梅雨明けしていないらいいのですが、なんとなく

“海水浴に行くなら今だ!”という感じです。

 

先週末は、地元テレビ局の三陸おのやコーナー。この時期恒例の

お中元の向けメニューの紹介をしてきました。

 

岩手県内のみの番組になりますが、月1回 三陸おのやのコーナーがあり、

3か月に1回は、店主が生出演してのPRになります。

 

店主出演の回は、むらかみもスタジオ同行になります。何をしに行くかと言うと、

その日の紹介される商品の盛り付けと、スタジオ出演者の方々に試食してもらう

商品の準備になりますので、姿が映ることはありません。

 

三陸おのやのポリシーとして、商品も本物を出演させます。撮影用に特別に

仕立てたモノでなく、本物の商品を盛り付けます。現地で簡単な

オーディションを実施して、特殊メイクをすることなく盛り付けます。

 

 

 

この日紹介したメニューは3種。この画像は実際のスタジオで本番直前の

少々緊張気味の三人衆。それでも商品自らのタレで見事な “照り” を

演出していました。

 

せっかくなので 今回出演のお三方を紹介させて頂きます。

左から

 

三陸産カキ時雨煮

金目鯛煮付

三陸産サワラ照焼 

 

この夏のおすすめメニューです。

|-|-|by onosyokuhin

店主宅でのホームパーティー

こんにちは。

営業の生田です。

 

ーーー

大阪での地震から2日が経ちましたが、

まだガスや水道が使えない場所もあるようです。

亡くなられた方もおられ、心が痛みます。

私の関西の実家も棚のお皿が沢山割れたそうです。

今後も余震や土砂災害に注意するように、

とニュースでも注意が促されていました。

私も昨日避難リュックの内容見直しを行いました。

日頃からしっかりと防災対策をしておきたいです。

皆様の早い復旧をお祈りします...

ーーー

 

 

今日の投稿は先週の日曜日のお話です。

数日続いていた寒さから一転し、

あたたかい日差が素敵な日曜日に、

店主がお家に招いてくださいました。

 

店主自ら腕を振るってくださるとのこと!

若手社員多数でおじゃましました。

 

早速大迫力のお肉がお出迎え!

大きなお肉の塊にびっくりです。

こんなに大きなお肉は久しぶりに見ました!

店主指導のもと、メンバーと焼き番をしました。

がしかし、中々うまく焼くことは難しく、

結局、店主に美味しく焼いて頂きました。

芯温は約55℃、一度焼いた後に寝かすと、

赤身がじゅわっと綺麗なミディアムレアになります

こちらが焼き上がりです。

すりおろしたわさびと醤油をかけて。

写真は醤油やニンニクを合わせた特製ソースです。

 

その他にも沢山の美味しいお料理を頂きました。

 

しゅうり貝のバターソースとフランスパン、

4種のきのこを使ったペンネに雪降りチーズ、

豚肉の野菜煮込み、食後のデザートでした。

ペンネは、特製燻製べーコン入り!

 

素材はもちろんのこと、様々なスパイス、

自家製燻製など、ひと手間が加えられていて、

とても美味しく、お料理を食べながら、

ワイワイとお話も弾みました。

 

ナパバレーから持って帰ってきた!

というワインやフランスのブランデーもいただき、

とっても素敵な夜をすごさせて頂きました。

 

ワインやブランデーは普段、

あまり飲まないメンバーも、お酒と合うお料理と、

お酒の楽しみ方を教えていただけたおかげで、

お酒とお料理のマリアージュを楽しみました!

 

普段、あまり食べないものも、飲まないものも、

楽しみ方や合わせ方を教えていただけると、

一気に新しい世界を楽しめますね。

とっても美味しく、楽しかったです。

 

それにお料理も、おもてなしも、何事にも

こだわりがあるのは素敵なことだなあと思いました


 

この会で、店主はじめ、メンバーとの

コミュニケーションが出来て良かったです。

 

今後も、このような良い関係の中で、

お仕事が出来たらよいなあと思いました。

 

皆様、ありがとうございました。

 

「お肉の芯温は55℃で焼いた後寝かせる」

今度、お家で焼いてみます。

 

 

|-|-|by onosyokuhin

新入社員向けマーケティング研修

こんにちは。営業の生田です。


今日は釜石は小雨が降り肌寒く感じます。
暑くなったり、寒くなったり忙しいですね。
そういえば、知り合いのお家は6月になり、
ようやくコタツをしまったようです。

本日はマーケティング研修がありました。



小野食品では、講師に来ていただいての、
マナー研修や、マーケティング研修、

7つの習慣セミナーなど、

様々な研修制度が充実しています。

本日は新入社員の「マーケティング研修」がありました。

沢山の学びがありましたが、
その中でも、「美味しいものは飽きられる」
というフレーズがありました。

小野食品のお魚料理は、
「美味しく、簡単に、安全に」

食べることが出来き、その中でも、

「美味しさ」には大きな評判があります。

しかし、「食」は市場に溢れており、
飲食業は比較的参入しやすい

業界でもあります。


その中では、改良を重ね、完成させた商品を

やっと市場に出した、その瞬間から、

絶えず、「改良」を続けること。
新しいジャンルの味や、

更なる「美味しさ」を作り出し、

お客様を惹きつけ続けなければならない。
というお話を聞きました。

「美味しいものは飽きられる」
それはマイナスかもしれませんが、
しかし、それを生かして、更に向上させて、
進化させていくことが大切だと学びました。

また例えば日本の人口は1年間で約40万人が
減少しているようですが、

1日では約1,000人です。
1日であれば大きな変化は感じませんが、
10年間だと5,600万人が減少します。
1日1日の変化はゆるやかですが、

結果、その変化は大きなものになります。
その「ゆるやかな変化」をどう意識して、
ビジネスをしていくかが大切です。

社会はどのように変化しているのか、
小野食品のお客様は、どのような世代で、
何に「価値」を求められるのか、
お客様の期待に応え続けるためには、
「社会の動き」「お客様」

「自社の武器や弱み」を知ることが
本当に大切だと思いました。

学びの機会を沢山用意して頂いているので、
この機会を上手生かして、自分からも学び、
今後の仕事に生かしていきたいと思います。


小さなことかもしれませんが、

このような、「お客様の目線に立つこと」

が本当に大切なんだなと思いました。

|-|-|by onosyokuhin

アジア最大級の食品見本市「Food and Hotel Asia2018」に出展しました

こんにちは!営業の生田です。

今日は天気が良いですね、

 

小野食品は今後の方針として、

海外市場の開拓を掲げています。

 

少し前になりますがシンガポールで行われた

アジア最大の食品見本市Food and Hotel Asia

商品を出展したので、私も参加させて頂きました。

 

この食品見本市は4日間の開催で、

約3200社が出品し、

約47,000⼈のバイヤーが訪れる

アジア最大級の食品見本市です。

魚介類や精肉をはじめ、乳製品、お菓子まで、

世界のあらゆる「食」が大集合します。

 

小野食品のブースにも、シンガポール、台湾

中国、韓国、香港、マレーシア、フィリピン

ラオス、ドバイ、ネパール、イギリスなど

世界各国のバイヤーに訪れて頂きました!

そして、沢山の試食や商談を行いました。

その中でも人気が高かったのが、

骨まで食べられる柔らかい煮魚料理で、

特に「熟成さば味噌煮」など、

味噌を使用したものが人気がありました。

「西京味噌」や「赤味噌」「信州味噌」

などを知っている人も多く、

 

日本食レストランで「西京焼き」

を食べるし、すごく好きだよ!

と言っている方もいて、驚きました。

 

「食品添加物不使用」にも良い反応を頂き

「手軽」で「美味しい日本食」だけでなく、

「安全に食べられる」という点も

アピールが出来たように思います。

 

ブースに来て頂いたバイヤーは

大手卸業者やスーパー、ホテルのオーナー

など、様々方がおられました。

 

中には、

「これからレストランを経営したいんだ。」

「こんなものを売りたいのだけれど、どう思う?」

 

と聞いてこられる方もおり、

具体的な商談のお話にはなりませんが、

そのエネルギーがすさまじく、

大変勉強になりました。

 

世界中からブースが出ていますが、

この機会を逃すと、安易には出展者、

バイヤーとお互いに会えないため、

バイヤーの「良いものを見つけよう」

出展者の「自分の商品を売り込もう」の

両方のエネルギーが会場には満ちていて、

大変活気がありました。

 

経験豊富な先輩と、バイヤーとの商談を見て

私もブースに来てくださった方と

お話をしましたが、まだまだ勉強が必要です...

 

また、展示会への出展だけでなく、

シンガポールのスーパーの視察にも

行きましたが、品揃えはもちろんのこと、

多国籍の方に向けて、

「わかりやすく」商品の良さを伝える

工夫が至るところにありました。

日本でも同じですが、

何事も工夫が必要ですね。

 

「手軽に」「美味しく」

そして「安全」に食べることが出来る

おのやの商品はきっと需要があると思います。

 

今後、海外でも「おのや」の商品を

知っていただけるよう、

先輩にしっかり教わりながら、

私も頑張っていきたいと思いました。

 

そういえば、シンガポールのシンボルの

マーライオンが見れませんでした。

マーライオンはどんな顔をしていたのでしょう...

 

|-|-|by onosyokuhin


ご注文・お問い合わせはこちら

受付時間 9:00〜17:00 月〜金(祝祭日を除く)
24時間受付

注文用紙のダウンロードはこちら