三陸おのやブログ

     三陸釜石から、「美味しいお魚料理」に
               取り組む、奮闘記です
  

釜石ラグビー

こんにちは、コールセンターの佐々木李美です。

 

今日は肌寒いのですが、昨日は15℃くらいまで気温が上がり、

5月上旬並みの暖かさだったようです。

 

昨日ニュースで「啓蟄(けいちつ)」のことが紹介されていました。

冬ごもりをしていた虫が気温が暖かくなり外に出てくる時期という意味だそうです。

せっかく出てきた虫たちも今日の寒さには驚いているのではないでしょうか。

 

さて、3月9日には三陸沿岸道路が開通するそうで、移動が便利になるんだなとワクワクしています。

この機会に釜石に行ってみようかな?と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

ご存知の方も多いかと思いますが、釜石ではラグビーワールドカップに燃えておりまして、

いろんなところでその様子を垣間見ることができます。

道路を走っておりますと、お店にラグビーボールを模った展示があったり、

高架橋下にはラグビー選手の写真がプリントされていたりと応援ムードが高まっています。

 

先日シープラザさんを訪れた際には、釜石ラグビーの歴史を紹介したコーナーや

お子様も楽しめそうなラグビー体験コーナーができていました。

 

 

ラグビーのことに疎い私ですので、楽しんで学べるというのは面白いなと思いました。

釜石にお越しの際には是非お立ち寄りくださいませ。

 

お客様の声

毎回美味しく頂いております。

実のところ、ご近所や普段お世話になっている方へのお返しなど

よそ様へ差し上げる方が多く、まだ4切れぐらいしか食べていません。

でも本当にどれも美味しいので皆さんに喜ばれています。

末永くお付き合いの程よろしくお願い致します。

(神奈川県 M・I様お葉書)

 

感謝の気持ちと共に商品をプレゼントされていたんですね。

文面からM・I様の優しさが伝わり微笑ましくなりました。

皆様にもお喜びいただけているようで何よりです。

今後ともよろしくお願い致します。

 

 

|-|-|by onosyokuhin

春の足音−ふのり−

コールセンターの鈴木です。

 

明日から3月ですね。東北の遅い春もそろそろ腰を上げてくれるでしょうか?

それにしてもここまで雪が降らない(積もらない)年はあまり記憶にありません。

豊かな海産物と雪代は切り離せないので、冬は冬らしく…ですね。

 

そんな今年は花粉飛散のペースが速い上に、飛散量も多いという予測が報道される中、

毎年悩まされる私ですが、今のところ異常無しのようです。

このまま5月まで持ちこたえてくれればと切に願います(;´д`)

 

>>お客様の声<<

初めて注文しました。立派で肉厚な切身にびっくりです。味付けも甘すぎず塩っぱすぎずちょうどいい塩梅とてもおいしかったです。三陸はまだ訪れたことがありませんが、カタログの風景を見て行きたくなりました。豊かな海、それを支える山々、すばらしい所ですね。
−お葉書 新潟県 M・H様−

 

ご紹介したお客様へ、釜石の「海」と「山」を少しでもご紹介できればとスマホを探したのですが、

あいにくの空模様、共に海のご機嫌が悪い時の動画しか見つかりませんでした(*_*)

 

 

本格的な春になれば海の幸も花開き、「ふのり」「まつも」「わかめ」等々、お楽しみいただけます。

 

 

東北方面にお出での際は、是非釜石にお立ち寄りくださいませ。
 

 

只今三陸おのやでは、新わかめのご案内を準備中です。

頒布会員様限定“プラスワンサービス”のご案内は4月頃となりますので、今しばらくお待ちください。

 

 

|-|-|by onosyokuhin

甘太郎

こんにちは。
コールセンター菊池です。

 

段々と寒さも和らぎ、まもなく花粉の季節が参ります。皆様、ご注意下さいませ。

最近、懐かしいお店に行ってきました。
釜石に戻って約9か月になりますが、先日家族とそのお店について話になり、

現在、営業しているのかと聞いたところ今も頑張って営業していると聞き

早速、行ってきました。そのお店とは「甘太郎商店」。

以前、橋上市場があった時代は市場の中で営業しておりましたが、現在は橋上市場

もなくなり、釜石市小佐野町で営業しておりました。

幼い頃には橋上市場に行くと必ず寄って「甘太郎」を買って食べていた記憶があります。

 

 

※甘太郎とは今川焼のようなもので「黒あん」「白あん」「クリーム」の3種類。

 

久々に甘太郎の黒あんを買って食べたところ味も変わらず昔のそのままでした。

ちなみにメニューも変わらず、甘太郎・たい焼き・焼きそば・たこ焼きの4種類で

販売しております。

ぜひ皆様も釜石にお寄りの際は如何でしょうか。

 

 

 

−お客様の声−

煮魚よりも焼き魚が好きです。
美味しいお魚を届けてください。
お蔭さまで年配2人助かってます。
(岩手県 K.T様)


お喜び頂けているようで、私共も何よりです。
これからも色々なお魚料理をお届けして参ります。
お楽しみにお待ちくださいませ。

 

 

 

 

|-|-|by onosyokuhin

春の訪れ

こんにちは!

コールセンターの浦辺です。

 

 

先週末の三連休は、日中でも氷点下続きの毎日で雪もチラつき

連休明けは数十センチの積雪もあり、まだまだ寒い沿岸ではありますが

「春を告げる風物詩」として有名なイサダ漁が

岩手県では、来週21日に解禁になるようです!!

 

※写真の船はイサダ漁船です。

 

 

イサダは、正しくは「ツノナシオキアミ」と言い体長が2センチ程の

ピンク色をしたエビのような見た目で、主に釣りの撒き餌や

養殖魚の餌として使用されているようです。

また乾燥させたイサダは食用としてお煎餅などにも使用されており、

韓国ではキムチに混ぜて使われるため輸出もされているようです。

 

 

イサダは傷みやすいため、生や冷凍で食品として流通させるのは困難らしく

乾燥のイサダが製造され食品として流通するようになりましたが、

食品として利用されるイサダは水揚げ量の1割にも満たないようです。

 

 

このような三陸の海の幸を利用したメニューを、全国のお客様へ

お届け出来たらなぁ〜と、考えてみる春の訪れでした。

 

 

ーお客様の声ー

孫(男4人)は肉大好きな育ちざかりですが、届いた魚は喜んで食べます。

味付けに工夫された煮魚は私好みで嬉しいです。

特にホタテトマト煮はパスタにぴったりです!

今後とも美味しい魚待っています。

(神奈川県 S・H様)

 

 

お孫様にもお喜び頂けているようで嬉しい限りです。

レシピご活用いただきありがとうございます。煮魚の煮汁を多めに加えておりますので

ぜひ季節のお野菜と共にお楽しみくださいませ。

長い冬もいよいよ終わりに近づいています。健康には十分ご留意ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|-|-|by onosyokuhin

春の嵐

こんにちは、コールセンターの會田です。

 

年が明けて1ヶ月が過ぎ、今年はいつも以上に雪が降らないなぁと思っていた矢先でした。

仕事が終わり外に出ると…

 

今週月曜日の光景でした(・_・;)

 

先週末から雪は降らないまでも、暴風警報が出るほどの天気が続いていたのですが、

真横に流れていく雪は久々でした。

県内では最大風速25Kmを超えた所もあったとニュースでも報じられておりました。

飛来物にも十分注意が必要ですね。

 

ちなみに全部吹き飛んでいったのか「積雪」はありませんでした(笑)

 

昨日からはうって変わって穏やかな春の陽気で、お散歩日和の日が増えそうな予感。

 

三陸鉄道の全線開通やラグビーワールドカップなど、今年は釜石のイベントが盛りだくさんで

今から楽しみです♪

 

そんな三陸鉄道釜石駅を降りたところにかわいいラガーにゃん?達がおりました。

釜石にいらっしゃる皆様をお迎えしてくれますよ!

 

〜〜お客様からのお葉書〜〜〜

 

歳をとるとDHA・EPAを気にして食生活にエネルギーをそそいでいますが

この「三陸おのや」を知ってからは気持ちが楽になり、

主人の晩酌にもとっても助かってます。

健康に気を使いながらの毎日の食生活(魚中心)、

少しでも健康で過ごせればいいなぁと主人と話しています。

 

和歌山県 U・M様

 

お役に立てているようで嬉しい限りです。やはり健康の基本は食事からですね。

自分もU・M様を見習って、バランスの良い食事を取れるよう気を付けていきたいと思います!

 

|-|-|by onosyokuhin

最近気になった事

こんにちは、コールセンターの阿部です。

 

 普段はあまり好んで新聞を読みませんが、本日何気に新聞を読んでいたら、何と地元大槌に関係する記事がのっておりました。

 内容を要約しますと、

   【東京都のとある会社が、”磯ラーメン” を特許庁に商標登録出願中】

 との記事。

 磯ラーメンは岩手大槌が発祥の地とも言われており、仮に認められれば今までは当たり前に使用していた名称が使えなくなるなど、地元のみならず全国各地に存在する磯の海産物を使ったラーメン ”磯ラーメン” という名称が使えなくなり、かなりの影響がありそうです。正直、決して特定の地域・特産物を指す名称ではありませんので、なぜこんな時期に・・・?と思いたくなります。うまく回避する方法があればと願う次第です。

 

 大槌と言えば他にも”新巻鮭”の発祥の地ということもあり、地元に住みながら歴史を感じる町なんだなぁと思います。何とかこの古き良き歴史を後世に伝え残していきたいものです。

 

 その大槌の中には吉里吉里という地区があり、今の私の地元でもあります。今から30年以上前に独立国ブームで一躍有名になった事があり、また井上ひさし著の”吉里吉里人”でも知っている方も多いのではないかと思います。

 

 その吉里吉里で唯一私が大好きだったものとして吉里吉里ラーメン(自称)があります。

 

 

 

 黄金色のスープにちぢれ麺、地元のワカメもたっぷり入っております。見た目はごく普通の中華そばでしょうか!

 現在は食べることが出来なくなりましたが、東日本大震災後、地元にゆかりのある方が地元に開いたカフェ&バーで食べることが出来ました。私はラーメン通ではありませんが、私の釜石に住む友人(自称ラーメン通)に言わせますと、”全国には美味しいラーメンは山ほどあるけど、このラーメンは少なくとも県内では一番!” とまで言ってもらった事があります。地元の事を褒められるといやな気がしません。また、私が食べてもとてもさっぱりなスープの中に深みがあるというか、とにかく美味しかったという記憶しかありません。

 このお店は昼はカフェ・夜はバーと、夜お酒を飲んだ後のしめにはこれ!

 とっても美味しいんです!

 

 

 

 

 ベトナムのフォーです。知らない方も多いのではと思います。

 とてもさっぱりしていてそれでいてくどくもなく飲んだ後も一杯ペロリと頂けとてもヘルシーな料理です。飲んだ後は好んで食べていました。

 

 震災の復旧工事の為、立ち退きで現在お店はやっておりませんが、またいつの日か食べたいとお店の復活を願っています。

 

 

 

      −お客様の声−

 

いつもおいしいお魚ありがとうございます。お魚はすぐ調理しなければいけないし、骨もあって食べにくく食卓に出すのはサケかブリか...という感じでしたが、おのやさんのお魚のおかげで色んな種類の色んな味付けのお魚をおいしく頂けて感謝です。

 

福岡県 M・U様
 

喜んで頂き何よりです。料理する手間からなのか、私の母もどんな魚でもすぐ焼き物にしてしまう、こればかりは作ってもらっている立場として何も言えませんね。これからもM.U様に感動を与える料理をお届けして参ります。

 

|-|-|by onosyokuhin

ちょこっと歩いてみました〜鵜住居〜

こんにちは。コールセンターの佐々木敏恵です。

 

気が付けば1月も半分以上過ぎ・・・寒さはこれからが本番ですね!

今朝の釜石はうっすら雪化粧・・・いつもより少し早めに出勤。

ん?山を一つ越えたら・・・白くない。一部地域だけ雪化粧のようでした。

 

本番と言えば・・・我が家では東京に住む3人目の甥っ子の中学受験が始まりました。

とりあえず1校から合格をもらいましたが本命は2月1日。今まで頑張ってきた分

本命に合格して欲しいのですが。。。受かったら釜石に行って一か月滞在する!との事。

何かと落ち着かない日々です。

 

 

先日、市内の鵜住居地区をちょこっと歩いてみました。

 

新しい鵜住居駅です。愛称は『トライステーション』

(ラグビーワールドカップ:復興スタジアムの最寄駅)

 

 

可愛らしい小さい駅舎(?)

震災で不通となっていたJR山田線が三陸鉄道に移管され3月23日運行開始です。

8年をかけての復旧です。あの当時はまさか復旧できるとは思っていませんでした。

 

復興スタジアム方面に歩くと・・・ハクチョウ発見!

この時期必ず鵜住居川にハクチョウがやってきます。10羽ほどの集団発見!!

少し離れた所に親子でしょうか・・寄り添う2羽発見。

 

 

 

今年も来てくれたんだと安心しました。

ハクチョウの鳴き声と風の音だけの静かな時間が流れていました。自然の回復力って凄いですね。

 

鵜住居地区はこれから商業施設や体育館が出来る予定です。まだまだこれからです。

自然豊かで暮らしやすい町になって欲しいな・・・と思います。楽しみです。

 

 

※お客様の声※

 

味付けに工夫された色々なお魚を美味しく頂いてます。特に「カレイ煮付」は孫のお気に入りで喜んで頂いてます。手軽にお魚が食べられて嬉しいです。

(神奈川県 S・M様 お葉書)

 

喜んでいただき大変嬉しく思います。「カレイ煮付」は人気のある商品です。脂ののったカラスガレイを使用して醤油ベースで煮付けた「カレイ煮付」はご飯にあいますよね!これからもご満足いただけるように努めて参ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

|-|-|by onosyokuhin

新巻鮭を食す

コールセンターの佐々木由香です。

 

1月14日は成人の日という事で、綺麗な振袖姿の新成人をあちこちで見掛けました。

 

例年この時期は、風が強かったり雪だったりと、新成人には気の毒な荒れた天気なのですが

 

今年は天気にも恵まれて良かったなと思います。

 

 

この寒い季節に、我が家の食卓に頻繁に登場するのが新巻鮭です。

 

今年は自分の家では作らなかったので、御歳暮で貰ったものを食べています。

 

鮭の塩漬というだけあって、焼き目とともに表面に塩が見えてきます。

 

 

少し塩辛いくらいが丁度良い新巻は、白飯との相性が抜群です!

 

塩辛すぎる部分はお茶漬けで食べるのがオススメです。

 

おにぎりの具としても重宝しています。

 

食べ過ぎると喉が渇くので要注意です!!

 

三陸おのやでも「三陸産サケ新巻づくり」をご用意しております。

 

サケの旨みをお楽しみいただける人気の商品です!ぜひご利用下さいませ!

 

〜〜〜お客様からのお葉書〜〜〜

毎月、届くのが楽しみです。煮汁も切干大根やひじきの煮付けに使うと

コクのある美味しい味になり、捨てるものなく使っています。

これからもよろしくお願い致します。(埼玉県 S・T様)

 

 

お役に立てて嬉しいです!

煮魚は煮汁を多めに加えております。

ぜひ今後も色々なお料理にお役立ていただければと思います。

 

 

 

 

 

|-|-|by onosyokuhin

水族館

こんにちは、コールセンターの佐々木李美です。

本年もよろしくお願い致します。

 

新しい年を迎えましたが、いかがお過ごしでしょうか?

 

私はお正月休みを利用して、「仙台うみの杜水族館」に行ってきました。

普段魚を見ることが多い私ですが、魚たちのありのままの姿を見るのは久々で、

とっても楽しかったです。

 

写真をいくつか紹介したいと思います。

「Sparkling of Life & Music」という、25,000尾のマイワシが主役のショーです。

音楽や映像と共に躍動感あふれる泳ぎをするイワシたちの姿に目が離せません。

 

通称、パンダイルカと呼ばれているイロワケイルカです。

仲良くボール遊びをしている姿に癒されました。

 

幻想的な雰囲気の中ぷかぷか泳ぐクラゲです。

ぼーっと眺めていると時間を忘れてしまいそうでした。

 

ダイナミックなジャンプはお見事でした!

こんなふうに飛躍の年にしたいものですね。

 

また是非行ってみたいと思います。

 

お客様の声

食してみますと加工前はすごく新鮮なのがわかります。

あと、ゆず使用の場合など、後からゆずがしっかりついてくる感じで

上品にいただけます。

(山形県 T・K様お葉書)

 

 

味わいながらお召し上がりいただき大変嬉しく思います。

今後も、一切れ一切れ丁寧にという事を心掛け、商品作りを行って参ります。

 

|-|-|by onosyokuhin

新巻鮭の作り方

コールセンターの鈴木です。

 

クリスマスも終わり、お正月モードまっしぐらですね〜

 

 

先週から我が家に年末の風物詩が登場しました。

 


 

「新巻鮭」です。どうやらワンコも狙っているようですね…

 

子供の頃は至る所でこの光景を目にしましたが、最近はめっきり減りました。

鈴木家の御歳暮は毎年自家製の新巻鮭一本モノですが、

送り先の方がさばけない(器具が無い)という問題もあり、

ここ数年は下した状態で送るケースが増えました。

 

鈴木家の新巻鮭製造工程をご紹介しますと、、、

 

 

_湛

未加工の生鮭を良く洗い、腹を裂いて内臓・エラを全て取り除きます。

※鮭はオスを選別します。メスはオスに比べると腹肉が貧弱な為です。

※たわしで良く洗う事で仕上がり後の銀光に差が出ます。

※脊髄部分に頑固な血合いがありますが、スプーンを使ってかき出すと仕上がりが美しくなります。

 

∋店み

全身に塩をすり込みます。加減はご家庭により様々ですが、我が家は塩に埋める勢いで仕込みます。

※腹の中、口、目など全ての箇所に塩をすり込みます。

 

熟成

仕込んだ鮭を容器に入れ重石をして5日〜1週間程度寝かせます。

※鮭から大量に水分が出るので容器に脱水穴があると便利です。

寝かせた後は全ての塩を洗い流すのですが、少しでも塩が残ると、

干した時皮の表面が粉を吹いたように白くなり、見栄えが悪くなるので丁寧に洗います。

※塩加減調整の為、しばらく真水に漬けて調整する場合もあります。

 

せ転紊

風通しの良い場所に1週間程度干して完成です。

※全身に風があたるようにエラからひもを通して頭を上にして吊るし、

 腹にも風が通るように割り箸を使用して、腹が開きっぱなしの状態に形成します。

 

 

書くと簡単ですが、子供の頃の冬休みは必ず新巻鮭作りを手伝わされ、

おかげ様で魚をさばく事に抵抗が無い大人になりましたが、

それはそれはとてもしんどい思いをした記憶があります@_@

 

 

そんなしんどい思いをせずとも、数分でお召し上がりいただけるように、

三陸おのやでは「三陸産サケ新巻づくり」をご用意しております!

 

残念ながら年内のお届けは終了とさせていただきましたが、

ドンピシャ旬のお魚料理ですので、是非お試しくださいませ。

 

 

>>お客様の声<<

お正月用のナメタ頼みました。娘達も帰って来て、少しは賑やかな食卓になるでしょう。楽しみです。

−宮城県 M・O様 お葉書−

 

 

三陸の中でも特に宮城県の方々は、年越しにナメタガレイをお召し上がりになる風習が強く根付いていますよね。

そんな大切なイベントに私共の商品をお選びいただき非常にうれしく思います。

これからも宜しくお願いいたします。

 

 

|-|-|by onosyokuhin


ご注文・お問い合わせはこちら

受付時間 9:00〜17:00 月〜金(祝祭日を除く)
24時間受付

注文用紙のダウンロードはこちら