三陸おのやブログ

     三陸釜石から、「美味しいお魚料理」に
               取り組む、奮闘記です
  

二度あることは・・・

営業の むらかみ です。

 

週末は 鹿フィーバーでした。

鹿を見かけるのはそれほど珍しい事ではないのですが、3日連続で、

普通でない遭遇をしました。

 

まずは、金曜日の朝 通勤時。もうすぐ会社に着くという所の国道で、

車にひかれたと思われる鹿が横たわっていました。車の部品等が散乱

している様子がなかったので、大型のダンプ等が接触のかもしれませんが、

軽自動車とかだとかなりの大事になっていたのでは・・・

 

その翌日は、釜石の市内 繁華街の外れで鹿に遭遇。薄暗くなった所で、

釜石市内の裏道を車で走行。交差点の先で道の真ん中に子供が立っている

ような影が見えました。近づいてみると、立派な角の生えた鹿でした。

道路をふさぐように立ち止ったままで数10秒にらめっこ。その後、街中の

方に立ち去って行きました。

 

そして更に翌日でした。

 

映りきっていませんが、10数頭はいました。この後ろは住宅街です。

かわいい小鹿も交じっていたので、子供は喜んでいましたが、農家の方から

見ると “害獣”。

 

鹿は、岩手県が本州の北限らしく、保護されていた事もあったようですが、

もともと繁殖力が高く、狩猟者も減少している事もあり増えてきている

みたいです。鹿問題はコチラもどうぞ。

 

 

話は変わり、今週は大阪出張。

前回の大阪の出張は、ちょうどあの地震の日。そして今回は、台風が・・・

まだこれからですが、交通機関が昨日のウチに運休等発表し、混乱は

避けられない状況?

やはり、前回同様 テレビニュースの情報にくぎ付け状態。何かいつもと

違う台風だ みたいな話もありますが、大きな被害が出ない事を願う

ばかりです。

 

 

 

 

 

 

|-|-|by onosyokuhin

夕方の漁港とメバル

こんにちは。

営業の生田です。

今日の釜石市の気温は約30℃ほどです。

関西の家族からはうらやましがられる温度ですが、

こちらにいると、それでもとても暑く感じます。

 

私は高校生の頃、山奥で寮生活をしていて、

夜はすることがなく、良く小説を読んでいました。

こちらに来て、夜の読書を再開したのですが、

海の近くで本を読むと心地が良いことに

気がつき、お休みの日は時々本を読んでいます。

 

 

朝は活気がある漁港ですが、

夕方は人がいなくて、本当に静かです。

 

 

私以外は誰もいなく、機嫌よく本を読んでいると、

学校帰りの中学生が登場し、釣りを始めました。

 

お互い、近くにはいるけれど、お話はせず、

良い距離感でしたが、中学生は

私が本を読んでいる間に、

魚を沢山釣って、釣って、釣りまくっています。

 

やっぱり気になって、話しかけてしまいました。

「何釣れんの?」

「メバル。たくさんいるよ。」

 

 

中学生によると、メバルは今の時期、

海面にいるので、どこにいるかを確認して

竿を投げると、どんどん釣れるそうです。

 

メバルと私の写真も撮ってくれました。

 

 

最後に「ここ、良くいるんで。またね!」

と言ってくれ、メバルが引き合わせてくれた

新しいお友達が私に出来ました。

 

メバルの他にも、サバも沢山釣れるそうです。

 

部活帰りに食べ物を釣ってくる中学生なんて、

ご家族の方は幸せだなあと思いました。

 

 

|-|-|by onosyokuhin

釜石魚市場

営業の むらかみ です。

 

困った時は 魚市場 ・・・ 独り言でした。

 

今朝は、釜石市場に行って来ました。

 

 

 

サバが結構 揚がりはじめているのですが、今の時期は小型のものが中心。

それでも中には、大型のものも見られました。

 

また、アジも刺身にしたくなるような型の良い物があがっていました。

 

それ以外にも、ブリやサワラや、フクライなど、いろいろな種類の魚が

揚がっていました。春先は、哀愁を感じるような状況でしたが、たくさんの

氷が飛び交い、活気が出てきたなと感じました。

 

お盆が過ぎると、サバ・サンマ・イカそしてサケなど 三陸を代表する

魚たちの 漁獲の最盛期となってきます。いろいろな予報等が出ているようですが、

もっと賑わう事を期待したいです。

 

 

 

|-|-|by onosyokuhin

”涼”を求めて

営業の むらかみ です。

 

テレビを見ていたら、気象用語の最上級は「猛暑日」と言って、最高気温が

35℃以上の日を指すとの事で、さらに上の表現が検討されれているとか・・・

こんな事を書いているだけで 汗がでてきます。

 

7月も中旬となり、先週・今週末 岩手の海では、海開きのイベントがいろいろな

海岸で行われていました。全国的に見れば、まだ暑さはゆるいのかもしれませんが、

それでも30℃を超えてきますので、結構暑いです。

 

と、言う事で、週末 むらかみ家は、“涼”を求めて、山の方に行ってきました。

釜石と遠野の間にある山の中に ちょっとした鍾乳洞があり、間違いなく

涼しいだろうと言ってきました。

 

軽い気持ちで家族4人で出かけたのですが、入口で 長靴・ヘルメット・ジャンパー

の着用。入口すぐから いきなり気温10℃程度の異世界でした。

 

しかも、天井が低い所が随所にあり、ヘルメットをゴツゴツぶつけながら進む状態。

入ってから築いたのですが、最奥まで880メートルもありました。

 

ちょっとしたと言いながら、実はこの最奥にあるのは、洞内のモノとしては

日本一になる滝でした。

 

 

 

 

 

行って戻って 約1時間。見学用に手すり等整備されているとはいえ、時折

屈みながら進む難所もあり、10℃の世界でも、ヘルメットの中は汗ダクに

なっていました。途中に化石なんかの説明もあり子供たちはちょっとした

探検気分で楽しめました。

 

じつは、ココ あの有名な推理小説 金田一耕助シリーズの 八つ墓村の

映画のロケ地になったところでした。

 

 

 

軽い気持ちで行って見たのですが、予想外にハードで充実した“涼”でした。

 

|-|-|by onosyokuhin

穴場を発見

営業の むらかみ です。

 

3連休は 部活・部活・家族サービス と充実した3日間を過ごさせて

いただきました。

 

家族で久しぶりに ブルーベリー狩りに行ってきました。

 

 

ブルーベーリー狩りをはじめ、いちご・ぶどう・さくらんぼ等 フルーツ系の

“狩り”は、子供も大人も楽しめるのが良いのですが、岩手県内では 盛岡や

花巻方面の いわゆる内陸部がさかんで、車で片道2時間コースがお約束です。

 

しかし、今回の ブルベーリー狩り ・・・ 実は釜石市内でした。

子供の友達からの情報でしたが、ネットで検索してもあまり積極アピールはなし。

実際現地に行っても、ちょっと入り込んだ所にあるのですが、ブルーベリー狩りを

アピールする看板はなく、この先にその農園がある旨の手書き看板(小)が

あるだけでした。

 

小規模でやっているような感じで、あまり広くもないので、団体様が押し寄せたら

とても対応できるような所ではないようでした。お昼前の時間で貸切状態で、

ちょうど帰ろうかとい頃にもう1組やって来るといった状況でした。

 

食べ放題+お土産用 1パック付(自分で摘み取り) お得な感じの値段でした。

 

帰り際に、とかくの産直店に寄ると、その農園のブルベーリーのパックが販売

されていましたが、同じ大きさのパックに8分目まで入って、狩りとほぼ同等の

価格でした。

 

良い穴場を発見しました。

 

|-|-|by onosyokuhin

三陸のお魚

営業の むらかみ です。

 

取引先様が打ち合わせのために来社。夜は釜石市内で会食となりました。

 

魚だけでなく、野菜や肉もいろいろ美味しいお店なのですが、中盤に焼魚が登場。

地元産の“サワラ”の塩焼でした。

 

 

“サワラ”は、あまり東北では馴染みのない魚ですが、ここ数年は 大量に水揚げ

される事もあります。

 

同席のお客様も、業界の方なので 見ればすぐにサワラ・・・しかも魚体の

小さいやつと分かり、口には出しませんが、ちょっと期待外れ感が・・・

しかし、食べてみると絶品!身がソフトで、新鮮なため薄味でも臭みが

全くなく、むしろ上品な風味が感じられました。

 

業界人同士、旨い魚を食べるとホッとするという話をしながら、ついつい

予定以上のお酒を飲んでしまう事になりました。

 

そんな“サワラ”ですが、三陸おのやでも、良質の三陸産のサワラメニュー

取り扱っています。

 

三陸産サワラ照焼

 

 

 

釜石ではありませんが、岩手県内で水揚げされた良質の本サワラ。

数量に限りはありますが、脂のりが良く、自社の商品を言うのも何ですが、

結構良い仕上がりになっています。

 

 

 

 

 

|-|-|by onosyokuhin

ストレス

営業の むらかみ です。

 

部活や習い事、地元の唐揚げイベントと、何かと子供の行事が

続いていますが、その合間を縫って ゴルフの練習と・・・

出来ませんでした。

 

いつもより早い 営業開始10分以上前に到着したのですが、すでに

満席状態。改めて午後に、子供の送迎の合間に行って見たら空席あり。

中に入ったら、休んでいる先客に「球切れでクローズだって」と言われ

2度目の退散。

 

無理やり探した“救い”は、朝行ったときに 鹿がいた事。子供が喜んで写真を

撮っていました。

 

 

この後、車が来て驚いた鹿たちは、後方のゴルフ練習場のフィールドに侵入。

120ヤード付近のサイドネット際にとどまっていた所で営業スタート。打球音が

鳴りはじめました。さすがに、鹿の近くに打ち込む人はいませんでしたが、

午後に来たときはいなかったので、おそらく大変なストレスを受けながら、

山に戻っていったのではと思います。

 

 

ストレスと言えば、ここ数年 仕入れ担当を悩ませる季節が到来しました。

 

三陸おのや 自称“名物” の三陸産イカ姿煮 。6月から7月にかけて三陸沿岸で

水揚げされる 小ぶりのスルメイカ(通称:小スルメ)を使用します。

小スルメは、身が柔らかく、煮付にすると最高なのですが、ただ軟らかいだけ

でなく、プリッとした食感を出すには水揚げの当日に調理が必須になります。

 

以前は、この時期になれば、天候さえ良ければ、毎日のように水揚げがあり、

原料調達に苦労する事はなかったのですが、とくに震災後は、海の状況も

変わってきたようで、イカに限らず、いろいろな水産物の水揚げが読めない

状況になっています。

 

台風が近づいてきて非常に不安に感じている中、本日(6/11)無事に原料を

調達する事ができました。あとは続いてくれることを願うばかりです。

 

毎年恒例の人気メニュー 準備が出来次第 ご案内させて頂きます。

 

 

 

 

|-|-|by onosyokuhin

ちょっとだけ新商品の紹介

営業の むらかみ です。

 

日曜日 家の近くを散歩をしていたら もうちょっとで出来そうな所があったので、

写真を撮りました。

 

 

 

今、進められている三陸自動車道の、釜石北から大槌インターにつながる道路の

橋です。長いトンネルも出来ているので、あとは、この橋がつながりインターが

出来ればというところまで来ました。

 

釜石と大槌をつなぐ道路は、国道45号線になるのですが、一部大雨になると

冠水してしまう所があり、そこが通行不能になると、迂回路がなく寸断されて

しまう事になります。

 

簡単に言うと、通行止めになったら、釜石で仕事をしている むらかみ が、

大槌にある家に帰れなくなるという話です。

ここの道路が開通すれば、そうした心配もなくなるだけでなく、普段の通勤等の

移動も大変便利になります。

 

そういえば、1月に開通した 釜石より北にある、山田と宮古をつなぐ道路、

難所の峠を回避できるのでかなりの時間短縮。宮古方面の釣り船までの時間が

大幅短縮になったので、大変重宝しています。

 

 

ちょっとだけ新商品の紹介のコーナーです。

その 山田から調達している 三陸おのやのカキ製品。生産真っ最中ですが、

今年は、新商品 三陸産カキのクリームスープ 出ています。カキの旨みが

凝縮されたクリームスープです。

限定生産となりますので、お早めにどうぞ。

 

 

今朝、たまたま初回生産ロットの試食がありました。自社の商品を言うのも

何ですが、良い仕上がりでした。

|-|-|by onosyokuhin

世界レベル

営業の むらかみ です。

 

週末は、ものすごく久しぶりのスポーツ観戦。

盛岡で、テニスの国際試合 デビスカップという大会が開催。

テニス部の娘の特権で日本戦のチケットが入手でき、雪道の中

盛岡まで行ってきました。

 

なにげに、学生時代テニスをやっていた むらかみ ですが、

プロの試合を間近で観戦するのは初めて。サイドシートという

特設の席とのことでしたが、行って見たらかなり近かったです。

 

 

 

席に座ってのイメージがこんな感じで、さすがに手は届きませんが、

選手の表情等もわかるくらいでした。

 

4時間にわたる大熱戦の末、日本チームの方が負けてしまったのですが、

世界レベルの試合をこの距離で見られたのは、貴重な体験でした。

 

スポーツ観戦と言えば、ラグビーのワールドカップ 釜石も会場の1つですが

来年です。よく、釜石はラグビーの聖地みたに言われたりして、むらかみも

「釜石から来ました」というと、勝手にラグビーをやっていたと思われ、

話をされるのですが、全くの無知です。地元では、いろいろな意見も

ありますが、世界レベルの試合が釜石で行われるというのは、貴重な事

なので、チャンスがあればと思います。

 

 

そんな むらかみ も今週 今年に入って2回目の海外出張。

残念ながら “世界レベル” の仕事とまではいきませんが・・・

 

|-|-|by onosyokuhin

小さな幸せ

営業の むらかみ です。

 

新年を迎えたと思ったら もう月末。今年も早い1年がスタート

している訳ですが、何だか今年は、調子が良いです。

 

会社の新年会でのビンゴ大会で、前代未聞? 3コールでリーチとなり、

さすがに4コールでのビンゴとはなりませんでしたが、ぶっちぎりの

1位で商品GET。ここで1年の運を使い果たしたのでは?と思ったほどです。

 

しかし、その後もなんだか、ちょこちょこ“小さな幸せ”が発生しています。

 

日曜日は、釣り部の非公式活動で、タラ釣りに行ってきました。

道具もわりとヘビーで、波風の強い時期なので公式行事に向かないので、

自主的に参戦。

 

先週は、東京もそうでしたが、大雪が降った後の寒波。家族や会社のメンバー

からは、なんでこんな時期にという声も上がる中だったのですが、

なぜがこの日は、天気も良く、波は穏やかとは言えませんが、それ程でもなく、

確かに気温は低かったですが、コンディションは悪くなかったので、

“小さな幸せ”でした。

 

しかし、釣果は最悪。最近、良く釣れいていという事で、ウキウキ気分から

前日良く眠れなかったというメンバー数名。今まで一番釣れない日と

なってしまいました。そんな状況の中 “ちいさな幸せ”で本命GETしました。

 

 

 

狙っていた超大型ではありませんが、60cm強のマズマズのサイズでした。

残念ながら白子は入っていませんでいたが、釣った日の当日の 刺身は最高でした。

 

その日に 魚を処理するにはちょうど良い量だったのですが、釣り的には

不甲斐ないのでリベンジ必要かもしれません。

 

家に帰ったら、スーパーのビンゴ大会で、娘が約1,600円相当のいちごをGET。

デザートもばっちりでした。

 

 

 

先週開催した Web直売会 盛況のウチに目玉商品は完売となりました。

次回は、4月に開催予定です。今からたくさん商品を準備していきます。

 

 

 

|-|-|by onosyokuhin


ご注文・お問い合わせはこちら

受付時間 9:00〜17:00 月〜金(祝祭日を除く)
24時間受付

注文用紙のダウンロードはこちら