三陸おのやブログ

     三陸釜石から、「美味しいお魚料理」に
               取り組む、奮闘記です
  

初もの

営業の むらかみ です。

 

朝からハイテンションのうちのママ。

 

「雪だ〜」

 

外を見ると、想像していた白い世界ではなかったのですが、

 

 

写真では、分かりづらいと思いますが、降っているというレベルではありませんが、

ヒラヒラ雪が舞っていて、車の天面をうっすら白くしています。

 

今シーズン 初雪です。(タイヤ交換しておいてよかった〜)

 

 

零和元年 もう今年も残すところ・・・ という話が始まりますが、三陸おのやも

お歳暮ピークに入って来ています。

 

以前に予告していた、新商品 「活ブリ幽庵焼」も当ショップで販売スタートしています。

 

 

 

活〆をして、お刺身鮮度のブリをゆずをきかせたタレで焼き上げています。

上品な風味のタレは、ブリの旨みを引き立てています。

価格も 活ブリ価格でご案内中。地域によっては年取り魚として年末の食卓

でのごちそうメニューとして扱われています。

 

ちなみに、年取り魚は、もともと年末(大晦日)の夕食に添えるごちそうメニュー

を言うらしいのですが、お正月のごちそうでもOKです。

|-|-|by onosyokuhin

獲れたての魚

営業の むらかみ です。

 

最近、朝の日課は、車の霜取りです。昨日は、フロントガラスが

すっかり凍った状態でした。

 

久しぶりに、釣りに行って来ましたの報告です。

実は、つい先日(11/3)小野食品 釣り部のコンペがありました。

外部のお客様も加わり 総勢13名 カレイ釣り大会を開催しました。

 

残念ながら特筆する話題もなく、優勝や大物賞は外部の方に持っていかれ

てしまいました。晩ごはんのおかず位は釣れたのですが・・・

 

実は、今週も釣りに行って来ました。

 

 

 

これで全部じゃないですよ。比較的大型の刺身用です。

ちなみに、“アイナメ”と“ソイと”という魚です。

 

これを刺身にすると

 

 

素人盛り付けですが、氷締めした新鮮な白身魚は、歯ごたえもあり最高です。

比較的、小さい物は 塩焼 と 煮付 にしましたが、やはり臭みもなく、

家族4人で完食でした。(写真撮り忘れ)

 

 

三陸おのや商品でも、水揚げ当日調理限定のメニューがあります。夏にこの

地域で獲れるイカを使用した 三陸産イカ姿煮 ですが、今期はすでに

販売終了(在庫なし)となっています。また、来年ご期待くださいといった

ところですが、こうしたメニューを増やせればと考えています。

 

 

 

|-|-|by onosyokuhin

コミュニケーション

営業の むらかみ です。

 

この度の台風で、災害に遭われたに心からお見舞い申し上げます。

 

当社の方は、特別大きな被害等はなく、大丈夫でしたが、釜石市内や

近隣でも大きな被害を受けられたところもあり、改めて自然の怖さを

痛感しました。

 

 

先週末は、業務用取引先の展示会がありました。今回は、特別に

普段、受注や書類等の依頼を受けている事務所のスタッフにも

参加してもらいました。

 

普段、お客様と接することはないのはもちろんですが、取引先の内勤の方

とは、電話でのやりとりだけなので、顔合わせして歓声を上げていました。

こうしたコミュニケーションも大切ですね。

 

 

天候事情により、早めの閉場となってしまいましたが、当社商品のアピールを

してきました。

 

|-|-|by onosyokuhin

釜石のイベント

営業の むらかみ です。

 

この時期は、週末 各地域の秋祭りが行われています。

神社絡みのお祭りだけでなく、様々なイベントが行われ、

まさに、イベントラッシュ。

 

この週末は、“釜石まるごと味覚フィスティバル”が開催されました。

以前から行われているイベントで、地元の食材だけでなく、

友好都市からの出展やイベント、そして今年に限っては、ラグビー

ワールドカップに関連するイベントも同時開催でした。

 

今年は、最悪の水揚げ状況が続く例の魚のお振舞。場所によっては、

中止しているところもある中ですが・・・

 

 

 

 

炭火で焼き立て、とても美味しかったです。

 

 

また、この日 第1回ラグビーけんだま大会 がほいそかに(?)開催。

成り行きで、ウチの息子(小5)出場しました。

けんだまの玉の部分がラグビーボールの形をしている特注品。その通り

楕円形の玉なので、普通のけん玉とはちょっと違う動きで難しそうでした。

 

残念ながらウチの息子は、入賞できませんでしたが、始まるまで必死に練習。

集中している姿を見たのは久しぶりです。

 

ちなみにその“ラグビーけんだま” 市販されていないようでした。

量産体制もない特注品なので売るとしたら 1個 ○万円になるとの事でした。

 

 

 

|-|-|by onosyokuhin

新メニューに挑戦

営業の むらかみ です。

 

7月も後半に入り・・・という所ですが、結構涼しめな感じで、事務所の

女性陣の中には、カーディガンで足らずに毛布をかぶる人までいます。

むらかみ は、半袖+マイ扇風機稼働中ですが・・・

 

週末に、昨年行けなかった ヒラメ釣りに行ってきました。

2年前に初めて行ったとき、結構大物が釣れていた思い出があったので

期待大でした。

 

開始早々 約70cmの大物が ・・・ 自分ではなくヒラメ初挑戦のメンバー

でした。その後、長い長い 修行(※)の時間が続き 結果は小物1枚+

何故か サバ1匹。

 

※釣れない時間が続くことを前向きに”修行”と呼んでいます。

 

それでも船内最下位ではなかったので良かったといえばよかったです。

 

その日の1番の大物、釣った本人が処理できないという事になり、むらかみ家に

来ることになりました。

 

 

 

刺身用に卸した 柵とエンガワ 半分以上頂いてしまいました。

やはり、新鮮なヒラメの刺身は最高でした。残りは小分けにして、マリネを

作成して冷凍保存で、しばらく余韻にひたれます。

 

そして、新たなチャレンジ  大型ヒラメの骨せんべい

むらかみ家伝統の カレイ骨せんべいの豪華版 新メニューの挑戦です。

 

 

 

揚げ物鍋に入らない大きさだったので、4分割にして揚げました。

もちろん骨も太いので、いつもの3倍くらいの時間をかけて・・・

 

やはり、これだけ大きいと太い中骨は硬くて食べられませんでした。

でも、細めの骨はいけました。ついついすすんでしまい、大量の油の摂取?

ちょっと もたれ気味でした。

 

 

 

ちなみに、カレイ と ヒラメ 一般的に目の向きで判別されたりしますが、

実は、違う魚です。カレイ科・ヒラメ科と別になっています。基本 カレイは

虫やエビなどを食べますが、ヒラメは、小魚を中止とした肉食なので、口が大きく、

歯が ギザギザ しています。

 

日本では、“カレイは右向き”と教わっている方も多いかと思いますが、海外には、

カレイ科の魚でも左向きの種類ももあるようです。

 

 

 

 

 

 

|-|-|by onosyokuhin

もしかしたらピンチ

営業の むらかみ です。

 

そろそろ釜石でも衣替え完了と思ったら、先週 事務所で

暖房がついている日がありました。

 

6月も2週目という事で、毎年恒例の 季節メニューの製造が始まる

時期になりました。

 

三陸産イカ姿煮  地元で水揚されたこの時期の小型のスルメイカを

水揚げ当日に、煮付に調理加工するという 産地にある工場にしか

できないスペシャルメニューです。

 

頼みの綱は、水揚げ と言う事で、釜石市場に行って来ました。

 

 

 

たまたま、この日は、お休みの定置網も多く、全体的に魚が少なかったのですが、

お目当てのスルメイカは、皆無な状態。昨年も、不漁と言われながら、この時期には

少しまとまった漁があったのですが、今年はサッパリの様相。

 

もしかしたらピンチです。

 

とにかく、お祈りをするしかないですね・・・

 

こんな感じでも、突然水揚げが始まる年もあったので、心の準備をしておきます。

 

 

下の写真は 15kgのヒラマサという魚です。

こんなのが釣れたらなあ・・・と言う所ですが、定置網に入ったという事は、

船釣りで行くあたりの海にこんなのが いるという事です。

 

 

|-|-|by onosyokuhin

貴重な映像

営業の むらかみ です。

 

先週末の 体育祭で、頑張った息子が、頭皮のやけどで・・・

むらかみと同様に、ベリーショートヘアのため、炎天下でのハチマキ姿。

顔は、赤く日焼けでしたが、頭皮は水ぶくれを通り越して、化膿状態。

 

釜石市内ではないのですが、普通に日曜日に営業している皮膚科の

病院があったので、診てもらってきました。

でも、ここの病院 普段から平日に休診日を設定して、基本日曜日営業。

会社や学校を休まずに通院できるのは良いですよね。

都会では、仕事帰りに通える時間にやっている病院・歯科などもあるよう

ですが、田舎の方ではなかなかありません。

 

 

釜石では、3月に 三陸鉄道が全線開通して、全国ニュースになっていましたが、

もう一つの鉄道名物 SL銀河 今年も運行しています。花巻と釜石の間を

土日にかけて週1回の往復。普段 あまり意識していないのですが、街中で突然SLの

汽笛が聞こえるで驚く事もあります。

 

週に1往復・・・具体的には、土曜日に 花巻⇒釜石で、翌日の日曜日に 釜石⇒花巻

というスケジュールなのですが、釜石に到着した後、反対方向に折り返す訳で・・・

いわゆる Uターン が必要です。

 

実は、今回特殊なルートで、その貴重な映像を入手する事ができました。

 

 

 

撮影者は、内緒ですが、映像スタート時に左の方に映っている影のようなものは、

むらかみの妻の“指”と思われます。

 

日中はすっかり半袖でも大丈夫な気候になりましたので、機会がありましたら、

是非、釜石の方に遊びにきて頂けたらと思います。

|-|-|by onosyokuhin

絶好調

営業の むらかみ です。

 

いろいろ疲れがたまって、先日 広告で見つけた タイ式マッサージの店に、

妻と2人で行って見ました。むらかみは、体質的に肩はこるのですが、にぶい為、

自覚症状があまりありません。以前に整体師の方から 放っておくと大変な事に

なると言われたことがありました。

 

そういえば、最近頭痛が・・・と言う事で、施術を受けたらスッキリしました。

 

ウチの妻の方は、腰痛の方がひどくて、他の治療院でも見てもらったことが

あったのですが、今回は一発で良くなったみたいでした。なんでも、施術される方が

妻と同様の症状で苦しんだ経緯があるとの事で、原因が明確に分かっていました。

 

やはり原因がはっきりすると、きちんと対処できるという事なのでしょうが、

一発で治ると、通わなくて良いので商売的には・・・とも考えてしまいます。

いずれにしても、体の不安がとれるというのは良い事ですよね。

 

 

と、言う事で、絶好調の妻が、むらかみ家の一角の 通称:“ママの畑” を整備しました。

数年ぶりの 農作活動再開です。

 

 

 

田舎住まいにしては、決して広いスペースではありませんが、日当たりは

そこそこ良いです。本来の畑スペースに加えて、フェンス脇のスペースに

特設の畑も作成。とりあえず、トマトやナスを仕込んでいました。

 

今後は豆系も予定しているとの事で、収穫が楽しみです。

 

 

 

三陸おのやのギフト セブンイレブン でも取り扱っています。

当サイトでは購入できない オリジナルのセットとなっております。

 

★オムニ7 ギフトトップページ

https://7net.omni7.jp/basic/s100000

|-|-|by onosyokuhin

部活スタート

営業の むらかみ です。

 

この週末、釜石では桜がすっかり咲きました。この様子だと

来週の大型連休まで持たない?

ついこの前、雪が降っていたのに・・・と言う感じです。

 

新年度 初の “部活” は カレイ釣り でした。

釜石から南の方へ出向き、いつもと違う形式での釣り方に

戸惑いながらも、船内では 良型のカレイが、バンバン釣れていました。

 

その中で、すっかり出遅れた むらかみ。いろいろ仕掛けを変えたり、

船内の場所を変えてもらったりするも、大苦戦。

 

 

大型のアイナメと、マコガレイは刺身にしてあとは、子供が喜ぶ から揚げ

にして、恒例の 骨せんべい も登場。このほかに、アラ汁を作りました。

 

夕食には格好つく程度は釣りましたが、新年度 幸先の良い出だしとは

なりませんでした。

とはいえ、久しぶりの超新鮮な魚料理に 家族全員 大満足でした。

 

 

 

北三陸産わかめ(湯通し塩蔵カットわかめ) 好評発売中です。

岩手県の北の方の 潮の流れが早い地域で育った歯ごたえのあるワカメです。

三陸おのやのお客様向け限定で、特別に小口カットしていますので、

塩抜きするだけで、サラダや。味噌汁の具などにお使いいただけます。

 

 

 

 

繰り返しになりますが、カット済で販売しているのは 当社だけですので、

魚惣菜のご注文と合わせてご利用いただけたらと思います。

 

 

 

 

|-|-|by onosyokuhin

今シーズン初

営業の むらかみ です。

 

今朝(2019年2月12日)の 大槌町(自宅前)です。

 

 

昨日の夕食時には、全く雪が無かったのですが、朝になったらこんな状態。

気温は、マイナス5℃。でも、意外と寒く感じませんでした。

 

雪が降ったのは、今シーズン初ではありませんが、ある程度積もったので、

今シーズン初の 雪かき 確定 ・・・ と言いながら、自分の車の雪だけ

下ろして、出張に出てきてしまいました。

 

今シーズン初といえば、日曜日に タラ釣り に行ってきました。

前評判では、結構釣れているような情報だったのですが、前日は、全く

ダメだった情報もあり、複雑なテンションでのスタートでした。

 

この時期にしては、海上の波風は控えめで意外と寒くない絶好のコンディション。

 

同じ船内では、小型中心で苦戦する人も入れば、超大物を釣り上げそのままダウン

する人など様々でした。そんな中、むらかみは、そこそこコンスタントに

釣れていました。超大物はありませんが、小物からそこそこサイズまで・・・

 

一般的に、この釣りは 電動リールを使用するようなのですが、中々の予算が

必要なので、小野食品メンバーは、1名を除いて ハンドパワー仕様。

約100メートルの深さのところから、数kgのタラを釣り上げます。

 

むらかみは、途中から両腕があがらない状態になってしまいました。

“月曜日休みで良かった” ・・・ 独り言です。

 

新鮮なタラは、刺身にしても、汁物にしても最高です。

でも、残念ながら今回も 白子 には恵まれずでした。

腕が回復したあたりで、今シーズン もう1回くらいですかね・・・

 

 

三陸おのやでは、こうした三陸産のタラを使用した人気メニューがあります。

白身魚の揚げ煮” です。鮮度良いマダラを調理しています。

 

 

 

 

“獲れたて生”とはいきませんが、筋肉痛になる事なく、三陸産のマダラを

お召しあがりいただけます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|-|-|by onosyokuhin


ご注文・お問い合わせはこちら

受付時間 9:00〜17:00 月〜金(祝祭日を除く)
24時間受付

注文用紙のダウンロードはこちら