三陸おのやブログ

     三陸釜石から、「美味しいお魚料理」に
               取り組む、奮闘記です
  

<< お客様の声 | main | ただいま、準備中! >>

バジルソース

 店主の小野です。

私の仕事は、魚料理に関することで、基本 和食です。

でも、私はフレンチやイタリアン、中華などいろんな料理を食べる事はもちろんのこと、
見よう見まねではありますが、料理を作るのが大の楽しみです。

社内で、そんな話をしていたら、ブログに・・・・との声が上がり(ホントか?)、よって、
「男の料理」というカテゴリーを作り、時々そんな話題をアップすることに致しました。


さて、今回のテーマは、「バジルソース」作り。
これが、その完成品です。

作ったことのある人は、お分かりでしょうが、実は、これって、とても簡単にできるのです。
そして、特に作り立ては風味が抜群で、一般的に市販されているものより美味しくできます。



















まずは材料ですが、まずはバジル。
今年のゴールデンウイークに入手した苗でしたが、連日の猛暑で、予想以上に育ちました。







後は、松の実、生ニンニク、オリーブオイル、そして、塩とコショー。
 ただ、素材がシンプルなだけに、良い材料を使うとやっぱり美味しさがアップします。ちなみに、私が使っている塩は、カメルグの塩(フランスの塩田の一番結晶)。オリーブオイルは、先日東京で購入してきた南イタリア産。もちろん、ブラックペッパーは挽き立てを使います。






これらの材料をマイクロカッターで混ぜれば出来上がるのです。

が・・・・・・ やはり、いくつかポイントがあります。

(その1)バジルの葉の茎部分は丁寧に取り除くこと(その方が風味が良く仕上がるようです)
(その2)松の実は、フライパンでから煎りし香ばしい焼目をつけておくこと。
(その3)松のみとニンニク、オリーブオイル、塩・コショーを完全に砕いて液状にしてから、バジルを加えていくこと。(自己流ですが、一度に全てを入れると、中々松の実が細かくなりませんので)



後は、食べる直前にパルミジャーノのおろし立てを加えること。丁寧に混ぜ込むとチーズの風味は余り感じませんが、、「コク」が出ます。要は美味しくなります。


一昨日の晩に自宅で作ったバジルソーズを会社で試食。ジャガイモを茹でて、女性スタッフのみんなと試食しました。

お陰様で、大好評でした。是非、皆さんお試しを。

軽くトーストしたフランスパンにのせれば、白ワインの最高のおつまみですし、もちろん、パスタにも。
ソティーした魚の切り身や鳥肉もGOODですよ。
|-|-|by onosyokuhin


ご注文・お問い合わせはこちら

受付時間 9:00〜17:00 月〜金(祝祭日を除く)
24時間受付

注文用紙のダウンロードはこちら