三陸おのやブログ

     三陸釜石から、「美味しいお魚料理」に
               取り組む、奮闘記です
  

<< 元実習生達との絆 | main | サンマの季節 >>

釜石の市場

 営業の むらかみ です。

昨日、小学1年の息子が、学校で 「四つ葉のクローバー」を発見してきました。
むらかみ家に何か良いことが起こるかもしれません。
悔しがるかもしれないので、佐々木李美には内緒しておきます。 

「ネタに詰まったら市場へ・・・」 すみません独り言です。

今朝は、開発担当の“やや若手”が、魚市場を見学したいとの事で、ここぞとばかりに
先輩面して行ってきました。







今朝の釜石は、中小様々なサイズのサバが中心の水揚げでした。(大は無し)
この時期は、スルメイカがたくさん揚がっても良いのですが、ポツポツ揚がる
程度で、なんとなく主役のいないような感じでした。

もう少しすると、サンマ船が入ったり、サバ・イカ、そして秋サケと 三陸を代表する
魚の水揚げが増えてくると 市場も盛り上がってくると思います。










写真の魚は ホワイトボードに 「福来」 と記載されていました。
一部、さばのような模様の入った魚で、魚屋さんに並ぶことの少ない魚ですが、
「ソウダガツオ」の一種で、“節”にすると良いダシがとれるようです。

「ダシ」 ・・・ 将来的に使えるかもしれません。

新工場では、もっと地元の魚を商品化できればと考えていますので、今から
いろいろとチェックしていきたいと思います。





|-|-|by onosyokuhin


ご注文・お問い合わせはこちら

受付時間 9:00〜17:00 月〜金(祝祭日を除く)
24時間受付

注文用紙のダウンロードはこちら