三陸おのやブログ

     三陸釜石から、「美味しいお魚料理」に
               取り組む、奮闘記です
  

<< 新たな「スマホ決済」の仕組み | main | 祭りの季節 >>

地元の魚

営業の むらかみ です。

 

先週・今週と仙台出張が合計4回。何故か仙台づいているところですが、今日は

福島県のいわきに来ました。いわきと言えば、魚屋さんとしては、“小名浜”が

頭に浮かびます。漁業の盛んな港町として有名ですが、工場や物流拠点といった

工業的な一面もあり、どこかの町と似ているなと感じました。

 

夕食時には頭の中はすっかり“魚”モード。ちょっと贅沢して美味しい地元の

魚を食べようと街をきましたが、意外と地元の魚をアピールしている店が

ありませんでした。ようやく発見した とても入りにくいドアの店に

入りました。あとで聞いたら、入りにくいドアのせいで、地元の常連さん

しか来ない店のようで、「良く入ってくれた」と訳の分からない感謝を

されました。

 

いろいろ話をしている内に分かったのですが、例の原発のおかげで、現在

魚の水揚げはほとんど無いとの事でした。あるのは、ヒラメとメヒカリ少々。

地元のものでは賄えないので、近隣の宮城や茨城産のものを入れたりする事も

あるとの事でした。

 

今日は、地元のメヒカリがあるとの事で、即 注文しました。

 

 

 

三陸では見かけない魚ですが、「いわき市の魚」として地元では親しまれている

ようです。身がやわらかく、から揚げにすると、中骨ごと食べられました。

 

当社でもこんなメニューがご案内できたらと思うのですが・・・

 

 

 

 

 

|-|-|by onosyokuhin


ご注文・お問い合わせはこちら

受付時間 9:00〜17:00 月〜金(祝祭日を除く)
24時間受付

注文用紙のダウンロードはこちら