三陸おのやブログ

     三陸釜石から、「美味しいお魚料理」に
               取り組む、奮闘記です
  

<< スルメイカが不漁 | main | 釜石よいさ >>

魚原料の取り組み

営業の むらかみ です。

 

ここのところ、業界では “魚” が厳しいという話ばかりです。

三陸では、主要な魚が揃って水揚げ不振。海外の魚も日本に入って

来づらい状況があるようです。

 

こんな時、大事なのは 仕入先様とのコミュニケーション。良好な関係を

つくり、長期的な取り組みが出来るよう、仕入れ先様への訪問等も含め、

今まで以上に活動強化する必要があります。

 

今週は、商社様への訪問の他に、魚の一次加工を行っている工場を訪問して、

打合せを行ってきました。

 

 

 

今回、とある販売先様へ 新たな規格の商品の採用が決定。こりらの工場で、

魚を卸してフィーレという形に加工して頂き、当社では、最終的に焼魚に仕上げて

供給させて頂く流れになります。

 

当社でも、魚を卸したりといった一次加工は可能なのですが、魚の種類によっては、

特別な技術が必要だったりして、そうした加工の得意な所にお願いするというのも、

品質面や場合によっては、コストの面でもメリットがでる可能性があります。

 

こうした取り組みも含めて、今まで以上に良い商品をお届けしたいと考えています。

 

打合せ後、近くの一般向けの市場に立ち寄ったら、珍しい魚が並んでしました。

売り物ではありませんでしたが・・・

 

|-|-|by onosyokuhin


ご注文・お問い合わせはこちら

受付時間 9:00〜17:00 月〜金(祝祭日を除く)
24時間受付

注文用紙のダウンロードはこちら