三陸おのやブログ

     三陸釜石から、「美味しいお魚料理」に
               取り組む、奮闘記です
  

<< ウニ漁 | main | 「きのこ」の玉手箱 >>

東北百名山「霞露ヶ岳」に登ってきました

 

こんにちは!営業の生田です。

 

なんとお家から30分ほどの場所に、

「東北百名山」に選ばれているお山がある!

なので山田町の霞露ヶ岳に登ってきました。

 

山田町は小野食品から車で30分ほど。

三陸海岸のほぼ中央に位置し、

船越半島と重茂半島に抱かれた山田湾は

「海の十和田湖」とも呼ばれています。

穏やかな内海では牡蠣の養殖が盛んです。

 

おのやのカキ料理の「カキのマリネ」や

「カキ時雨煮」などはこの山田湾で

水揚げされた新鮮な牡蠣を使っています。


数年前に登山経験0で富士山に登り、

大変辛く、以降登山嫌いでしたが、

林業家の知り合いの「山の先生」が、

霞露ヶ岳なら登れると思うよ!とのこと。

 

なので勇気を出して霞露ヶ岳へ行きました。

結果、すごく楽しかったので

登山の様子を紹介します。

 

霞露ヶ岳は海抜0mからのスタートです。

海岸から登山なんて!とウキウキでしたが、

中間地点の三角点までは急な上がり坂が続き

すでにへとへとです。

 

しかし、「霞露ヶ岳」のすごいところは、

山を登りながら、所々で海が見えるんです。

 

へとへとだったのに、海を見ると、

「海は青いなあ〜、ほお。」

と心がすうっとします。

 

さっきまで、辛いとしか思えなかったのに、

人間は不思議な生き物だなあと思います。

 

中間の三角点からは上り坂も和らぎ、

(ちなみに三角点からは

  本州最東端のトドヶ崎灯台が見えます。)

山の草花を楽しむ余裕も生まれてきました。

 

これはつつじの一種のようですが、

私が小さい頃、蜜を吸ってポイとしていた、

思い出の大きなつつじとは

見た目が全然違います。美しいのです。

 

 

お花屋さんに並んでいるような、

大きくドカンとしたお花はありませんが、

周りの緑に溶け込みながら、

小さくても可憐に咲く、淡い色合いの

お花が沢山あり、とてもきれいで、

平和な気持ちになりました。

 

そんなこんなで、2時間ほど歩き、山頂へ!

 

 

山頂からは山田湾、オランダ島、

牡蠣の養殖棚が見えました。

 

どこを見ても、海が見えて、自分が

海に囲まれているような気持ちになります。

 

山頂で美味しさ100倍のラーメンを頂き、

無事に下山しました。

 

登山は好きではなかったはずですが、

「霞露ヶ岳」は山も海も

一緒に楽しめる面白い山でした。

これから山登りも始めてみようと思います。

 

もし機会があれば行ってみてください*

 

 

 

(大きな根っこを見つけて喜んでいる絵です)

 

木は大きいですね。

私は背は小さいですが、心の広い、

大きな人間になりたいなあ。と思います。

修行が必要です...

 

|-|-|by onosyokuhin


ご注文・お問い合わせはこちら

受付時間 9:00〜17:00 月〜金(祝祭日を除く)
24時間受付

注文用紙のダウンロードはこちら