三陸おのやブログ

     三陸釜石から、「美味しいお魚料理」に
               取り組む、奮闘記です
  

<< 楽しみ | main | 浜辺の花 >>

アジア最大級の食品見本市「Food and Hotel Asia2018」に出展しました

こんにちは!営業の生田です。

今日は天気が良いですね、

 

小野食品は今後の方針として、

海外市場の開拓を掲げています。

 

少し前になりますがシンガポールで行われた

アジア最大の食品見本市Food and Hotel Asia

商品を出展したので、私も参加させて頂きました。

 

この食品見本市は4日間の開催で、

約3200社が出品し、

約47,000⼈のバイヤーが訪れる

アジア最大級の食品見本市です。

魚介類や精肉をはじめ、乳製品、お菓子まで、

世界のあらゆる「食」が大集合します。

 

小野食品のブースにも、シンガポール、台湾

中国、韓国、香港、マレーシア、フィリピン

ラオス、ドバイ、ネパール、イギリスなど

世界各国のバイヤーに訪れて頂きました!

そして、沢山の試食や商談を行いました。

その中でも人気が高かったのが、

骨まで食べられる柔らかい煮魚料理で、

特に「熟成さば味噌煮」など、

味噌を使用したものが人気がありました。

「西京味噌」や「赤味噌」「信州味噌」

などを知っている人も多く、

 

日本食レストランで「西京焼き」

を食べるし、すごく好きだよ!

と言っている方もいて、驚きました。

 

「食品添加物不使用」にも良い反応を頂き

「手軽」で「美味しい日本食」だけでなく、

「安全に食べられる」という点も

アピールが出来たように思います。

 

ブースに来て頂いたバイヤーは

大手卸業者やスーパー、ホテルのオーナー

など、様々方がおられました。

 

中には、

「これからレストランを経営したいんだ。」

「こんなものを売りたいのだけれど、どう思う?」

 

と聞いてこられる方もおり、

具体的な商談のお話にはなりませんが、

そのエネルギーがすさまじく、

大変勉強になりました。

 

世界中からブースが出ていますが、

この機会を逃すと、安易には出展者、

バイヤーとお互いに会えないため、

バイヤーの「良いものを見つけよう」

出展者の「自分の商品を売り込もう」の

両方のエネルギーが会場には満ちていて、

大変活気がありました。

 

経験豊富な先輩と、バイヤーとの商談を見て

私もブースに来てくださった方と

お話をしましたが、まだまだ勉強が必要です...

 

また、展示会への出展だけでなく、

シンガポールのスーパーの視察にも

行きましたが、品揃えはもちろんのこと、

多国籍の方に向けて、

「わかりやすく」商品の良さを伝える

工夫が至るところにありました。

日本でも同じですが、

何事も工夫が必要ですね。

 

「手軽に」「美味しく」

そして「安全」に食べることが出来る

おのやの商品はきっと需要があると思います。

 

今後、海外でも「おのや」の商品を

知っていただけるよう、

先輩にしっかり教わりながら、

私も頑張っていきたいと思いました。

 

そういえば、シンガポールのシンボルの

マーライオンが見れませんでした。

マーライオンはどんな顔をしていたのでしょう...

 

|-|-|by onosyokuhin


ご注文・お問い合わせはこちら

受付時間 9:00〜17:00 月〜金(祝祭日を除く)
24時間受付

注文用紙のダウンロードはこちら