三陸おのやブログ

     三陸釜石から、「美味しいお魚料理」に
               取り組む、奮闘記です
  

<< 私の好きなお魚〜どんこ〜 | main | ”涼”を求めて >>

カツオの塩たたき(失敗編)

 

店主の小野です。

仙台の居酒屋で教わった「カツオの塩たたき」というメニュー、早速試したところ最高の味で家族からも絶賛でした。

 

それに味をしめて今回は2回目のトライでしたが、なんと見事に失敗でした(^-^;

 

どこが違っていたのか?

 

初回は背節でしたが、皮をひいているものしか売っていなかったのでそれを料理しました、今回は大サイズの腹節で、皮付きのものを材料に選びました。その理由は、仙台では背節でしたが皮付きで、そのパリッとした皮が香ばしかったからです。

 

それなりに皮目に焼目もつき、いい状態に仕上がったと思ったのですが、一番の原因は、火力の弱さだったかと思います。

 

仙台のお店では、炭火の焼台に藁を燃やし真っ赤な炎で炙っていました。私はキャンプ用の小型のガスコンロを使用しましたが、火力が弱く、皮目に焼目がつけたつもりでしたが、残念ながら皮の表面だけがうっすらと焼けただけで、皮自体にしっかり火が通っていなかったようです。

 

結局、焼に時間がかかった分、全体が生温かい感じになり、おまけに皮目が少々生臭く仕上がってしまいました・・・・残念!!!

前回は皮がついていなかったので、短時間で表面にうっすらと焼目をつけることができ、表面が温かいのに、内部は冷たい刺身という仕上がりになったという訳です。

 

いい勉強になりました。 他でも通用することだと思いますが、失敗をするから新たな発見があり進歩していくのですね。

|-|-|by onosyokuhin


ご注文・お問い合わせはこちら

受付時間 9:00〜17:00 月〜金(祝祭日を除く)
24時間受付

注文用紙のダウンロードはこちら