三陸おのやブログ

     三陸釜石から、「美味しいお魚料理」に
               取り組む、奮闘記です
  

<< カツオの塩たたき(失敗編) | main | 夏の休日〜海鮮BBQとクルージング〜 >>

”涼”を求めて

営業の むらかみ です。

 

テレビを見ていたら、気象用語の最上級は「猛暑日」と言って、最高気温が

35℃以上の日を指すとの事で、さらに上の表現が検討されれているとか・・・

こんな事を書いているだけで 汗がでてきます。

 

7月も中旬となり、先週・今週末 岩手の海では、海開きのイベントがいろいろな

海岸で行われていました。全国的に見れば、まだ暑さはゆるいのかもしれませんが、

それでも30℃を超えてきますので、結構暑いです。

 

と、言う事で、週末 むらかみ家は、“涼”を求めて、山の方に行ってきました。

釜石と遠野の間にある山の中に ちょっとした鍾乳洞があり、間違いなく

涼しいだろうと言ってきました。

 

軽い気持ちで家族4人で出かけたのですが、入口で 長靴・ヘルメット・ジャンパー

の着用。入口すぐから いきなり気温10℃程度の異世界でした。

 

しかも、天井が低い所が随所にあり、ヘルメットをゴツゴツぶつけながら進む状態。

入ってから築いたのですが、最奥まで880メートルもありました。

 

ちょっとしたと言いながら、実はこの最奥にあるのは、洞内のモノとしては

日本一になる滝でした。

 

 

 

 

 

行って戻って 約1時間。見学用に手すり等整備されているとはいえ、時折

屈みながら進む難所もあり、10℃の世界でも、ヘルメットの中は汗ダクに

なっていました。途中に化石なんかの説明もあり子供たちはちょっとした

探検気分で楽しめました。

 

じつは、ココ あの有名な推理小説 金田一耕助シリーズの 八つ墓村の

映画のロケ地になったところでした。

 

 

 

軽い気持ちで行って見たのですが、予想外にハードで充実した“涼”でした。

 

|-|-|by onosyokuhin


ご注文・お問い合わせはこちら

受付時間 9:00〜17:00 月〜金(祝祭日を除く)
24時間受付

注文用紙のダウンロードはこちら