三陸おのやブログ

     三陸釜石から、「美味しいお魚料理」に
               取り組む、奮闘記です
  

<< 季節メニュー試食会 | main | ホタテの耳吊り作業 >>

旬のサンマ

営業の むらかみ です。

 

8月末には、サンマの豊漁ニュースで沸き立っていましたが、

その後、台風やら北海道地震で沈黙が続き、一変 どうなるか

わからない状況になってきました。

 

それでも、休みに地元のスーパーで釜石産のサンマを購入。塩焼きにして

食べましたが、脂のりも良く美味しかったです。お腹周りがやや太く

長さがやや短めな感じで例年よりずんぐりとした印象。より親しみを

感じながら頂きました。

 

今週あたりからようやく天気も落ち着くみたいなので、これからの

漁に期待したいところです。

 

 

三陸おのやでも、サンマメニューおすすめ中です。

中でも、人気が上昇しているのが、三陸産サンマ塩麹焼 です。

 

 

一見、普通に1本サンマを頭・尾をとって半分に切って焼いているように

見えますが、実は、一度開きにして中骨を外しています。開くところは、

専用の機械で行うので、短時間で鮮度を落とす事なく調理しています。

 

また、塩麹に漬け込む事で塩焼と違った旨みが感じられます。

 

せっかくなので、今日は、焼いているところを チラ見せします。

 

 

 

三陸おのや焼魚は、すべて直火焼きです。焼魚は遠火の強火と言われていますが

その通り焼いています。

 

上下に火のついたところを網に並べられた魚がコンベアに乗って流れて、

焼けていく仕組みです。連続して魚が焼きあがっていきます。

焼き上がり後は、軽く冷ましてすぐに真空包装⇒急速凍結となります。なので、

解凍したてをお召し上がりいただければ、ほぼ焼き立て品質という事になります。

 

 

 

 

|-|-|by onosyokuhin


ご注文・お問い合わせはこちら

受付時間 9:00〜17:00 月〜金(祝祭日を除く)
24時間受付

注文用紙のダウンロードはこちら