三陸おのやブログ

     三陸釜石から、「美味しいお魚料理」に
               取り組む、奮闘記です
  

<< 温かい「汁もの」が美味しい季節 | main | えさし藤原の郷(夜) >>

新しい市場

営業の むらかみ です。

 

先週は、久しぶりの東京出張。堂々と上着を着て行ける気候だと

思ったのですが、やはり、上着は“荷物”になっていました。

 

ここ最近 東京で変わった事。

やはり、この業界では、豊洲市場ですかね。

仕入れ先様との打ち合わせついでに見学させて頂きました。

 

何かとバタバタがあった今回の市場移転。なんとなく不安を感じさせる

報道もいろいろとありましたが、とりあえず、無事に移転できた

ようです。現場レベルでは、いろいろとご苦労されているところも

あるかとは思いますが・・・

 

聞いた話ですが、移転・引っ越しの際には、築地界隈の飲食店で

「魚がない」という状況になったようです。もちろん新鮮な鮮魚を

指すと思われますが、そんな事もあったようです。

 

 

 

観光客用のルートが決まっていて、いわゆる売り場や、仲卸のお店のところへは、

一般の方は入れないようになっていて、見学通路からガラス越しに見学できる

ようになっていました。

 

 

 

一応、一般客ではないので、仲卸の所にも入らせていただきました。

 

 

忙しい時間ではなかったので、人は少なくなっていますが、雰囲気は市場でした。

当たり前ですね・・・

 

築地市場って 実は、取引額規模で言うと 世界一 の市場だったようです。

それを引き継いでいるので、おそらく世界一なのでしょう。

周辺道路の整備や、飲食店ブースの空きなどまだまだ未完成ですが、築地の

解体もはじまり、もう戻す事は出来ないので、世界に誇れるブランドに

なってくれる事を願います。

 

 

 

 

 

 

 

|-|-|by onosyokuhin


ご注文・お問い合わせはこちら

受付時間 9:00〜17:00 月〜金(祝祭日を除く)
24時間受付

注文用紙のダウンロードはこちら