三陸おのやブログ

     三陸釜石から、「美味しいお魚料理」に
               取り組む、奮闘記です
  

<< 工場直売会の思い出 | main | 鵜住居 >>

秋鮭

営業の むらかみ です。

 

週末の朝の散歩も、ようやく“汗がふき出さない”季節になってきました。

いつものルートの小さな川に、大きな魚が動くのが見えました。

 

 

いまが旬の秋鮭です。

河口付近にネットが張られている ちょっとした大きな川の支流。きれいな水で、

深さもないので、魚は丸見えです。

 

ここ数年は、不漁続きの秋鮭。今年の水揚げは、若干回復傾向のようですが、

とても豊漁といえる状況ではありません。

 

12/2(日) おおつち鮭まつり 開催予定です。一昨年は不漁で中止となってしまい

ましたが、昨年は開催。今年は当然開催予定です。鮭のつかりどりをはじめ、いろいろな

イベントがあり、小学4年生枠で、今年はウチの息子も伝統の(?)踊りを披露する

予定です。

 

秋鮭メニューですが、三陸おのやでは、不動の定番 “三陸産サケ新巻づくり”に

なりますが、最近、社内でも評価急上昇なのが、“サケ塩麹焼”です。

 

 

 

 

塩のみで勝負する サケ新巻づくり とは、違い、やさしい甘みがあるのに

加えて、身がソフトに仕上がります。

 

よく、社内で話に出るのですが、養殖サーモンは、脂がのっていて普通に塩焼で

美味しいのですが、脂が強すぎて・・・

それと比べると、秋鮭は、脂のりこそ弱いものの、旨みが感じられ、毎日食べても

飽きがこない感じです。

 

海のごちそう頒布会でも時々登場する サケ塩麹焼 。まだお召し上がりでない

ようでしたら是非お試しください。

 

 

 

 

|-|-|by onosyokuhin


ご注文・お問い合わせはこちら

受付時間 9:00〜17:00 月〜金(祝祭日を除く)
24時間受付

注文用紙のダウンロードはこちら