三陸おのやブログ

     三陸釜石から、「美味しいお魚料理」に
               取り組む、奮闘記です
  

<< 来期実習生の家族会 | main | 記憶に残る遠き日々 >>

前向きモード

営業の むらかみ です。

 

週末は、約1か月ぶりに船釣りに行って来ました。

9月には毎週のように台風到来で、すっかりヒラメ釣りのタイミングを

のがしましたが、それだけでなく、今年は不甲斐ない釣果が続いています。

 

比較的大型のカレイ狙いの船釣り、

今度こそはと思っていたのですが、残念な結果に・・・

 

釜石よりも南の方で、むらかみは、初挑戦の場所。小さな漁港なのですが、

釣り船がところ狭しと並んでいました。そして、我々と同様の釣り人も

たくさんいて、何だか行けそうな雰囲気だったのですが・・・

 

でも、大漁だと 魚の処理に大変な手間がかかるし・・・

 

 

ここから ”前向きモード” に切り替えます。

 

家族4人 程よい量の新鮮な魚を持ち帰りました。夕食までたっぷり時間が

あるので、昼寝をしてからの食事準備。余裕です。

 

飲食店や鮮魚店等では中々味わえない、小ぶりな魚を刺身にしました。

魚の数倍の量の氷を準備して丁寧に持ち帰ったので、鮮度は抜群。

新鮮な魚ならではのコリコリ感が十分に味わえました。

 

 

ちなみに、アイナメ・ヒガレイ・マコガレイです。

純家庭料理風の 親近感のあるカット と、食べる時に悩まない 素直に

箸が出せる盛り付けにしています。

 

そして、もっと小ぶりな魚は、揚げ物にしてボリュームアップしたり、

ダシたっぷりの味噌汁にしました。

 

もちろん、むらかみ家名物 “カレイの骨せんべい” も出来ました。

 

 

若いカレイの骨は、いつもよりも、短時間でカリッと仕上がりました。

大変優雅な休日でした。

 

 

12月の最終決戦は、毎年恒例のナメタガレイ。ここ数年外していないので、

今年も確実にGETしていきたいです。

 

 

 

|-|-|by onosyokuhin


ご注文・お問い合わせはこちら

受付時間 9:00〜17:00 月〜金(祝祭日を除く)
24時間受付

注文用紙のダウンロードはこちら