三陸おのやブログ

     三陸釜石から、「美味しいお魚料理」に
               取り組む、奮闘記です
  

<< 今シーズン初 | main | 人手不足対策(ホテル編) >>

春の訪れ

こんにちは!

コールセンターの浦辺です。

 

 

先週末の三連休は、日中でも氷点下続きの毎日で雪もチラつき

連休明けは数十センチの積雪もあり、まだまだ寒い沿岸ではありますが

「春を告げる風物詩」として有名なイサダ漁が

岩手県では、来週21日に解禁になるようです!!

 

※写真の船はイサダ漁船です。

 

 

イサダは、正しくは「ツノナシオキアミ」と言い体長が2センチ程の

ピンク色をしたエビのような見た目で、主に釣りの撒き餌や

養殖魚の餌として使用されているようです。

また乾燥させたイサダは食用としてお煎餅などにも使用されており、

韓国ではキムチに混ぜて使われるため輸出もされているようです。

 

 

イサダは傷みやすいため、生や冷凍で食品として流通させるのは困難らしく

乾燥のイサダが製造され食品として流通するようになりましたが、

食品として利用されるイサダは水揚げ量の1割にも満たないようです。

 

 

このような三陸の海の幸を利用したメニューを、全国のお客様へ

お届け出来たらなぁ〜と、考えてみる春の訪れでした。

 

 

ーお客様の声ー

孫(男4人)は肉大好きな育ちざかりですが、届いた魚は喜んで食べます。

味付けに工夫された煮魚は私好みで嬉しいです。

特にホタテトマト煮はパスタにぴったりです!

今後とも美味しい魚待っています。

(神奈川県 S・H様)

 

 

お孫様にもお喜び頂けているようで嬉しい限りです。

レシピご活用いただきありがとうございます。煮魚の煮汁を多めに加えておりますので

ぜひ季節のお野菜と共にお楽しみくださいませ。

長い冬もいよいよ終わりに近づいています。健康には十分ご留意ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|-|-|by onosyokuhin


ご注文・お問い合わせはこちら

受付時間 9:00〜17:00 月〜金(祝祭日を除く)
24時間受付

注文用紙のダウンロードはこちら