三陸おのやブログ

     三陸釜石から、「美味しいお魚料理」に
               取り組む、奮闘記です
  

<< 幻のイカ? | main | 名勝 猊鼻渓舟下り >>

学校給食の話

営業の むらかみ です。

 

久しぶりにゆっくりした週末でした。釜石近辺でも一部桜が咲き始め、

なんとか春っぽくなってきました。

 

ニュースを見ていていたら、震災関連ですが、WTO訴訟で日本が敗訴と

いうのが、結構取り上げられていました。福島県ととその周辺の地域

水産物の輸入を禁止しているものを撤回してもらうという内容ですが、

1審では認められていたのが、まさかの逆転敗訴という事でした。

 

細かい内容は、良くわかりませんが、我々の地域の水産関係者の中には、

大きな影響を受ける方もいらっしゃると思います。

 

放射能の影響が懸念されるという理由のようですが、実際に検査をしてOK

でも、そんな事は関係なく全面的にダメみたいです。

 

 

 

話は変わりますが・・・

 

小野食品では業務用でも色々な業界に、商品を供給させて頂いています。

その中で、学校給食向けの取り組みも結構させて頂いています。

学校給食の業界は、価格や味も大切ですが、まずは“安全”が重視されるところで、

国内の工場が比較的優先される傾向もあり、東北・関東が中心ですが、全国各地

広く・浅くではありますが、商品を供給させて頂いています。

 

学校給食への商品供給は、各地域様々ありますが、当社が主に取り組んでいるのは、

各地域の問屋さんからの案内で、自治体の給食センターの入札に参加し、

安全+価格・味などの基準で選考して頂き、落札したら 指定日に合わせて商品を

納入させて頂くという流れです。

 

これが、進んで来ると、入札段階で「小野食品の○○」という入札がかかってくると、

他のメーカー様は提案できなくなるので営業的には最高に良い状況になります。

そこに行きつくまでには、相当な実績が必要で簡単ではありません。

 

そのためのPR場の一つが、地域の問屋さんが主催する展示会です。

 

 

商品の見本を展示しながら試食してもらったりして、栄養士さん等に当社の

商品をアピールします。

 

一方で、学校給食の業界の一部で、いまだに 福島県ととその周辺の地域の産品を

事実上受け入れない(入札に参加できない)という所もあるようです。

どこの自治体でも、放射性物質に関して 国の基準に準じるもしくは、少し厳しい

独自の基準を設けて、検査結果が良好だったものを使用するとしています。

 

小野食品が取り組んでいる先も同様で、もちろん当社も問題のない商品を供給させて

頂いていますが、我々に知らされていない中で、入札対象から除外されている事が

あるようです。

 

日本国内でもこうなのに、外国に要求する? ・・・ あっ独り言です。

 

|-|-|by onosyokuhin


ご注文・お問い合わせはこちら

受付時間 9:00〜17:00 月〜金(祝祭日を除く)
24時間受付

注文用紙のダウンロードはこちら