三陸おのやブログ

     三陸釜石から、「美味しいお魚料理」に
               取り組む、奮闘記です
  

<< 新年度方針発表会&懇親会 | main | 大船渡に行ってきました >>

ブーム

営業の むらかみ です。

 

およそ1年ほど続いた「平成最後の○○○」ブーム。なんとなく

今日で終わりそうな予感です。流行りって時代と共に変化します

からね・・・

 

水産業界で 流行り といえば、“サバ”です。日本人では誰もが

知っている魚種だと思います。世界的にもメジャーな魚で海外でも

広く消費されています。

 

日本では、サバ缶ブームが発生して、今まで以上に注目されています。

良い事なのでしょうが、まさかの水揚げ不振。おまけにノルウェー等の

北欧の方でも、水揚げが少なく、資源保護の観点から漁獲量の規制も

厳しくなって来ています。

 

業界では、当たり前の話ですが、日本で獲れるサバと、北欧のサバでは

魚の種類が違います。どちらも サバ であることには間違いないのですが、

北欧で水揚げされるものは、大西洋サバと呼ばれています。

国産に比べると一般的に脂乗りが良いという事で、外食店や量販店などで

結構取扱いされています。

 

魚に詳しい方だと、サバの皮の模様の雰囲気で、国産と北欧産を見分ける

事ができます。

 

実は、三陸おのやでも、一部で北欧産のサバを使用したメニューがあります。

それは、脂乗りが良くそのメニュー(調理法に)適しているという判断で、

当然ながら、きちんと鮮度管理されて日本に入って来たものです。

三陸おのや サバメニュー ラインアップにもありますので、探してみて

ください。

 

※「三陸産〜〜」という商品は、間違いなく三陸産のものを使用しています。

 

今のおすすめメニュー」は、新商品・三陸産サバのビネガー煮 です。

直訳すると“酢煮”。果実酢と野菜で仕上げているのでやさしい酸味になっています。

暑くなってくるこれからの季節にピッタリのメニューです。

 

|-|-|by onosyokuhin


ご注文・お問い合わせはこちら

受付時間 9:00〜17:00 月〜金(祝祭日を除く)
24時間受付

注文用紙のダウンロードはこちら