三陸おのやブログ

     三陸釜石から、「美味しいお魚料理」に
               取り組む、奮闘記です
  

<< ウニ漁解禁 | main | 絶好調 >>

世界で一番 水産物消費量/(一人当たり)が多い国はどこでしょう?

店主の小野です。

 

世界で一番魚を食べる国はどこか、皆さんお分かりでしょうか?

 

もちろん、少し前までは当然?日本でした。でも今は、日本は世界で3番目になっているのをご存じでしょうか?

 

下の表は、農林水産省「食料需給表」に掲載されている「主要国・地域の一人1年当たり食用魚介類消費量の推移」です。

 

この表を見ると、日本は高度成長が始まった昭和30年代後半から一人当たりの魚消費量が増加していきましたが、平成13年頃から減少傾向となりその状況は続いている状況です。その一方で、韓国、ノルウエーは順調に消費量が増え、現在は一位が韓国、二位がノルウエーとなっています。

 世界全体で見ても、水産物消費量の増加は世界的な傾向です。特にアジア、オセアニア地域では経済発展に伴って大きく伸びていることが分かります。

 

 国内市場だけを見ていると、水産業界は長期低落傾向で未来がないのでは?などと思われる人も多いかと思いますが、世界全体でも見ると、全く違う現実があるのですね。また、これは、我々日本の水産業界にとってチャンスだと思います。今後人口減少に伴い、益々水産物消費量の落ち込みが予見される中、海外市場の開拓は、本当にマストだと思う次第です。

 

 

 

 

 

|-|-|by onosyokuhin


ご注文・お問い合わせはこちら

受付時間 9:00〜17:00 月〜金(祝祭日を除く)
24時間受付

注文用紙のダウンロードはこちら