三陸おのやブログ

     三陸釜石から、「美味しいお魚料理」に
               取り組む、奮闘記です
  

<< 新卒採用 「第2ラウンド」開始! | main | ご当地メニュー >>

楽しみ

営業の むらかみ です。

 

先週は、高齢者向けの業務用の展示会に出展しました。

食事に当社の商品を使用してもらうべく、売り込みの場であるのですが、

いろいろお客様と話をさせて頂きました。

 

特別養護老人ホームは、比較的介護の必要度の高い方が入所される施設

ですが、入所者の高齢化が進んでいて、90歳以上の方が増えているという

話がありました。そうすると全体的に、食べ物を噛んだり、飲み込んだり

する力も衰えてくるため、やわらかい食材の需要が増えているとの事でした。

 

 

また、別件でとある業者の会合があり、高齢者向けマーケーットへの食の

提供に力を入れている会社の社長さんの話でこんな話がありました。

 

「歳をとったら、楽しみって食べる事くらいしかないですよね・・・」

 

一般的な話として、流動食対応になると、同じような味になったり、食感が

なくなったりで、次第に食が細り、食べなくなってしまうとの事。

 

よく笑い話のような話で聞いたことがあるのですが、ふだん柔らかい食事しか

とれなくなった方が、大好きなお寿司は、常食で食べられるとか・・・

 

普通に食べられるって、実は幸せな事なんだなと改めて考えさせられました。

 

 

 

そんな流れの たまたまのタイミングですが、ウチの娘が 活躍してきました。

 

 

震災後にいろいろな経緯があり、ウチの娘 バイオリンを習っていました。

そのチームで、とある老人ホームを訪問。入所者の方に演奏を披露しました。

2〜3曲を演奏するだけかなと思ったら、1時間弱のちょっとしたライブ仕様に

なっていました。余興的なトークもありながら、最後は、童謡の故郷を

バイオリン演奏にあわせて、みんなで合唱。

大合唱と言う声量ではありませんでしたが、すごく楽しんでもらっていたようでした。

 

バカ親 なんだか感動!

 

 

最近 医療の現場等で QOL(Quarity Of Life)の向上と言うのが注目され、

活用されてきているようです。日本語にすると「人生・生活の質」という事になるの

ですが、先ほどの話 ・・・ 食事で ただ栄養分を体内に取り入れるのと、

見た目・食感・味などを楽しみながらお腹を満たすのとでは、全然違いますよね。

 

まだまだ やれる事があるのではないかと思いました。

 

 

 

 

 

|-|-|by onosyokuhin


ご注文・お問い合わせはこちら

受付時間 9:00〜17:00 月〜金(祝祭日を除く)
24時間受付

注文用紙のダウンロードはこちら