三陸おのやブログ

     三陸釜石から、「美味しいお魚料理」に
               取り組む、奮闘記です
  

<< 海のごちそう頒布会 | main | 夏イカの水揚げ >>

三陸鉄道、想いを運んでどこまでも・・・

 

こんにちは、コールセンターの阿部です。

 

 三陸鉄道が全線開通して早4ヶ月となりました。自宅のすぐ側を走っていることもあり、列車が通る度振り返りながらありがたいと感じております。また最近はラッピング列車も数多く見られ見ていて非常に楽しいものです。

 また、今年はラグビーワールドカップが釜石でも2試合を予定しており、来週末には釜石で日本代表が親善試合を行う予定となっております。これを機にますます三陸鉄道を利用される方が増えることを期待するばかりです。

 

 今回は私の地元大槌にある三陸鉄道の駅をご紹介致します。

 釜石駅から三陸鉄道を宮古方面に向かい、大槌町での1駅目となるのが、以前も紹介した大槌駅です。

 

 

 当日は今にでも雨が降りそうな天候でしたので全体的に薄暗くなっております。大槌のシンボル蓬莱島(ひょっこりひょうたん島)をモチーフした駅舎、数多くのキャラクターも登場するユニークな造りとなっております。

 

 大槌を更に北に向かいますと約4分程で吉里吉里駅に到着します。

 

 

 私は列車には乗らず車で移動しましたが、辺りはかなり明るくなっておりました。吉里吉里駅には駅舎は存在せず、ホームに待合室があるのみの完全たる無人駅です。私の家がありますのがこの吉里吉里地区で、今から35年程前に独立国ブームの際に若干盛り上がった地域でもあります。井上ひさし著「吉里吉里人」で知っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 周りを散策しますと、すぐ近くに踏切があります。

 

 

 何と、この踏み切り、私が東京で貧乏学生している時にアルバイトで2年程お世話になった会社の製品でした。当時、信号機関係を手がけているとは聞いておりましたが、何十年も経ってここで出合うことになるとは・・・!

 

 吉里吉里を更に北上しますと、約3分程で浪板海岸駅に到着します。

 

 

 吉里吉里駅同様、浪板海岸駅にも駅舎は存在せず、ホームに待合室があるのみの完全たる無人駅です。知る人ぞ知る浪板海水浴場がある地でもあります。世界的にも珍しい「片寄せ波」で有名な海水浴場でしたが、東日本大震災による地盤沈下の為砂浜が無くなり海水浴ができない状態が現在も続いております。

 

 本来はさらに北上して隣の岩手船越駅を紹介する予定でしたが、トラブルが発生し断念しました。

 

 

 そうです、車の左後輪がパンクしてしまいました。

 普段からタイヤ交換は自ら行っておりますので、ものの5分位で応急処置は完了しました。

 

 

 が、さすがにこれ以上北上して撮影を継続する気力を無くしてしまい、修理工場へと向かう羽目に、残念ながら修復不可能でした。翌日には4本全てを交換す羽目に・・・。

 

 このように、車を運転する方なら何時何処でこのようなトラブルに見舞われるかもしれません。それがもしスマホの電波が届かない、人気の全く無い場所で起きるかもしれません。常に注意が必要ですね。

 

 まだまだ梅雨は明けそうにありませんが、またいつか他の駅も紹介できればと考えております。

 

 

      −お客様の声−

 

毎月、おのやさんのお魚が届くのを楽しみにしています。

共稼ぎのため、夕食の一品としてボイルするだけでよいので、どれほど助けられているか・・・。感謝です。

そのうえ美味しくて大満足です。91才のおじいちゃんもいるのですが、喜んで食べています。

これからも我が家の食卓に幸せを運んでください!

新潟県 A・N様
 

喜んで頂き何よりです。美味しく召し上がって頂けることが私どもにとってこれ以上無い喜びでございます。

これからもA・N様、そしておじいちゃんをはじめご家族の皆様にお喜び頂ける様、新鮮で美味しいお魚料理をお届けしてまいります。

 

 

|-|-|by onosyokuhin


ご注文・お問い合わせはこちら

受付時間 9:00〜17:00 月〜金(祝祭日を除く)
24時間受付

注文用紙のダウンロードはこちら