三陸おのやブログ

     三陸釜石から、「美味しいお魚料理」に
               取り組む、奮闘記です
  

<< コスモス公園 | main | ホタテが好調です。 >>

創業記念日

 

店主の小野です。

 

7月29日は、「小野食品」の会社設立登記を行った日、あの日から31年が経過したことになります。63歳になった自分の人生の丁度半分かと思うととても長い時間のようにも感じますが、当時のことを思い起こすと、色々な事がついこの間のことのようにリアルに浮かんできます。

 

きっかけになったのは、写真の包装機、こんなちっぽけな包装機しかなかった個人商店時代に、ある牛丼チェーンに向けて「サケの焼魚を1切れずつ包装して、5,000食単位で納品して欲しいお客様がいる」との相談が舞い込みました。

 「1ヶ月の数量ですか?」とお聞きしたところ、「1日の使用量です」とのこと。この包装機の能力では、朝の6:30から休みなしで稼働させても、夕方までかかる物量。正直、あまりにも無謀な話でした。

 

でも、関東の学校給食ルートで当社の「冷凍食品 焼魚」を採用して頂き、冷凍食品事業が少しずつ回り始めていた当時、もしかしてこの事業が本当に続くのであれば、今までやっていた「干物製造主体」の事業構造から、「あらたな事業領域」にシフトしていけるかも知れない。すぐには無理だが、3ヶ月続いて先の見通しが立てば銀行借入で包装機を買うことも出来るはずだと考え、家族やパートの皆さんに頼み込んで、この仕事を受けました。

 

やってみたら、予想以上に手間がかかり、毎晩仕事が終わるのが午後9:00を回る日々でした。今の時代なら、とんでもない経営者と新聞につるし上げをくらう状態だったでしょうか(^-^; 懐かしい思い出です。

 

 

 

明後日からは31年目に突入、ずいぶん仲間も増えました。もっと皆がいい笑顔で仕事の達成感を感じられるよう頑張って行こうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、その仕事が継続したことがきっかけで、新たな工場設立の覚悟を決め、昭和63年の7月29日に会社設立登記をおこない、翌年の1月に工場稼働を開始しました。

|-|-|by onosyokuhin


ご注文・お問い合わせはこちら

受付時間 9:00〜17:00 月〜金(祝祭日を除く)
24時間受付

注文用紙のダウンロードはこちら