三陸おのやブログ

     三陸釜石から、「美味しいお魚料理」に
               取り組む、奮闘記です
  

<< 「鹿」は釜石の住民?? | main | 揚げたて!! >>

九州の魚

営業の むらかみ です。

 

先日、九州方面 出張してきました。

実は、三陸おのやでも時々、九州方面で水揚げされる魚を扱って

いて、海のごちそう頒布会のメニューでも採用されています。

 

 

写真の魚は、ハガツオという魚です。

カツオの仲間のようですが、本鰹と比較すると、体が細めで、

何と言ってもその名の通り 鋭い歯を持っているのが特徴です。

実は、地元では、本鰹よりも美味しいとされているとか・・・

 

刺身で食べられる事が多いとの事で、現地で煮付メニューはピンと来ない

ようですが、本鰹よりもやわらかく仕上がり、社内でも評価の高いメニュー

です。現在 当ショップでは、扱っていないメニューですが、いずれ

ご紹介したい魚です。

 

 

この日は、地元でも珍しいという ノコギリ鮫 も水揚げされていました。

この後どのように扱われるのかは???ですが、他にも、三陸では

見られないいろいろな魚が見られました。

 

そして、今回最大の目的は、海のごちそう頒布会 12月メニュー予定の新たな魚の

確認です。今まで扱ったことのない新魚種です。社内の試作品の評価は上々です。

この場では、勿体ぶって具体的なメニューの紹介は後日という事にさせて頂きます。

 

 

実は、この日市場の訪問は、朝の5時でした。あまり認識がなかったのですが、

こちらの方では、朝のセリといえば5時とか5時半が普通らしく、福岡の方では、

3時に始まったりするそうです。何でも、翌日の豊洲に間に合わせる為とか・・・

理由は納得ですが、大変ですよね。

 

 

と、言う訳で、市場をある程度見学してからの日の出です。神秘的な朝焼けを

バックに水揚げしている漁船の写真を撮っている所を撮ってもらいました。

 

 

 

|-|-|by onosyokuhin


ご注文・お問い合わせはこちら

受付時間 9:00〜17:00 月〜金(祝祭日を除く)
24時間受付

注文用紙のダウンロードはこちら