三陸おのやブログ

     三陸釜石から、「美味しいお魚料理」に
               取り組む、奮闘記です
  

<< 秋の味覚 | main | 地元TV局で、「海のごちそう頒布会」のPR >>

道の駅 高田松原

こんにちは。コールセンターの佐々木敏恵です。

 

今朝はとても寒かったですが、すっきりした晴れの一日になりました。

秋らしくなってきましたね!!

 

先日、陸前高田市に新しくできた『道の駅 高田松原』に行ってきました。(15日プレオープン)

津波で全壊し8年半ぶりに再開しました。

防波堤で海は全く見えなかったのですが、潮の香りがして海の近くなんだな・・・と感じました。

 

 

店内は広々としていて開放的な空間でした。木のぬくもりも感じられ、落ちつけました。

飲食店や市のブランド米「たかたのゆめ」特産品「米崎リンゴ」などが並んでいる販売コーナーがあり、レジには長蛇の列ができていました。釜石の道の駅とは違った雰囲気の道の駅でした。

 

地元の漁協が運営している食堂でお昼ごはん!!

 

こちらは海鮮丼

 

イクラがのっているのは「イシカゲ貝」の貝殻だと教えてもらいました。

初めて聞いた貝の名前。調べてみると・・・全国で陸前高田の広田湾だけで養殖を行っている幻の貝でした。復活の幻の貝・・・食べてみたいです。

 

私が注文したのは・・・鮭親子丼

 

これでもか・・・というくらいイクラがのっていて、思わず宝石箱や〜と叫びたくなりました。

とても美味しくいただきました。

 

22日の本開業日には隣にある東日本大震災津波伝承館もオープンするそうです。

また行ってみたい!と思える場所でした。

 

 

 

お客様の声

いつも美味しいお魚をありがとうございます。自分で調理をするのが難しいので湯せんですぐ食べられるおのやさんのお魚はとても助かっています。家族にも大好評で、夫も届くのが待ち遠しいらしく・・・子供もおかわりをする程気に入っています。

(栃木県 K・R様)

 

お役にたてて何よりです。湯せんするだけですぐに食べられるのはとても便利ですよね!とても温かなお家の風景が目に浮かびました。これからもご満足いただけるよう努めて参ります。

 

 

 

 

 

 

 

|-|-|by onosyokuhin


ご注文・お問い合わせはこちら

受付時間 9:00〜17:00 月〜金(祝祭日を除く)
24時間受付

注文用紙のダウンロードはこちら