三陸おのやブログ

     三陸釜石から、「美味しいお魚料理」に
               取り組む、奮闘記です
  

<< 秋の気配とホットなスポット | main | もうすぐ年末 >>

「海のごちそう頒布会」お陰様で10周年

 

店主の小野です。

 

もう見飽きた方もお出でしょうが、私共の「海のごちそう頒布会」の新聞広告です(^-^; ただ、少し違うのは10年前の写真ということです。

 この企画は、今から10年前の2009年10月からスタートし、お陰様でこの10月で丁度10年の節目を迎えることが出来ました。上の写真は、2年目から始めた初のカラーバージョン広告なので正確には9年前のものですが、よく見ると私を含めみんな若いな〜と思います(^-^;

 

 この間、東日本大震災という未曾有の災害に見舞われましたが、従業員のみんなが頑張ってくれたことはもちろんのことですが、頒布会のお客様方の力強いご支援に支えられて、ここまで来ることができたと思います。

 

 2009年 10月 120人のお客様から始まったこの企画は、震災直前に5,000人まで増やすことができました。震災後は 4,700人からの再スタートでしたが、お陰様で今はその数倍のお客様を数えるようになりました。本当にありがたいことです。

 

 

 

 時々、昔の写真を眺めることがありますが、多くのお客様方にご利用頂けるようになったのは、地元釜石での直売会を愚直にやり続けたことが、やはり大きいと改めて思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

工場直売会は、2005年から年に4回ほど日曜日に行ってきました。最初は、従業員のみんなも戸惑っていました。それはそうです。突然、社長が「今度、日曜日に工場の前にテントを張って、お客様方に直売会を行う」などと宣言したのですから・・・・。

 

でも、多くのお客様がこの販売会を楽しみにしてくれ、買い物カゴを山盛りにして購入してくれる姿を見る中で、次第に社内の空気も変わっていきました。

 

 

 

いつしか、開催の度に長蛇の列ができるようになり、雨の日にも・・・・・・。その後、市のドームテント型の建物を借りるようになり、震災まで継続していきました。この直売会で、新商品の評価などテスト販売をやり続けることで多くの新たな商品開発につなげることが出来たのです。

 

今振り返ると、私共の「海のごちそう頒布会」は、まさに地元「釜石・大槌」の住民の皆様のご協力によって作り上げていくことが出来たのだと思います。

 

今は、衛生面の配慮から「直売会」はWEBでの展開と地元量販店での販売に限らせて頂いていますが、今後も地域の皆さんへの感謝の気持ちを忘れず、地元の皆さんに喜んで頂ける美味しい魚料理作りに尽力していきたいと思う次第です。

 

 

 

|-|-|by onosyokuhin


ご注文・お問い合わせはこちら

受付時間 9:00〜17:00 月〜金(祝祭日を除く)
24時間受付

注文用紙のダウンロードはこちら