三陸おのやブログ

     三陸釜石から、「美味しいお魚料理」に
               取り組む、奮闘記です
  

<< 魚種交代? | main | 伝統工芸品 >>

巻き返し?

営業の むらかみ です。

 

先週末は、三陸の魚の仕入れ先を訪問してきました。

 

気仙沼では、シーズン当初 カツオが不漁というニュースが流れていました。

そのため、店頭で売られている価格も高く、むらかみ家でも1本買いが

出来ていませんでした。

 

ところが、後半猛スピードで巻き返し、結果昨年並みの水揚げで、シーズンを

終えたようでした。ちょっとホットした話でした。

 

 

様々な、魚が不振な中、その代表と言って良いのが サンマ です。

国内全体での水揚げ量ですが、10月末現在で、昨年対比 約2割・・・

 

実は、サンマ漁も巻き返しが始まったようで、最近ようやくまとまった

水揚げになってきました。船で漁をしている場所が、遠方のロシア寄り

のところで、例年 9月初めころに獲れるあたりだそうです。

 

ちょうど、市場を訪問した時にサンマの水揚げがありました。

 

 

若干シケ模様で、大漁という程ではありませんが、それでも 数十トンレベル

での揚がっていました。サイズは、それ程良型とは言えませんが、この時期に

しては脂のりも良好。本格的な巻き返しを期待したいところですが・・・

 

産地で、サンマのプロに伺ったのですが、さすがに、例年レベルまでの

巻き返しは無いとの事。スタートが遅れたとはいえ、その分後ろにズレる

という訳ではないようです。12月になれば、海も荒れ模様となるため、

11月末頃までの1か月が勝負だそうです。

 

せっかくなので、市場で違う魚も見学。

 

 

 

ブリの幼魚のイナダがたくさんある中で、サワラやサバや鯛などが混じっていました。

サバは、それ程 量は多くなかったのですが、見た目推定 1〜1.5キロの

モノもありました。とっても高価だそうです。

 

|-|-|by onosyokuhin


ご注文・お問い合わせはこちら

受付時間 9:00〜17:00 月〜金(祝祭日を除く)
24時間受付

注文用紙のダウンロードはこちら