三陸おのやブログ

     三陸釜石から、「美味しいお魚料理」に
               取り組む、奮闘記です
  

<< どんこ汁 | main | 初もの >>

函館の朝市

 

店主の小野です。先日、地元銀行主催の研修旅行で函館に行ってきました。ここは「函館朝市」、昔から新鮮な魚介類が豊富で美味しい函館の中で、朝から「魚の食事を気軽に楽しめるエリア」のイメージなのですが、何だか少々感じが違ってきているように感じました。

 

もう11月半ばで、秋の観光シーズンも終了間際になっていることが大きいとは思います。我々を含め(^-^; それなりに多くの旅行客とおぼしき人達が通りを歩いている割には、あちこちに点在する食事処の多くは閑散としていました.............。

 

時々見かけるのは、少数の海外からのカップルでしょうか。

 

私も魚の仕事をしているので、今年の大不漁による魚価の上昇は理解できます。 でも、お魚丼やカニ、貝類などはビックリするようなお値段だなと思った次第です。

 

これは、築地の場外の商店街の一部でも感じた事ですが、最近インバウンド向けの商品設計と価格帯にはついていけないという事が多くなりました。同じようなことは、私の住む岩手のリゾートホテルのステーキレストランでもありました。最近インバウンド招致に力を入れているこのホテルのメインダイニング ステーキハウスでの、「地元前沢牛」はいいとしても、「松阪牛」の超高級ステーキにはビックリでした。

 

世界で長く観光客を集め続けているエリアに共通するのは、地元のリピーターに愛されている事がベースにあると考えます。それに興味をもった人達が世界から集まるのが、今のトレンドだと思う次第です。正直、何だか少々勘違い??と思うのは私だけでしょうか。

|-|-|by onosyokuhin


ご注文・お問い合わせはこちら

受付時間 9:00〜17:00 月〜金(祝祭日を除く)
24時間受付

注文用紙のダウンロードはこちら