三陸おのやブログ

     三陸釜石から、「美味しいお魚料理」に
               取り組む、奮闘記です
  

<< 年の暮れ | main | 魚の産地 >>

御世話になった方から頂いたお茶

 

店主の小野です。東日本大震災の後、多くの方々に御世話になりましたが、福岡にある大学の名誉教授だった楠喜久枝先生もその一人です。

残念な事に、昨年の11月下旬にお亡くなりなり先日命日を迎えられました。

 

創業者の片腕として、日本でもトップクラスの料理専門大学を作り上げ、多くの人材を世に送り出した素晴らしい方でだったそうです。当社とは、震災前に商品をお買い上げ頂いたことがきっかけとなり、ご縁を頂きました。

震災後、東日本大震災の被災地支援のため、お仲間に声がけしてバザーをなされたそうです。その収益金で私共にも、魚をモチーフとしたお皿を沢山送って頂きました。先生始め、お仲間の皆さんのお気持ちがとても嬉しかったのを思い出します。

 

その先生から、時折頂いていたのがこの「柿の葉のお茶」でした。いつも「お体に気をつけて」とのお手紙を添えて。

先生は、60才を過ぎてから東京の大学に通い直して、柿の葉からビタミンCを多く残す手法を開発し商品化に役立てたとお聞きしました。

 

 昨年頂いたお茶が、会社にまだ残っており、見るたびに先生の優しさと60才を過ぎてから新たなチャレンジに取り組んでいた先生の強さを思います。少しでも先生の生き方を、まねできるよう頑張ろうと思う次第です。

|-|-|by onosyokuhin


ご注文・お問い合わせはこちら

受付時間 9:00〜17:00 月〜金(祝祭日を除く)
24時間受付

注文用紙のダウンロードはこちら