三陸おのやブログ

     三陸釜石から、「美味しいお魚料理」に
               取り組む、奮闘記です
  

<< キムチ納豆 | main | 333 >>

病院食の思い出

 

 

 

店主の小野です。

 

今年もいよいよ年末となりました。この時期になると、さすがに年内の商品の発送は終了し、後は物流他トラブルの電話が鳴らないことを祈るだけです(^-^;

 大掃除もほぼ終了し、パソコンのデータを整理していたらこんな写真が出てきました。

 

これは、大分前になりますが、病院に2ヶ月ほど入院した頃のものです。当時、腹部を襲った強烈な痛みに苦しみ、病院の医師の診断を受けたところ、「胆石で摘出手術が必要。肝臓が癒着しているので開腹手術、検査を含め2ヶ月程度の入院」とのことでした。

 

予想を上回る長い入院指示にがっかりも、原因が究明したので、その意味ではホッとしたことを思い出します。

 

ところが、何とも残念だったのが、入院中の食事の不味さ!!!

 

お米や付け合わせは、まずまずだったものの我慢出来なかったのが「魚料理」。外科手術の方のみならず、回復期の患者さんにとっては、食事は最大の楽しみです。もしかしたら、全国に私と同じ思いをしている入院患者が沢山いるかも知れないと思い、病院や高齢者施設向けに「美味しいお魚料理」を提供するビジネスをいつの日にか実現しようと考えました。

 

その決意とともに、このお魚料理の不味さを忘れない?ために撮ったのが、この写真でした(^-^;

 

 

あれからもう17年経ちました。お陰様で、ここ数年業務用事業の展開のために東京営業所をスタートしたこともあり、病院や特に高齢者施設向けの「調理済み煮魚・焼魚冷凍食品」の販売が大きく伸びてきました。

 営業の頑張りもあり、先月は行事食として少々お値段が張るのですが、「お刺身用の真鯛」を材料に「和風の餡かけ」に調理したメニューを採用いただき、納品させて頂きました。このような料理を採用頂き、本当に嬉しい限りです。

 

 来年は、ベーシックな青魚の調理メニューや今回のようなごちそうメニューまで、様々なお魚料理を、ご家庭のみならず、病院や施設で採用頂けるよう頑張って行こうと思います。

 

私共「三陸おのや。のブログをご覧頂いた皆様、今年もありがとうございました。どうぞ良いお年をお迎え下さい。

|-|-|by onosyokuhin


ご注文・お問い合わせはこちら

受付時間 9:00〜17:00 月〜金(祝祭日を除く)
24時間受付

注文用紙のダウンロードはこちら