三陸おのやブログ

     三陸釜石から、「美味しいお魚料理」に
               取り組む、奮闘記です
  

<< 本場 大槌町 | main | 御世話になった大先輩 >>

久しぶりの外食

 

こんにちは、コールセンターの阿部です。

 

 普段はあまり外食をすることが無い私ですが、たまには気分を変えて外で食事をしようと、雪が降る寒い中自宅から車を走らせて約3分程に店を構える『さんずろ屋』さんへ!

 普段なら、母親を車に乗せて買い物に行ったついでに外食する事はありますが、一人で行くのはいつ以来でしょうか?外出中にお腹が空いても大抵はコンビニで済ませることがほとんど、余程遠出でもしない限りお店で食事するなんて無いです。決して1人では入れない訳ではないのですが、わざわざ寄ってまでというのが正直なところでしょうか。

 ではなぜ?たまたま見ていたテレビでラーメンの特集があり、「もう行くっきゃない!」が今回数年ぶりの1人外食となったわけであります。

 

 今回食べに行った『さんずろ屋』さんは、私の住む吉里吉里から更に北上した浪板にあるお店です。前回のブログで紹介した浪板海岸に隣接しております。店内からは船越湾を一望することができます。

 

 

 

 晴れている日ならとても景色が良いのですが・・・、あいにくの雪模様です。

 

 母親と来た時なら、迷わずラーメンとなりますが、今回は少し贅沢を、イクラ丼セットを注文。このイクラ丼セットは、三陸名物磯ラーメンにミニいくら丼がついたものとなっております。

 

 

 

 画像では分かりにくいと思いますが、スープはしゅうり貝(ムール貝)をベースとした出汁でしょうか。塩ラーメンならこの味が究極に美味しいと思います。具は、地元産わかめ(これでもかというくらいいっぱい入っております)・地元産まつも・地元産ふのり・カニ爪・イカ・エビ・ホタテ・しゅうり貝と三陸の海の幸が盛りだくさん。

 

 

 

 こちらのいくら丼は小鉢ですので量は少なめではありますが、地元で採れたであろういくらを薄く醤油で味付けされ、これがまた絶品です。よく市販されている醤油いくらは皮が固かったり口に残ったりしますが、このいくら口に入れた瞬間、トロッと溶ける感じがなんともはや!

 ちなみに、自宅でも時期が来れば生のいくらを買ってきて塩いくらを作りますが、うまく作るのは案外難しいものです。

 

 ものの10分程で完食!

 

 少しではありますが、幸せな時間を過ごすことができました。普段は自分に対してはお金を使わないようにしておりますが、今回はいいとしましょう!

 ちなみにこのセット、それなりの値段ではありますが、決して手がでない金額ではありませんので、お近くにいらした際には食べてみて下さい。女性には少し量が多すぎますので、磯ラーメンのみが得策でしょう!(それでも量が多いかも・・・)

 

 この”磯ラーメン”、昨年メディアにも取り上げられましたが、実は私の地元大槌が発祥の地でもあったりします。結構、大槌町は見所がある町なのかもしれませんね!!

 

 

 

      −お客様の声−

 

 家族皆、よろこんでいただいております。息子は魚が苦手だったのですが、「おのや」さんのは喜んで食べてくれます。

サケ等お弁当にも入れて持っていっています。そちらは寒いと思いますが、皆様風邪をひかぬよう元気で!

三重県 T・M様
 

喜んでいただき嬉しい限りです。特に息子様、苦手でもおのやの料理なら・・・、涙が出そうなくらい嬉しいお言葉です。

これからもいつまでも息子様に喜んで頂けるよう、新鮮で美味しいお魚料理をお届けしてまいります。

 

 

|-|-|by onosyokuhin


ご注文・お問い合わせはこちら

受付時間 9:00〜17:00 月〜金(祝祭日を除く)
24時間受付

注文用紙のダウンロードはこちら