三陸おのやブログ

     三陸釜石から、「美味しいお魚料理」に
               取り組む、奮闘記です
  

<< マスクが安定供給されないのは? | main | 塩蔵わかめ >>

復興の火

営業の むらかみ です。

 

今朝、会社に来たら 社用車2台 窓ガラスが割れ無残な姿に

なっていました。先週末の大風によるもので、同様の被害は

たくさんでているようでした。

 

そんな中、三陸鉄道が全線運転再開。ちょうど小野食品の近くを

通る区間の再開でした。昨年3月に満を持して全線開通となったの

ですが、9月の台風で再び不通の区間が・・・

最後に残った 釜石⇔陸中山田 の区間が再開となりました。

でも残念ながら、風の影響で当日(3/20)は運休となってしました。

 

コロナウイルス対策の関係で、セレモニーも控え気味で、なんとも

寂しい門出ですが、これから頑張りましょう・・・

 

 

22日(日)には、その三陸鉄道を利用して、岩手県「復興の火」称した

オリンピック聖火の展示がありました。あのニュースで見た飛行機から

降りてきたギリシャから来の聖火らしいのですが、聖火リレーとは別に、

岩手県内8か所で展示がありました。

 

 

 

せっかくの機会なので、地元 大槌駅のところで見てきました。

三陸鉄道に乗った聖火が、駅前の特設会場に 20分程度展示。そして

また三陸鉄道に乗り、次の駅へ移動という流れでした。本来はいろいろな

イベントも計画されていたようですが、やはりこちらも簡易モードでした。

 

 

 

お約束の 「復興の火」の移動を撮っているところを撮ってもらいました。

本番のオリンピック・パラリンピックの予定通りの開催も怪しくなってきて

いますが、早くコロナ関係の騒動が収束してくれる事を願いたいと言いたく

なりますが、本来は国民一人一人が意識を持って立ち向かう事が大事で・・・

とりあえず、自分でできる事からやっていきます。

 

 

 

 

 

 

 

|-|-|by onosyokuhin


ご注文・お問い合わせはこちら

受付時間 9:00〜17:00 月〜金(祝祭日を除く)
24時間受付

注文用紙のダウンロードはこちら