三陸おのやブログ

     三陸釜石から、「美味しいお魚料理」に
               取り組む、奮闘記です
  

<< 復興の火 | main | 水産加工でもAI機能が活躍 >>

塩蔵わかめ

コールセンターの佐々木由香です。


関東地方では桜が開花したとの事ですが、こちら東北地方の桜の便りはまだ先のようです。

 

3月中旬から4月末まで、会社近くの両石湾では、わかめの出荷作業が最盛期を迎えます。
先日、伯父が作業している現場に行き塩蔵作業の真っ最中を撮影してきました。

 

生わかめを釜茹でした後、塩水で洗って冷やします。
その次に専用のミキサーで大量の塩と共に混ぜ合わせます。

 

 

 

その後はしばらく塩漬けにして水を切り、わかめの選別作業を行い出荷されます。

 

 

この時期になると食卓には必ずわかめとメカブが並びます。
最近、マイブームなわかめの食べ方を紹介します!

 

この時期旬な新玉ねぎを薄くスライスしたものと、かつお節をわかめの上にのせ青じそドレッシングでというものです。
新玉ねぎというのもあってか臭みもあまりなく、シャキシャキしていて、さっぱりとして食べやすいのでオススメです。
メカブも味噌汁に入れてみたりと初物を楽しんでいます(笑)

 

 

オンラインショップでも「北三陸産わかめ」ご用意しております。

カットずみですので塩抜きしていただければすぐにお召し上がりいただけるのでオススメです。
初物です!ぜひお試し下さい!

 

 

〜〜お客様からのお便り〜〜

利用してから4か月になります。

毎月焼魚、煮魚とてもおいしくいただいています。

ふっくら、しっとりでどのように調理しているのかなと思いながら毎月楽しみにしています。

(愛知県 T・T様)

 

 

お気に召していただき誠にありがとうございます。

煮魚ですと煮汁を少々多めに加えておりますので、ぜひ季節のお野菜と共にお楽しみ下さいませ!

 

これからも心を込めて丁寧な商品作りに努めてまいります。

 

 

 

 

 

 

|-|-|by onosyokuhin


ご注文・お問い合わせはこちら

受付時間 9:00〜17:00 月〜金(祝祭日を除く)
24時間受付

注文用紙のダウンロードはこちら