三陸おのやブログ

     三陸釜石から、「美味しいお魚料理」に
               取り組む、奮闘記です
  

<< 素晴らしい「販促策」 | main | 釜石の空模様 >>

自然の力

営業の むらかみ です。

 

釜石近辺でも 気温30℃くらいまで達するようになり、休日日中

家にいるとさすがに暑い・・・という事で先週末 今期”初”冷房

が入り。

 

そんな中、日曜日には、家の中が暑いという事で、子供むけに、

外の通称ママの畑付近に特設の勉強会場を設置しました。

 

 

 

勉強が進んでいたかどうかは良く分かりませんが、なんだか楽しそうに話を

していたので良かったのです。が、夕方になると、雨がパラパラと降って

きて、あえなく撤収。

 

その後夕方のテレビニュースで、北東北も梅雨入りしたらしいという事を

聞く事になりました。そういえば、先日、天気予報では降水確率0%という

日に、太陽に雲がかかっていない状態で結構な雨が降った事がありました。

技術の進歩で精度が上がっている天気予報だと思っていたのですが、やはり

自然の力というか・・・読めないんですね。

 

 

 

話しは変わりますが、最近特殊なルートを使い(違法ではありません)

時々船釣りに連れて行ってもらえるようになりまして、この日曜日も行って

きました。

 

朝の2時間半くらいの短時間で、息子と2人 カレイ20枚以上の釣果でした。

あまり釣れていないという前情報の中では良かったのではと思います。

 

 

 

久しぶりに むらかみ家名物の カレイの骨せんべいが登場。刺身向けの

大型のものが釣れなかったので、中でも大きいやつを無理やり刺身に

して、そのアラをせんべいにしました。

 

今回 カレイを釣りながら サバも何本か釣れてしまいました。また、船上

から、イワシの群れが見えたりするシーンもありました。悪くないような

話しなのですが、三陸界隈では、この時期に定置網に入る小型のスルメイカ

(小スルメ)の水揚げが少なくなっています。

 

一説によると、このサバ・イワシの群れが来ている為に、小するめが近寄れ

ないのではという話しがあります。何だかあり得る話のような気がします。

昨年サンマが不漁だったのも、同じ理由でサンマが日本近海に近寄れなかった

という話しを聞いた事があります。本当の原因なのかどうかは分かりませんが、

その季節のモノが獲れないとなると、寂しいですし、業界内多方面で様々な

悪影響が出てしまいます。

 

これも 自然 なんでしょうけど・・・

 

|-|-|by onosyokuhin


ご注文・お問い合わせはこちら

受付時間 9:00〜17:00 月〜金(祝祭日を除く)
24時間受付

注文用紙のダウンロードはこちら