三陸おのやブログ

     三陸釜石から、「美味しいお魚料理」に
               取り組む、奮闘記です
  

<< 距離を保って… | main | とにかく新鮮! >>

サケは、幻の魚に??

 

店主の小野です。9月も後半になり、朝の明けるのもめっきり遅くなってきたように感じています。

 

この写真は、もちろん今年のものではありません。数年前のサケ水揚げ最盛期の頃に魚市場で撮った一枚です。

 

岩手県の場合、サケは、秋の深まる10月中旬から12月にかけて、漁業生産者の方々が定置網という漁法で漁獲します。早朝のまだ暗い時間帯に網を引き上げ船の魚タンクに移し替え、魚市場に運んでくるのです。

 

10年ほど前までは、9月後半になると岩手の北部の定置網にサケが入り始め一斉にテレビニュースに流れたものです。我々岩手の水産関係者は、そのニュースを見て秋本番、サケのシーズン近しと胸がときめいたものでした。

 そして、翌月になると釜石でも、この写真のような活気あふれるシーンが繰り広げられました。

 

しかし、今年はかなりの不漁が予想されています。例年ならば、すでに生産のピークになっている北海道でも、サケよりブリの水揚げが多い状態と聞いています。サケは、最初に北海道に大きな群れが現れ、その後に南下してくるのです・・・・・・。

 

岩手は、北海道に次いでサケの水揚げが多い地域なのですが・・・・・。岩手のサケが幻の魚にならないよう祈っています。

|-|-|by onosyokuhin


ご注文・お問い合わせはこちら

受付時間 9:00〜17:00 月〜金(祝祭日を除く)
24時間受付

注文用紙のダウンロードはこちら