三陸おのやブログ

     三陸釜石から、「美味しいお魚料理」に
               取り組む、奮闘記です
  

<< 北の動物 | main | サケ養殖への取り組み >>

北三陸(久慈市)に行ってきました

 

こんにちは、コールセンターの阿部です。

 

 普段は休みの日であっても遠出をすることはほとんど無いのですが、先日何気に2013年に岩手を舞台に放送されたテレビ小説あまちゃんを観る機会があり、無性に現地に行きたくなり出向いた次第です。

 

 今現在は三陸道全線開通まではいかないものの、殆どの区間で三陸道走ることができましたので、自宅のある大槌町から目的地久慈市の小袖海岸まで約2時間ほどで着くことができました。久慈〜八戸方面には何度も行きましたが、三陸道がまだ部分開通しか出来ていない頃は国道45号線をひたすら北上し久慈市に着くまで約3時間近くはかかっておりました。

 

 あまちゃんの舞台でもある小袖海岸、実は2013年6月にも訪れております。東日本大震災から約2年と3か月、また当時はドラマの撮影が行われておりましたので今現在とは全く異なった風景となっております。

 

 

 

 関係者らしき方の姿も見えますね。

 

 閑散としております。震災後のシーンの撮影があるとの事でしばらく立ち入れなくなると地元の方からの情報もあり、その準備等で重機が入り準備を進めているのかもしれません。

 

 現在の小袖漁港は、

 

 

 当時無かった小袖海女センターがあります。3階建てで屋上は展望台のようになっており、漁港全体を見渡すことができます。

 

 何度か訪問しているものの、いまだに実際に海女さんが潜ってウニを採る光景は見れていません。

 

 

 

 堤防へと続く橋から撮影しました。ドラマのシーンでも何度となく出てきておりましたがこの階段を下って海に入ります。

 

 

 海女センター屋上から見ますとこんな感じです。

 本当に海の中がきれいで、底のウニまで見る事ができます。

 

 海女センターに入りますと、以前も見た事のある日本地図が・・・

 

 

 左側が現在で、右側が2013年6月時点です。

 どちらからお越しですか?と、今回は既に3回以上訪問しておりますので岩手県に緑のシールを、2013年時点では初めてでしたので赤いシールを貼りました。

 当時はドラマの影響もあり、全国から非常に多くの方々がこの地を訪れております。現在は少なくなってはいますが、それでもかなりの方が訪れていますね。海女さんの絵も2Dから3Dっぽくなっていますね。

 

 また高台には、

 

 

 監視小屋まで、ドラマではストーブさんが一時期バイトしていましたね。

 

 私も地元が大槌ということもあり、地元の海と小袖海岸もある意味代り映えが無い風景と思われますが、この地を訪れると、何か胸が高鳴るというかどきどき感が、これもドラマの影響なのでしょう、自分自身がドラマに出ているようなそんな感じがします。

 

 来年の夏こそ是非海女さんのシーズンに訪れたいものです。

 

 

 

      −お客様の声−

 

 

 毎月味の良いお品物を送ってくださり誠にありがとうございます。

 1日1食はお魚と決め、約半月は食べられ楽しみです。もったいないので、1日おきにして次の月の分を早く早くとの思いで待っております。

東京都 K・W様
 

喜んでいただき嬉しい限りです。お魚料理が届いたばかりはお魚いっぱいで今日はこれ、次はこれと考えるだけでも楽しくなってきますね!

これからも日々飽きることなく喜んで頂けるよう、おいしいお魚料理をご提供してまいります。

 

 

|-|-|by onosyokuhin


ご注文・お問い合わせはこちら

受付時間 9:00〜17:00 月〜金(祝祭日を除く)
24時間受付

注文用紙のダウンロードはこちら