三陸おのやブログ

     三陸釜石から、「美味しいお魚料理」に
               取り組む、奮闘記です
  

IoTと水産業

 

店主の小野です。

 

先日テレビを見ていたら、興味深い番組をやっていました。「IoT」技術を応用した魚の養殖についてで、魚の食欲を感知するシステムを開発し、餌の自動給餌を実現しているとのことでした。その結果、餌の食べ残しが減り給餌のコストが大幅に下がると同時に、大幅な省人化が図られる訳です。

 その先進的な取り組みに感心していたら、新聞でも、養殖魚技術について別の切り口の記事を目にしました。それは、赤潮対策に生け簀ごと、まるで潜水艦のように潜らせて、赤潮を回避する技術が実用化されているという内容でした。

 赤潮というのはプランクトンの異常発生によるもので、海流や水温により生じるために対策がないとされていました。それが、発生の探知から対策まで、コンピューターシステムが応用されるようになったというわけです。

 

近年、日本の漁業を取り巻く環境は大きく変化しています。私が高校生の頃、日本の年間の水揚げ量は1000万トンと習った記憶がありますが、今はその半分程度でさらに減少傾向にあります。

 もちろん、天然魚の漁獲については世界的な取り組みが必要ですしこのまま減少し続けるとは限りませんが、世界中で魚食文化が広がっている中で、日本の漁獲量が大きく反転するとは思えません。

 

労働人口が減少していく中で、このような省人化を組み合わせた養殖技術が日本中に広がっていくことも重要なことだと考えます。2018年は、そのようなうねりがさらに大きくなることを期待しています。そして、高品質で安全性の高い養殖水産物を我々水産加工業界も活用し、三陸産など天然の美味しい魚も組み合わせて、日本ならではの「魚食文化」を世界に広げていきたいと思う次第です。

|-|-|by onosyokuhin

釜石のソウルフード

こんにちは。

コールセンターの獅子田です。

 

2017年も残りわずかとなりました。

自分のブログを思い返すと、食べ物のことばかりでしたね(笑)

今年最後のブログは何を紹介しようと考えていたら、無性にたこ焼きが食べたくなり・・・。

すぐに買いに出かけました。

 

釜石市内にある「大正軒」というお店です。

昔からあるお店で子供の頃からずっと食べてきました。

 

 

ソースは袋に入っていて、食べる時につまようじで袋に穴をあけて、自分好みの量をかけて食べます。

写真を見てたらまた、食べたくなってきました(笑)

最後まで食べ物ブログでしたね。

 

来年は戌年ということでかわいい写真も撮りましたよ!

 

 

本年は大変お世話になりました。

来年もよろしくお願い致します。良いお年をお迎えください。

 

最後に、年末年始の休業日をご連絡いたします。

 

12月29日(金)〜1月4日(木)までお休みさせて頂きます。

各種お問い合わせは1月5日からご対応致します。

 

大変ご迷惑をお掛け致しますが、よろしくお願い申し上げます。

 

 

*****お客様の声*****

今回、2回目受け取りました。注文してみようと思ったきっかけは、

この歳になって魚の煮付けの基本的味付けを教わってみたいと思いました。

前回のサバ味噌煮は「なるほど、おいしい。」と思いました。

これからも楽しみにしています。

 

千葉県 Y・K様

 

お気に召して頂き幸いです。

何か、気になる点などありましたら、ご遠慮なくお聞かせ下さいませ。

今後もご期待にお応え出来る様、努めて参ります。

 

 

 

 

 

 

 

|-|-|by onosyokuhin

新年に向けて

営業の むらかみ です。

 

仕事だけでなく、プライベートでも何かと慌ただしかった年末ですが、

ようやく、年越しが見えてきました。会社的にも 年末商材の納品の

最終段階ですが、ここまでは何とかトラブルなく来ています。あとは、

悪天候にに負けずに、きちんと納品されれれば・・・と言ったところです。

 

今年は、魚に関する環境が激変。いろいろと試練を受けながらではありますが、

勉強させて頂きました。新年はその厳しい環境の中での受けてのスタート。

良い状況とは言えませんが、少しでも良い魚を調達して、皆様に

お届けできればと考えています。

 

 

新年に向けて、本日 大槌工場に新たな機械が入ってきました。

 

 

 

何の機械かは内緒にしておきますが、新メニューを生産するための機械に

なります。試運転の結果は良好との事でした。

春までには新メニューが登場する予定ですので、ご期待ください。

 

 

 

|-|-|by onosyokuhin

仙台の夜景

 

店主の小野です。

週末は、通販事業の打ち合わせに仙台に行っていました。

 

ミーティングを行った取引先の会社は、仙台の中心街の定禅寺通りという所にありますが、この時期は通りの木々に1万個以上のLED照明を施し仙台の風物詩になっているとのことでした。

 

確かに、会議が終了した午後6:30過ぎには見事な夜景に変身し、通りは多くの見物客でごった返していました。

 

それにしてもこの見事な「電球装飾」、木々の枝一本一本に100個以上の電球と電線を巻き付けてあり、その数およそ数千本以上。本当に気の遠くなるような地道な作業と思われます。また相当な費用がかかっていると思われました。

 素晴らしいと思うのは、地元の商工会が周辺の企業に呼びかけ、各社少しづつ拠出してもらうことにより財源を確保し、継続しているということ。安易に補助金をあてにせず、地元の民間による粘り強い活動を主体に、全国的にも有名なイベントに成長させた点です。

 

 昨年、同じ場所で開催された仙台の一大イベント「ジャズフェスティバル」に来たことを思い出しました。あの企画も、地元のジャズ好きな何人かの方々中心となって、大きなイベントに成長させているとのことでした。

 

 

 東日本大震災からの復興途上にある三陸沿岸の我々は、国の補助を使って、何らかの活動を行うというのが当たり前になっているように思います。まもなく震災から7年、もうそろそろ、この仙台の方々の取り組みに学ばなければと思う次第です。

 

 

|-|-|by onosyokuhin

釜石 Illumination’s

こんにちは、コールセンターの會田ですクリスマス

 

今年も残すところあと10日になりましたね!

毎日寒さが厳しいですが、雪が舞うくらいで積雪はない釜石です。

内陸は本当に雪が多いようですので、豪雪地帯の方々はどうぞお気をつけ下さいませ…雪だるま

 

毎年恒例ですが、この時期ならではのこちらの風景をお届けいたしますクリスマス

 

まずは国立療養所。光の回廊もとっても素敵ですきらきら

街中もほんのり光ってますクリスマス

新しくオープンした市民ホール「TETTO」のギャラリーもカラフルでいいですね!

そして、毎年頑張ってくれる石材店さん。

これが始まらないと物足りないですね(笑)

 

娘と一緒に夜のライトアップツアーでしたニコッ

 

クリスマスお客様からのおハガキクリスマスクリスマスクリスマス

とてもおいしい海のごちそうを有難う。

届いたお魚料理をたきたての新米と共にすぐに食べてしまって、

次に送られてくる日が待ちどおしいです。

                千葉県 K・M様

新米とお魚、それだけでごちそうですねごはん

これからも美味しいご飯と共に、お召し上がりいただけましたら幸いです!

 

|-|-|by onosyokuhin

年末といえば

営業の むらかみ です。

 

週末の 東京:東銀座の直売会。たくさんの方にお越し頂き

ありがとうございました。新商品のお披露目という事で、本当に

売れるのかドキドキしていたのですが、スタート直後から

お買い上げいただきホッとしました。

 

 

なんとか2日間無事に終了しました ・・・ と行きたいところ

でしたが、写真の中の約1名 会場に向かう途中で不慮の事故に合い

軽い出血騒動。大した事はないという事でしたが、週明けに 痛むと

いう事で病院行きになったようです。

 

ちなみに交通事故ではないのですが、歩道で業者が引く台車にひかれたとの事です。

年末と言えば、何かとせわしく、何が起こるか分からないので、気を付けましょう

という話でした。

 

 

年末と言えば、三陸おのや的には、子持ちナメタガレイ煮付です。

 

 

年末のごちそうメニューで、今年も限定販売。

順調に販売が進んでいますので、もうすぐ〆切になる可能性がありますので、

予定のある方は、お早めにお願いします。

 

年末と言えは、今年の釣り納めは、ナメタガレイを計画中です。

良い報告が出来ると良いのですが・・・

 

|-|-|by onosyokuhin

魚大好き人「御用達」定食店

 

 

店主の小野です。

 

先日福岡に行った際に、案内されたお店です。

 

何と! 魚定食が30種類もありました。

価格帯が1000円から1700円前後と、ランチには少々お高い価格帯ではありますが、昼はいつも満席の人気店だとのことでした。

 玄界灘は、三陸と違って、サンマやサケなどがある時期に大量に水揚げされる魚種はありませんが、白身魚を主に魚種が豊富だと聞きましたが、その地域の特徴を生かしたお料理屋さんだと感じた次第です。

 

 この看板を見て、もう一つ感じたことがあります。

 

最近、世界中で魚の取引価格が上昇を続けています。欧米やアジアでも、これまであまり魚を食べてこなかった国々の魚消費量が増加しています。それらに国々に共通しているのは、魚料理が「ごちそう」に位置づけされています。

 

 一方、日本では、一般に「魚」は「肉」に比べて安いものという感覚があり、ある価格帯を超えると量販店でも売上げが鈍るために、価格上昇が続いている海外市場からの魚の調達が難しくなっていると聞きます。

 国内でも、全国的に水揚げ量が少なくなっている中で、取引価格が毎年上昇をつづけています。例えば、今年のサンマの市場取引価格は3年前に比べると約2.5倍。秋サケも数年前に比べると2倍以上です。

 

 最近、魚の価格が上昇しているために、外食メニューから外れたり、スーパーなどで取り扱いがなくなるケースが増えているように感じています。このままでは、豊富な魚料理を楽しんできた日本の食文化が衰退してしまう危機感を感じています。

 

 我々水産業界は、魚料理をもっと美味しく食べやすく消費者の方々に提供することに尽力し、「魚は少々高いけれど、栄養豊富で美味しいごちそう料理」という感覚を、多くの人々に持ってもらえるよう努力しなければならないと思いました。

 

 

|-|-|by onosyokuhin


ご注文・お問い合わせはこちら

受付時間 9:00〜17:00 月〜金(祝祭日を除く)
24時間受付

注文用紙のダウンロードはこちら