三陸おのやブログ

     三陸釜石から、「美味しいお魚料理」に
               取り組む、奮闘記です
  

岩手大学の水産強化

 

店主の小野です。

 

先日、岩手大学の新施設の落成式があり出かけてきました。この大学は、長い伝統を持つ農学部があるものの水産部門がなかったのですが、東日本大震災により沿岸地域が壊滅状態になった中、今は鬼籍に入っている当時の学長が、「復興支援は、これからの岩手大学の大きな役割」と宣言され、とても心強く思ったものでした。

 

 あれから8年半。約束通り、平成28年には農学部に水産システム学コースを設置、今年の秋からは二期生が釜石キャンパスにやってきます。そしてこの日は、新たな研究施設の完成を祝う集まりでした。

 

 

 

施設のお披露目の後は、地元漁業生産者の方々が持参された新鮮なカキなどが振る舞われ、大学の研究者が試作されたホタテが25%入っている?という「ホタテアイス」もごちそうになりました。

 

地元の新鮮な魚介類を使った商品開発や、人材確保、理工学部などとの連携による生産現場のロボット化やIT活用など、地域の産業界と大学の連携のテーマは沢山あります。

 

当社も、この8年で岩手大学から3名を採用させて頂き、みな品質保証部などで頑張ってくれています。

この地域の水産業界が更に発展するよう、我々も大学の皆さんのお力を借りながら頑張って行こうと改めて思いました。

 

 

|-|-|by onosyokuhin

わが町

コールセンターの佐々木由香です。

 

ここ最近、頻繁に防災無線が流れるのですが、

その理由というのが、熊の出没です。
会社のある両石町、隣の鵜住居町と出没しています。

 

早いもので今年も折り返しに入りました。
地元の広報誌等では、ワールドカップまであと何日とカウントダウンに入ったり、

テレビ等でもラグビーを特集したものが多かったりと、さすがにいよいよだなと感じます。

 

鵜住居復興スタジアムでも仮設スタンドの設置が完了したようです。
私の母校である鵜住居小学校と釜石東中学校の跡地に建設されたという事もあり感慨深いものがあります。

 

 

その後、高台に建設された新しい学校も町に馴染んでいます。
そこからの景色を撮影してきました!

 

 

もっと高い所から撮影したかったのですが、

中学生が部活中だった為、不審者に間違われたら大変なので遠慮しました(^_^;)笑

見えにくいですが、丁度よいタイミングで三陸鉄道が走っていました!

 

その後、少し鵜住居を散歩してきました!

 

建設中の体育館です。

東京オリンピックの影響で資材が高騰し建設が遅れているようです。

 

 

また秋頃には、スーパーマーケットも出来る予定になっています。
ワールドカップの後も賑わい続ける町である事を期待したいです!!

 

 

===お客様からのお便り===

サンマの南蛮漬がダシが効いていてとても美味しかったです。

ダシ汁が残ってもったいないので、新玉ねぎのスライスを入れて、

また美味しく食べました。(静岡県 O・K様)

 

 

 

お気に召していただきありがとうございます!

煮魚ですと、汁を多めに調理しておりますので、

ぜひ他のお魚料理でも、季節のお野菜と共にお楽しみ下さいませ!

 

 

 

 

 

|-|-|by onosyokuhin

コールセンター

営業の むらかみ です。

 

4月から始まる新年度。そして今年は特別ですが、5月からの新元号。

何だか新年感が残っていますが、7月に入ったという事は、

1年の折り返し・・・言われて、ハッとしてしまいました。

 

ピンチから一転、三陸おのやの季節メニュー 三陸産イカ姿煮 

当ショップで 販売スタートしています。

 

豊漁とは言えませんが、先週から新鮮なイカの水揚げが続いて、

皆様にご案内出来るようになりました。むらかみも、何度か試食

する機会がありましたが、最高です。

ただ、残念なのが、仕事中なので 大人の飲み物が無い事です。

 

今が旬の 季節メニューです。数に限りがありますので、お早目に

お買い求めください。

 

 

そんな、皆様のご注文を受けるのが、三陸おのやコールセンターです。

 

 

12名ほど写っていますが、エキストラなしの 全員本物のコールセンターの

スタッフです。日々、お客からのお問い合わせやご注文などに、応対させて

頂いています。

 

 受付時間  平日 月~金 9:00~17:00

 

釜石にある 小野食品の本社と同じ敷地内ですが、本社事務所とは別棟に

このコールセンターはあります。大切な皆様の個人情報をお預かりするため、

原則部外者の入室は出来ませんので、ご了承ください。

 

いろいろ個性的なメンバーが居りますが、ここで紹介し始めると長くなるので・・・

 

当ブログでは、だいたい週中の水・木あたりにコールセンターメンバーが

交替で投稿します。しっかり、メンバーそれぞれの個性が出ていますので、

毎週チェックして頂けたらと思います。

 

 

 

|-|-|by onosyokuhin

料理勉強会 中華編

 

 

店主の小野です。先日、中華料理のオーソリティーの方に料理の指導を頂く機会を得ました。

 

 私達の頒布会は、醤油、味噌などの和食系が多いのですが、最近はご高齢の方々でも、イタリアンやフレンチ、そして中華も普段から楽しまれる方々が多くいらっしゃいます。

 そのような皆様から和食以外のリクエストも多いこともあり、今回このような機会を頂くことになった次第です。

 

 

 

勉強になったことは沢山あります。例えば、味作りに様々な発酵調味料やスパイスが使われること。それらと鶏肉、野菜から作ったブイヨンのハーモニーで、素晴らしい調味ソースが出来上がっていました。

 

これが、中華料理の原点なのだと思います。さらに、食材の丁寧な下ごしらえと下味漬け。これは、和・洋・中華を問わず料理の基本なのでしょう。そして、料理の各工程での温度管理がまた見事でした。食材に火を通すタイミングを調整することで、完成した料理の中で、それぞれの食材が生きていました。

 

これらの手法を、工場生産の中で生かすのは困難を極めることだと思いますが、少しでも今後のメニュー開発に生かせるよう、スタッフのメンバーとチャレンジしていこうと思います。

|-|-|by onosyokuhin

トマト麺

こんにちは、コールセンターの佐々木李美です。

 

こちら、釜石はじめじめとした雨模様です。

猫ッ毛の私は、湿気を敏感に察知し、うねりを加速させております。

少し気分が落ち込みがちになりますが、こんな時は美味しいもので元気を取り戻します。

 

先日、釜石ラーメンで有名な新華園に行ってきました。

 

前回は定番の釜石ラーメンを頂いたので、

今回は女性に人気と貼り紙がされていたトマト麺を注文しました。

 


麺は釜石ラーメンらしい細いちぢれ麺、スープは少し酸味の効いた塩味、

トッピングはトマト、レタス、水菜とふんわり卵でした。

 

ヘルシーな感じでラーメンをすすれるっていいですね!
麺がスープとよく絡んでサラサラといただけました。
優しい味わいで美味しかったです。

 

新華園は3店舗あるのですが、今回はNAKAZUMA店に行ってきました。
定番の釜石ラーメンは、ほっとする懐かしい味で魅力的ですが、

たまには変わり種ラーメンに挑戦してみるのも楽しいですね!

 

お客様の声

サワラ西京焼を自然解凍し、米オイルで両面焼きバターをのせました。

とっても美味しかったです。

(広島県 Y・T様お葉書)

 

アレンジレシピをご紹介いただきありがとうございます。

想像してみたら美味しそうで、ぜひ一度試してみたくなりました。

また何かございましたらお聞かせくださいませ。

 

 

|-|-|by onosyokuhin

ようやくスタート

営業の むらかみ です。

 

あきらめムードが漂っていたところでしたが、

なんとか、今年も恒例の季節メニューの生産がスタートしました。

 

三陸おのや平年比 約3週間遅れ で、三陸産イカ姿煮 スタートです。

 

 

 

毎年、この時期に頭を悩ませられるのが、この三陸産イカ姿煮です。

 

当社の独自のルールにより、水揚げ当日に 調理加工を完了するという

縛りを設けているメニューです。

 

この時期に三陸沿岸で水揚げされる スルメイカは、小型で身がやわらかいので、

煮付には最高です。ただし、小型で身がやわらかい分、鮮度落ちも早くなります。

また、真水で作った氷もNG。鮮度を維持するには、やはり工場から近い市場での

水揚げ必須条件になります。

 

言い換えると、水揚げ産地に近い工場でしか出来ない商品です。

 

本日ようやく 製造スタートできましたが、明日以降は、毎日毎日の水揚げ次第。

準備が整い次第、当ショップでもご案内スタートいたします。

 

 

|-|-|by onosyokuhin

「海のごちそう頒布会」のお客様懇談会

 

 

 

 

店主の小野です。

 

週末は、盛岡と仙台で、私どもの通販事業「海のごちそう頒布会」のお客様方との懇談会を実施しました。

 

参加して頂いたのは、これまで「頒布会」の商品を数十回以上継続してご愛顧頂いている方々ばかり。中には、100回以上継続して頂いている超ヘビーユーザーのお客様も数人いらっしゃいました。全国にいらっしゃるこのようなリピーターの皆様の支えがあって震災から復興することが出来ていることを思うと、万感の思いでした。

 

 会合は、まるで親戚に人達が久しぶりに集まったような何とも言えないアットホームな雰囲気の中で、コールセンターの2名の熱のこもった司会も功を奏し、あっという間に時間が過ぎて行きました。

 皆様の日々の生活の中でご利用頂いているシーンについてお話や、商品についての様々なご希望をお聞きし、開発メンバーが用意した試作品についても様々なご意見を頂くことができ、本当に貴重な機会でした。

 

 

 

 

 

 

|-|-|by onosyokuhin


ご注文・お問い合わせはこちら

受付時間 9:00〜17:00 月〜金(祝祭日を除く)
24時間受付

注文用紙のダウンロードはこちら