三陸おのやブログ

     三陸釜石から、「美味しいお魚料理」に
               取り組む、奮闘記です
  

冬の準備

営業の むらかみ です。

 

ついこの前まで 半袖で過ごしていたと思ったのですが・・・

〜コールセンターには、まだ半袖さんがいました〜

 

とり急ぎ、社用車のタイヤ交換(冬タイヤ装着)済ませました。

というのは、天気予報 “雪” となっている地域への出張だからです。

今のところ 雨模様ですが、これから寒くなって来るようです。

 

先週は久しぶりに、船でカレイ釣りに行ってきました。

いつもの 釣り部のメンバーに加えてゲストも加わり、ちょっとした

コンペのような感じでした。(あくまでもプライベートです)

 

正直 あまり釣果の期待できる時期ではなかったのですが、ちょこちょこ

釣れる状態が続き、仕掛けを下ろす時間より自分と戦っていた時間の長かった

1名を除き、そこそこの釣果でした。

 

と言う事で、恒例の むらかみ家名物 です。

 

 

カレイの骨せんべいです。

偏食の多い、小学2年の息子。この日は、美味しいといって

カレイの刺身(コリコリの)を食べていました。

 

食べきれない分は、干物にしてとっておこうと思い、カゴに入れて

干していたら、網が破壊されて、2枚ほど持って行かれていました。

おそらく カラスの仕業かと・・・

今までこんな事なかったのですが・・・

 

 

 

 

|-|-|by onosyokuhin

地元の祭り

営業の むらかみ です。

 

先週末 釜石でおそらく一番大きいと思われる祭りがありました。

釜石に来て、初めてこの祭りを見た時、「釜石ってこんなに人がいるんだ」

と思った記憶があります。

 

仕事だったり、他の用事があったりここ何年も見に行っていませんでしたが、

久しぶりに、行って見ることにしました。震災後、人口も減少していたりして

もしかしたらと思ったのですが・・・

 

 

 

釜石にこんなに人がいるんだ説は変わっていませんでした。

しかも なんだか若者が多いように感じられました。

 

 

若者が多いといえば、翌日 大槌の方で、ロックのフェスティバルがありました。

そっちの方面は疎いので、内容は良くわからないのですが、夜、花火大会があるとの

事で、家族総出+近所の友達(子供)を連れて 出陣。

 

 

ライブの最後に カウントダウンが始まり、花火がスタート。格好良い演出

だと思ったのですが、同時に会場内の屋台の電源を落とされ、子供たちが、

わた飴を買いそびれる事になりました。

 

それでも、比較的近いところで見られたので、迫力がありました。

最後にきれいな連発モードも決まり、開場からは大きな拍手が出ていました。

コンパクトな感じでしたが、子供たちも喜んでいて、良かったと思います。

電源が復旧し、むらかみは、買いそびれた生ビールを無事調達しました。

 

 

 

この夏、意外と人気のあるメニューが 三陸産カキ時雨煮 です。

先日も、商談で業界の方に試食して頂いたのですが、ふっくらとした仕上がりと

凝縮したカキの旨みを評価されました。三陸のカキの一番おいしい時期に、

鮮度良く調理したものですので、産地ならではの商品になります。

 

この時期は冷酒と合わせると最高とのの声も多数あがっています。

解凍するだけで、温めずに冷たいままでお召し上がりいただけます。

 

 

 

 

|-|-|by onosyokuhin

快挙!

営業の むらかみ です。

日曜日に、小野食品 釣り部(非公認)において、歴史的な出来事がありました。

第3回大槌町長杯 大槌湾カレイ船釣り大会 3回連続いつもの3人で参戦
してきました。今回の参加人数は140名。県外参加者も多いみたいで、結構な
規模の大会になってきました。過去2回とも むらかみは、ブービー賞(下から2番目)
を争うような成績でしたが、今回は、40cm超のナメタガレイを含めてまずまずの
釣果・・・とは言っても入賞争いからは大きくかけ離れていました。

そんな中、部員の1人(社内では、切身部門担当)が、とても当日朝 寝坊して来た
と思えない 神がかり的なペースで釣り上げていました。





写真は、大槌町長から表彰を受けている様子です。
結果は、2位の方も大きく離してのぶっちぎりの優勝でした。

同じ船に乗って、同じエサを使用しているのですが、これだけ大きな差が
出るものだと、改めて感じました。

いつも何か当たる抽選会も逃して、賞品なしでの帰宅になりましたが、
むらかみ家名物の“カレイの骨せんべい”は作ることができました。



6月9日(木) いわて銀河プラザ(東京・東銀座)間もなくです。
三陸産イカ姿煮 三陸産カキのマリネ  試食できます。
また、当日来場された方には、素敵な特典を用意しています。
むらかみも、当日 応援に行く予定になっています。




 
|-|-|by onosyokuhin

季節メニュー

営業の むらかみ です。

お待たせしました。季節メニューのご案内です。



三陸産イカ姿煮
原料は地元で水揚げされる “小スルメ” と呼ばれている いわゆる夏イカです。
スルメイカの成長途中の小型のもので、煮付にしても身が軟らかいのが特徴で。
旨みのある腑もいっしょに、煮付けにした姿煮は、お酒好きに受ける人気メニューです。

水揚げした、当日中に煮付にしするのがこの商品のポイントです。
軟らかい身でも、プリッとした歯ごたえが残るには、やっぱり水揚げしたその日の
調理加工が必須です。冷凍したりすると、身の弾力がなくなってしまいます。



例年より少し早めに お目見えしたので 商品販売スタートしました。
とは言っても、水揚げ状況に左右されるメニューですので、数量限定となります。
毎年、小スルメの水揚げが始まると、空振り覚悟の工場生産体制を組み、水揚げがない場合は、
別商品の段取りを組むのですが、今年は空振りの連続です。

まだまだこれからも水揚げは期待できるのハズでので、なるべく沢山の方にご案内できるように
したいと思っています。




6月9日(木) いわて銀河プラザ(東京・東銀座)にて三陸おのや商品の
試食販売を実施します。こちらでも販売する予定ですが、それまでに売り切れてしまうかも
しれませんのでご了承ください。

 
|-|-|by onosyokuhin

新たなスタート2

営業の むらかみ です。

 4月4日 本日から 大槌工場での生産がスタートします。
工場内は関係ありませんが、天気は雨降りです。
 しっかり準備を進めてきたつもりですが、“洗礼”を受けながらの
スタートとなりました・・・


 週末には、また地域で新たなスタートがありました。
町内会の消防団の分団の落成式です。いろいろなモノを新しく
作らなければならない大槌町ですが、先月中旬には、本体の消防署が
落成式を迎えたばかりですが、ウチの町内会の分団も立派に
新設されました。

 という事で、餅まきに参加して来たのですが、お餅だけでなく、中に
紙が入っていて、当たりが出ると お菓子やお米などが貰えるとのことで、
中でも“大吉”(最高賞)が出ると 3,000円相当の焼肉セットとい事で、
大人から子供まで大盛り上がりでした。




 

 あまり大きな声で言えませんが、意外と”ヒキ”の強い むらかみ家 
娘が見事 “大吉” をGETしました。夕食は、もちろん焼肉だったのですが、
流れで、近所のお友達(子供)が集まる事になり、お肉を買い足す事になりました。

|-|-|by onosyokuhin

新たなスタート

営業の むらかみ です。

今週は、久しぶりの大阪出張です。いつもこの時期迷う “コート”について
「朝晩は冷える」という情報をもとに、持参したのですが、今のところ
活躍は見られません。すでに桜が咲いていて、今週末が見ごろとの事。
朝、暖気運転でフロントガラスの冷たい物体をとかす世界とは大違いですね。


大槌町民の むらかみ です。

先週は、大きなイベントが重なりました。
何と言っても、当社 大槌工場の竣工式と開所式。
むらかみは、大槌・開所式では、約5年ぶり2度目の“司会”の役割でした。




丁度 神事と同じ時間に、ウチの子供たちは、1キロ位しか離れていない場所で、
風船を上げていました。町内の新しい橋の開通式でした。
国道でもないのですが、現在建設中の 大槌学園(小中一貫校)の通学路として
活躍する予定の橋ですが、大槌町内の特定の地域(むらかみ家該当)にとっては、
大変意義のある橋の開通になります。

会社にとっても新たなスタートで、ウチの地域でも新たなスタートとなり、たまたま
そのタイミングが重なった1日でした。
新年度に向けて、良い弾みになったと思えるように新年度も頑張ります。






 
|-|-|by onosyokuhin

タラ料理

営業の むらかみ です。

日曜日、朝起きてみると車の上に 30cmくらい雪が積もっていました。
前日の夜からチラチラとは降っていたのですが、ここまで積もるとはという
感じでした。

起きたの朝3時半頃。暗い中で1人で雪おろしをしていました。
何でこんなに早いのかというと、そうです、その日は出漁の日・・・
という事で、魚へんに”雪”と書く 鱈(タラ)釣りに行ってきました。

雪は降ったものの、海上は比較的穏やかで、思った程寒くもなく、
コンディションとしては悪くなかったと思います。

昨年は、バカみたいに大漁だったのですが、今季はあまりよろしく無いようで、
修行モードの時間が続きました。それでも、船内で一緒にいったメンバーが
大物をポツポツ釣り上げる中、むらかみは、中小様々なサイズのタラと、
違う魚を釣り上げていました。

結果、近所に配る程ではなかったですが、家では十分過ぎる位の量は、
持ち帰る事ができました。





刺身、から揚げ、そしてアラの煮付と・・・特にから揚げは、子供に大好評で、
遊びに来ていた友達も一緒に おいしいと食べていました。子供に、
「また釣ってきてね」と言われたので、また堂々と行くことができます。

タラではない小魚関係は、開きにして青空乾燥中です。
大槌の新工場では、干物を作成する設備も出来るので、もしかしたらこういう
魚が商品化されるかもしれません。

食べきれない分は、下ごしらえをして冷凍保管。ここまでばっちり準備した所で、
まさかの体調不良になり、結局、新鮮なプリプリの刺身を食すことなく、ダウン
してしました。翌朝、妻に聞いたら、とてもおいしかったとの事でした。







 
|-|-|by onosyokuhin

かに

営業の むらかみ です。

週末は、出漁予定だったのですが、あいにくの波模様で中止となりました。
代替の日程を決めたのですが、また中止になるかもしれないので公表は避けます。

替わりにという訳ではありませんが、日曜日に 宮古の方で行われた
“毛ガニ祭り” に行ってきました。

宮古は、釜石よりも北にある街で、車で1時間位のところです。
トロール船なども入る漁港で、釜石よりも魚市場は活気があるような
イメージです。

毎年、この時期に 魚市場で一般の方を対象に “毛ガニ祭り”が行われています。

子供の習い事の関係で到着がお昼頃(開場は14時まで)になってしましたが、
とてもたくさんの人が来て、車を止めるのに一苦労でした。
何年か前に来た思いでがあるのですが、ここまで人がいたかな?といった感じでした。




ちょうど会場をウロウロし始める時に“模擬セリ”があるとの事で参加してみる事に
しました。




普段 市場で行われている セリ の一般向けバージョンです。
普通は、最高値をつけた人がその値段で買う事ができるのですが、ここはイベント
ですので、“セリ人”の裁量で決めてしまうというシステムでした。

普通にお店で買うより安く買えるようなので、子供を使って落とそうする作戦で
行きました。中々うまくいかない中、子供たちが涙目になってきたので、
「もういいよ」と声をかけたのですが、どこで火が付いたのか分かりませんが、
今まで見たことないくらいの根性を見せていました。

終盤でセリの参加者が減ってきたあたりで、うちの子の涙目が セリ人 の目にとまり、
そこがポイントで買う事が出来ました。

震災前は、地元の漁師さんから 足が折れたりして正規の売りものにならない
ような毛ガニを安く譲って頂いたりして食べていたのですが、今はそれもなく、
また、今年は漁が少ないとあって、スーパー等でも手が出にくくなっていました。
久しぶりに 堪能する事が出来て良かったです。
(肝心な毛ガニの写真撮り忘れました。)

来週、天候が良ければ良いのですが・・・

 
|-|-|by onosyokuhin

新年

営業の むらかみ です。

新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

年始は恒例の出張スタートです。
今年は“白い物”が少なく、移動は過去にないくらい快適でした。
でも、取引先の話の話によると、降るものが降らないと、経済的にダメージが
あるとの事でした。暖かいのも必ずしも良いことではないのですね・・・

年末は社内の若手メンバーの活躍により、大掃除の担当がなくなり、
だいぶ楽をさせてもらいました。しかし12月29日の仕事納め(工場より1日遅れ)
では、静かに納まると思いきや・・・終了約1時間前に○○のTELがあり、
商品を発泡スチロールに入れ、ドライアイスお同梱し、片道2時間のドライブ・・・
当社の責任ではないのですが、取引先の“お願い”により航空便に載せる緊急対応しました。

何とか無事に年を越すことができました。

明日は北を目指すので、最終は青森に到着予定です。“白い物”に遭遇は必至ですが、
慣れていますので大丈夫です。

今年も、昨年以上に飛躍できるよう頑張っていこうと思いますので、改めて本年も
よろしくお願いいたします。
|-|-|by onosyokuhin

報告

営業の むらかみ です。

年末・年始の商材およびギフト関係のご注文が集中するこの時期ですが、今年は、
いろいろな意味で、うまい方向に行くことができて、今日 12月23日に
お休みがとれました。

そこで、以前からたくらんでいました、ある作戦を決行することができました。
このちいきでも、三陸おのや的にも年末の代名詞ともいえる、ナメタガレイを
自己調達することです。要するに、釣りに行ってきましたという話です・・・


この話題に触れたということは、結果が出せたということでの皆様へのご報告に
なります。






ナメタガレイにしては小さい方の大きさになりますが、それでも40cmくらいは
ありますし、しかも子持ちでした。この時期、スーパーで買うと結構な価格に
なると思います。

本命は1枚しか獲得できませんでしたが、大小様々の大きさのアイナメや
ソイ等がたくさん釣れましたので、むらかみ家の夕食には、十分過ぎる釣果でした。

本命のナメタガレイは、大晦日にいただくとして今日は他の魚をいただきます。

三陸産子持ちナメタガレイ もうすぐ受注締切予定ですのお早めにどうぞ。









 
|-|-|by onosyokuhin


ご注文・お問い合わせはこちら

受付時間 9:00〜17:00 月〜金(祝祭日を除く)
24時間受付

注文用紙のダウンロードはこちら