三陸おのやブログ

     三陸釜石から、「美味しいお魚料理」に
               取り組む、奮闘記です
  

秋鮭

営業の むらかみ です。

 

週末の朝の散歩も、ようやく“汗がふき出さない”季節になってきました。

いつものルートの小さな川に、大きな魚が動くのが見えました。

 

 

いまが旬の秋鮭です。

河口付近にネットが張られている ちょっとした大きな川の支流。きれいな水で、

深さもないので、魚は丸見えです。

 

ここ数年は、不漁続きの秋鮭。今年の水揚げは、若干回復傾向のようですが、

とても豊漁といえる状況ではありません。

 

12/2(日) おおつち鮭まつり 開催予定です。一昨年は不漁で中止となってしまい

ましたが、昨年は開催。今年は当然開催予定です。鮭のつかりどりをはじめ、いろいろな

イベントがあり、小学4年生枠で、今年はウチの息子も伝統の(?)踊りを披露する

予定です。

 

秋鮭メニューですが、三陸おのやでは、不動の定番 “三陸産サケ新巻づくり”に

なりますが、最近、社内でも評価急上昇なのが、“サケ塩麹焼”です。

 

 

 

 

塩のみで勝負する サケ新巻づくり とは、違い、やさしい甘みがあるのに

加えて、身がソフトに仕上がります。

 

よく、社内で話に出るのですが、養殖サーモンは、脂がのっていて普通に塩焼で

美味しいのですが、脂が強すぎて・・・

それと比べると、秋鮭は、脂のりこそ弱いものの、旨みが感じられ、毎日食べても

飽きがこない感じです。

 

海のごちそう頒布会でも時々登場する サケ塩麹焼 。まだお召し上がりでない

ようでしたら是非お試しください。

 

 

 

 

|-|-|by onosyokuhin

工場直売会の思い出

 

 

店主の小野です。

 

未だにこの時期になると、ふと年末の「直売会」の時期が近づいてきたと思ってしまいます。2005年から毎年11月下旬頃に実施していた私達の販売会です。

 商品の品質管理上の問題などから、数年前に終了したのですが、今も時折地元の方々に、「やらないのですか?楽しみにしていたのに」と声をかけられることがあります。

 

 寒い冬の日でも、早朝から多くの市民の皆さんが行列を作ってくれました。また、皆さんとの会話の中で、商品開発につながる沢山のヒントを頂きました。震災後は1年ほど休みましたが、ほぼ10年間継続させて頂いた「直売会」、本当に感謝の念でいっぱいです。

 

 現在は、当時の直売会と同様のコンセプトで、年に数回ほどWEBでの限定販売会を実施しており、本来ならば、この11月にも実施したかったのですが、諸般の事情により、年明けの1月に実施の予定です。

 

数量限定ではありますが、当時と違い全国のお客様にもご購入を頂けますので、ご利用頂ければ幸いです。

 

 

|-|-|by onosyokuhin

ライブ

こんにちは、コールセンターの佐々木李美です。

 

先日、好きなアーティストさんが岩手でライブをするというので行ってきました。

約5年ぶりの岩手でのライブということで、前回行けなかった分とても楽しみにしておりました。

 

若者ばかりかなと思っていたのですが、小さなお子さんから私の親世代まで幅広いファンが集まっていました。

 

午後5時…ギターを抱えたシルエットが出てきた瞬間、歓声が沸き起こり、皆総立ちになりました。

 

画面の中でしか見たことのない憧れの人が目の前で歌ってるんだ、なんて贅沢なんだろう…

楽しかったり聞き入ったり夢のような時間でした。

 

アンコール後は、アーティストさんの粋な計らいで、ステージ上を撮影しSNSにアップしていいということになりました。

 

私ももちろん撮影したのですが…

 

 

全く写りませんでした笑

 

画像には写りませんでしたが、目にはしっかり焼きつけましたので思い出として大事にしたいと思います。

 

お客様の声

1人分ずつ入っているのが便利で、

仕事が忙しく夕食のしたくが大変な時ありがたい!!

おいしくいただいています。

白米を食べるようになりました。

ありがとう。

(兵庫県 M・N様)

 

お喜びいただき嬉しい限りです。

白米とお魚は相性抜群ですよね!

ご飯が進むお気持ちが良く分かります。

今後も様々な場面でご活用いただけましたら幸いです。

 

 

|-|-|by onosyokuhin

久しぶりの出漁

営業の むらかみ です。

 

久しぶりに 船釣りに行って来ました。

いつもは、早朝からお昼くらいまでの時間なのですが、今回は、

お昼スタートの夜まででした。

昼間は、カレイ、夜は イカもしくはアナゴ狙いという非常に

ワクワクする計画。イカ釣りは初めてだったので、仕掛けも新調。

天候も良く、波も穏やかで、コンディションは最高でした。

 

出船時には、漁港に小型ですがイワシの群れが回遊。なんだか

今日は 良いのではないかという予感がしていました。

 

 

 

 

 

実は、盛り上がったのはこの時がピークでした。

 

釣果 0 ではなかったのですが、惨敗状態。事前情報では、こういう結果になる可能性も

あるとの情報はあり、覚悟していなかった訳ではありませんが、非常に残念。

活イカ刺しの為にしっかり冷やしていたビールが、普通の晩酌になってしまいました。

 

今回は、社内の部員メンバーで貸切で、基本的にはみんなダメだったのですが、一部の

メンバーは、むらかみの知らない釣り方で、比較的大物をGET。自分が持っている

釣り道具では対応できない釣り方で、あっさりと大物を上げていました。

 

新たな投資の必要性を実感した瞬間でした。

簡単に言うと、新しい道具(竿・リール等)が欲しくなったという事です。

 

釜石には、幸いというか 釣り具専門の大型チェーン店は無いのですが、ネットショッピング

では、いつでも購入できる状態。すぐにでも、行ってしましそうですが、数日クールダウン

してから、次の作戦を考えたいと思います。

 

一応、翌朝に釣ってきた魚で朝食。カレイ1枚と どんこ少々。「えーこれだけ〜」

と言われながらも、あっという間にほぼ完食でした。

 

 

 

話は変わりますが、東京 東銀座にある いわて銀河プラザ 20周年で店舗を改装して

リニューアルオープンしました。三陸おのやの定番煮魚だけでなく、つみれ汁シリーズも

販売中。お近くに行かれた際には、是非お立ち寄りください。

 

|-|-|by onosyokuhin

我々が目指してきた「実習生受入事業」

 

今、巷では海外人材の受入について議論が飛び交っています。海外実習生受入事業についても、人権問題、実習生の逃亡などイメージが良くない報道も少なくありません。

 

正直とても残念に思います。この事業は様々な取り組み方があるでしょうが、少なくとも20年前にこの事業をスタートした時から、我々は、首尾一貫した方針で臨んできました。14年間続いた中国山東省からの受入も、今年で4年目になるベトナムからの受入も全く変わりありません。

 

それは、「派遣組織と我々受入団体、そして実習生のご家族とが協力して、人材育成の視点からこの事業を進める」ということです。上の2枚の写真は、中国からの実習生受入10周年を記念して、派遣元の中国の都市を訪問した際のものですが、この間に釜石市・大槌町に来てくれた実習生達そしてご家族、そしてこの事業を支援してくれた市政府の皆さんとのセレモニーの様子です。

故郷に戻り、様々な企業で活躍している元実習生達との再会は、本当に懐かしいものでした。

 

 

そんな方針は、ベトナムからの受入4年目の現在も全く変わりません。直接企業側が面接をするようになった今は、受入者決定の翌日にご家族との交流会を実施し、我々の町、工場や寮の様子や就業規定関係や保険などについて説明しています。

 

そのような取組で互いの信頼関係を醸成することができ、新制度下でも優良組合の認証を受けることができました。

 

まだ若い人達ですから、時にやんちゃな行動もあったりしますが、厳しくも温かく接することで、翌日には元気にまた頑張ってくれます。家族や自分の将来のために頑張る若い彼女らは、仕事の習熟も早く、本当にありがたい存在です。そんなウインウインの関係で、今後も取り組んでいく所存です。

 

 

 

|-|-|by onosyokuhin

えさし藤原の郷(夜)

コールセンターの鈴木です。

 

明日から11月。

秋も深まり、そろそろタイヤ交換の心配をしなければなりません。

 

週末「紅葉」を探しに軽い気持ちで出かけましたが、沿岸部の山々は、やっと色づき始めた感じでイマイチ。

仕方なく内陸部に車を走らせたのですが、探すポイントが悪いのか同じくパッとせず…

 

日も暮れ始め半ばあきらめかけていた頃、気が付くと「えさし藤原の郷」にたどり着いていました。

大河ドラマ等のロケ地として有名ですが、小学生以来なので全く記憶にありません。

 

ラッキーな事に、紅葉ライトアップイベント開催中で閉門時間が延長されていました。

昼に比べ、夜は見学できる箇所が少ないようですが、薄暗い園内は独特な空気で、

戦国時代?にタイムスリップしたような雰囲気に包まれます。

 

奥に進んだところ、テレビでよく見る場所を発見しました!

 

 

あれこれ探検しているうちにすっかり日が暮れ、お目当ての紅葉ライトアップゾーンへ。

 

 

池に映る木々の美しさを写真では伝えきれないのが残念です(;´д`)

 

 

夜の紅葉も良いものですね〜〜〜!

危うく一杯ひっかける所でした。

 

ちなみに、コスプレ撮影会なるものも同時開催されていたようで、

園内どこに行っても刀やライトセーバーを装備したコスプレイヤーだらけでした(笑)

 

 

>>お客様の声<<

先日旬のごちそう便のパンフレットが届き、つみれ汁があったので早速注文し、いただきました。

しばらく前に「開発中なので試食を」ということで試食し、感想を述べさせていただいたつみれ汁でしたので、特に思い入れがありました。

さすがにつみれが3種ともフワフワで、野菜も冷凍してあったとは思えないほどおいしく食べることができました。皆さんにも食べていただいていると思うと私もうれしいです。

−静岡県 S・T様 お葉書−

 

 

モニターのご協力誠にありがとうございました。思い起こせば3年以上前になりますね。

皆様から頂戴したご意見を基に改良を重ね、昨年からご紹介できるようになりました。

次回の企画にもご協力いただければ幸いです。

 

スープのごちそうシリーズはこちらから

 

 

|-|-|by onosyokuhin

新しい市場

営業の むらかみ です。

 

先週は、久しぶりの東京出張。堂々と上着を着て行ける気候だと

思ったのですが、やはり、上着は“荷物”になっていました。

 

ここ最近 東京で変わった事。

やはり、この業界では、豊洲市場ですかね。

仕入れ先様との打ち合わせついでに見学させて頂きました。

 

何かとバタバタがあった今回の市場移転。なんとなく不安を感じさせる

報道もいろいろとありましたが、とりあえず、無事に移転できた

ようです。現場レベルでは、いろいろとご苦労されているところも

あるかとは思いますが・・・

 

聞いた話ですが、移転・引っ越しの際には、築地界隈の飲食店で

「魚がない」という状況になったようです。もちろん新鮮な鮮魚を

指すと思われますが、そんな事もあったようです。

 

 

 

観光客用のルートが決まっていて、いわゆる売り場や、仲卸のお店のところへは、

一般の方は入れないようになっていて、見学通路からガラス越しに見学できる

ようになっていました。

 

 

 

一応、一般客ではないので、仲卸の所にも入らせていただきました。

 

 

忙しい時間ではなかったので、人は少なくなっていますが、雰囲気は市場でした。

当たり前ですね・・・

 

築地市場って 実は、取引額規模で言うと 世界一 の市場だったようです。

それを引き継いでいるので、おそらく世界一なのでしょう。

周辺道路の整備や、飲食店ブースの空きなどまだまだ未完成ですが、築地の

解体もはじまり、もう戻す事は出来ないので、世界に誇れるブランドに

なってくれる事を願います。

 

 

 

 

 

 

 

|-|-|by onosyokuhin


ご注文・お問い合わせはこちら

受付時間 9:00〜17:00 月〜金(祝祭日を除く)
24時間受付

注文用紙のダウンロードはこちら