三陸おのやブログ

     三陸釜石から、「美味しいお魚料理」に
               取り組む、奮闘記です
  

魚河岸テラス 釜石

こんにちは。コールセンターの佐々木敏恵です。

 

今日の釜石は晴れて良い天気です。

新緑のきれな季節になりましたね!

 

ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたでしょうか?

私の場合は・・・東京から姉弟家族が帰省したため、釜石市内をちょこちょこお出かけ。

釜石で過ごしました

 

ゴールデンウィークの釜石の風景を紹介しますね。

 

4/13にオープンした「魚河岸テラス」

こんな場所を望んでいたんです!というような場所です。

釜石魚市場の隣にできた施設で釜石湾の眺めを楽しみながら地元の幸を味わえます。

 

隣の釜石魚市場

 

 

 

オーシャンビュー!「魚河岸テラス」からの眺め。

大瀧詠一さんの曲が流れてきそうな雰囲気でした。

 

お店でいただいた『海鮮丼』イクラは釜石産だそうです。美味しかったです。

新鮮でペロッと食べてしまいました。

 

 

昼間の釜石湾の眺めも良かったのですが、夜は夜で雰囲気が変わって良いのかな〜っと思いました。

一度夜景を見に行ってみたいと思います。

 

※※※※※※※※※※

見学の方がたくさんいた鵜住居復興スタジアム。

お天気が続いたせいか芝生に放水?歓声があがっていました。

 

 

復興スタジアムの鯉のぼり。気持ち良さそうに泳いでいました。

 

 

※※※※※※※※※※

 

熊の出没に気をつけつつ新緑の季節を楽しみたいです。

 

 

★★★お客様の声★★★

 

まだ2回目なのですが、毎回色々な魚・色々な味のバリエーションがあり一人暮らしなのでとても使いやすいです。味も新鮮でこれからも送ってもらいたいと思います。(滋賀県 M・S様)

 

お気に召していただけたようで何よりです。

お褒めのお言葉は大変な励みになります。一切れずつ個包装になっているので使いやすいですよね!

ご縁を大切に今後ともよろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

|-|-|by onosyokuhin

絶好調

営業の むらかみ です。

 

いろいろ疲れがたまって、先日 広告で見つけた タイ式マッサージの店に、

妻と2人で行って見ました。むらかみは、体質的に肩はこるのですが、にぶい為、

自覚症状があまりありません。以前に整体師の方から 放っておくと大変な事に

なると言われたことがありました。

 

そういえば、最近頭痛が・・・と言う事で、施術を受けたらスッキリしました。

 

ウチの妻の方は、腰痛の方がひどくて、他の治療院でも見てもらったことが

あったのですが、今回は一発で良くなったみたいでした。なんでも、施術される方が

妻と同様の症状で苦しんだ経緯があるとの事で、原因が明確に分かっていました。

 

やはり原因がはっきりすると、きちんと対処できるという事なのでしょうが、

一発で治ると、通わなくて良いので商売的には・・・とも考えてしまいます。

いずれにしても、体の不安がとれるというのは良い事ですよね。

 

 

と、言う事で、絶好調の妻が、むらかみ家の一角の 通称:“ママの畑” を整備しました。

数年ぶりの 農作活動再開です。

 

 

 

田舎住まいにしては、決して広いスペースではありませんが、日当たりは

そこそこ良いです。本来の畑スペースに加えて、フェンス脇のスペースに

特設の畑も作成。とりあえず、トマトやナスを仕込んでいました。

 

今後は豆系も予定しているとの事で、収穫が楽しみです。

 

 

 

三陸おのやのギフト セブンイレブン でも取り扱っています。

当サイトでは購入できない オリジナルのセットとなっております。

 

★オムニ7 ギフトトップページ

https://7net.omni7.jp/basic/s100000

|-|-|by onosyokuhin

世界で一番 水産物消費量/(一人当たり)が多い国はどこでしょう?

店主の小野です。

 

世界で一番魚を食べる国はどこか、皆さんお分かりでしょうか?

 

もちろん、少し前までは当然?日本でした。でも今は、日本は世界で3番目になっているのをご存じでしょうか?

 

下の表は、農林水産省「食料需給表」に掲載されている「主要国・地域の一人1年当たり食用魚介類消費量の推移」です。

 

この表を見ると、日本は高度成長が始まった昭和30年代後半から一人当たりの魚消費量が増加していきましたが、平成13年頃から減少傾向となりその状況は続いている状況です。その一方で、韓国、ノルウエーは順調に消費量が増え、現在は一位が韓国、二位がノルウエーとなっています。

 世界全体で見ても、水産物消費量の増加は世界的な傾向です。特にアジア、オセアニア地域では経済発展に伴って大きく伸びていることが分かります。

 

 国内市場だけを見ていると、水産業界は長期低落傾向で未来がないのでは?などと思われる人も多いかと思いますが、世界全体でも見ると、全く違う現実があるのですね。また、これは、我々日本の水産業界にとってチャンスだと思います。今後人口減少に伴い、益々水産物消費量の落ち込みが予見される中、海外市場の開拓は、本当にマストだと思う次第です。

 

 

 

 

 

|-|-|by onosyokuhin

ウニ漁解禁

コールセンターの佐々木由香です。

 

こちら釜石も日中の気温が20度近くまで上がる日も増え、

少し動いただけで汗ばむ陽気となってきました!

そろそろ扇風機の出番がやってきます(笑)

 

両石湾でも春のワカメ漁が終わり、5月から8月にかけてウニ漁の季節となります。

 

ワカメの出荷も終わり、

大量にワカメの茎を貰ったので母が佃煮的な料理を作っていたので撮影しました!

黒砂糖と醤油等で煮込み、タケノコをあえて出来上がりだそうです。
ご飯のお供にぴったりでした!

 

 

そして、先週からウニ漁が解禁になったと聞き、伯父の所へ寄り道して撮影してきました!
ウニを獲る量は、カゴ1つと決まっています!

 

 

この日はあいにく、伯父的にはあまり身の色が良くないとの事でしたが、

美味しそうな身が入っていました!

 

 

今年も大漁を期待したいものです。
つまみ食いをしましたが、やっぱりウニは生ですね〜(´∀`*)

まろやかで磯の風味が最高でした!

 

-----お客様からのお葉書-----

いつも美味しいお魚を頂けて幸いです。

先日、「赤魚とわかめの煮付」にびっくり。

今迄、海藻と炊くという発想はなく、又その美味しさとやわらかさに癒されました。

満86歳を過ぎ、毎日の食事作りが大仕事になっています。

今後共よろしくお願い致します。(熊本県 N・H様)

 

 

お役に立てて嬉しく思います!

 

ワカメというと、あまり煮付というイメージがない食材かもしれないですね

ですが意外にも煮付にしてみると、とろりとした食感が楽しめます。

 

これからも色々なお魚料理をお届け出来るよう努めて参ります!

 

 

 

|-|-|by onosyokuhin

大型連休

営業の むらかみ です。

 

史上初と言われていました、大型連休。

業務的には、物流等の混乱が懸念されていましたが、とくに大きな

トラブルもなっくホッとしたところです。

 

連休中、プライベートではいろいろ行事がありました。

 

まずは、釣りです。

先日は、 “寂しい” という感情が残った結果でしたが、今回多少は・・・

季節外れではありますが、そこそこの大きさの ナメタガレイを釣る事が

できました。

 

 

 

本当は、年末に欲しかったところですが、それでも 大満足。

定番の煮付にして美味しく頂きました。

 

 

また、久しぶりに家族旅行。1泊だけですが、盛岡方面でいろいろ遊んだり

ショッピングをしたりしました。盛岡でボーリングをしたのですが、子供達は

人生初。釜石からボウリング場が無くなって十数年。最寄りのボーリング場までは

車で約2時間という環境で、むらかみ自身も10年以上ブリ。非常に低レベルな中、

大接戦となり、今回初の息子(小5)と同スコアでトップ。はたから見れば、

典型的なヘタクソバカ家族だったかもしれませんが、4人でむちゃくちゃ盛り上がって

いました。

 

夜は山間部の温泉に宿泊。天気も良かったので、岩手山もきれいに見えました。

かなり近くだったので分かりづらいのですが、富士山みたいに、結構きれいな

三角形の山です。

 

 

 

このあたりさすがに、道路に雪はありませんでしたが、雪かきで集めたと思われる

ところの残雪が道路わきにチラホラ見られました。

 

 

 

 

|-|-|by onosyokuhin

大船渡に行ってきました

こんにちは、コールセンターの佐々木李美です。

 

新時代、「令和」を迎えましたがいかがお過ごしでしょうか。

「平成」が終わってしまったことは少し寂しい気もしますが、

新しい時代も平和で穏やかな日々となることを願うばかりです。

今後ともよろしくお願い致します。

 

先日、久々に大船渡に行ってきました。

 

三陸道を使うと、30分〜40分ほどですいすい行けるので、

とても便利になったなとしみじみ思いました。

多くの方々が携わって、こんな大きな道路を作ったんだと思うと、

改めて感動してしまいます。

 

伺ったのは、かもめテラスです。

 

 

岩手を代表する銘菓のひとつと言えば、「かもめの玉子」ではないでしょうか?

 

こちらでは、製造風景が見学できたり、オリジナルの「DECOかもめの玉子」が作れる

体験コーナーがあり、多くの家族連れで賑わっていました。

(製造の様子は、定休日や時間帯により稼働していない場合があるようです)

 

私が一番楽しみにしていたのが、「かもめソフト」です。

 

 

黄身餡とソフトクリームの相性は抜群!かもめの羽を形どったチョコレートもかわいいです。

 

お目当てのソフトクリームを堪能し、「かもめの玉子」の歴史を知ることができたので、

とても楽しい時間を過ごす事ができました。

 

そして、嬉しい出会いもありました。

 

 

おおふなトンです。

快く写真撮影に応じてくれて、かわいいポーズを決めてくれました。

 

お隣のキャッセン大船渡という複合施設が2周年を迎えたようで、

会場を盛り上げに来たようです。

 

おおふなトンに促されるまま、会場へ…。

ちゃっかり、餅まきにも参加してしまいました。

 

小さい手で一生懸命お餅を投げるおおふなトンを会場のみんなで見守っていました。

残念ながらお餅はとれませんでしたが、青空の中でやる餅まきはとても気持ち良かったです。

 

三陸には、私の知らない素敵な場所がたくさんあると思います。

 

新時代「令和」を迎えたことをきっかけに、普段出不精の私ですが、

新しい場所にもたくさん出かけていけたらなと思います。

 

お客様の声
煮汁がたっぷり入っているので、必ず野菜を添えています。

今まで魚料理にあまり手を出していなかったのですが、

一気に気楽に魚料理を楽しんでいます。
東京都 K.M様

 

楽しみながらご活用いただけているようで何よりです。

季節の野菜を添えるだけで見栄えが良くなり、

1品副菜が増えますのでお得な気持ちになりますよね!

今後も、楽しんでいただけましたら幸いです。

 

 

 

|-|-|by onosyokuhin

ブーム

営業の むらかみ です。

 

およそ1年ほど続いた「平成最後の○○○」ブーム。なんとなく

今日で終わりそうな予感です。流行りって時代と共に変化します

からね・・・

 

水産業界で 流行り といえば、“サバ”です。日本人では誰もが

知っている魚種だと思います。世界的にもメジャーな魚で海外でも

広く消費されています。

 

日本では、サバ缶ブームが発生して、今まで以上に注目されています。

良い事なのでしょうが、まさかの水揚げ不振。おまけにノルウェー等の

北欧の方でも、水揚げが少なく、資源保護の観点から漁獲量の規制も

厳しくなって来ています。

 

業界では、当たり前の話ですが、日本で獲れるサバと、北欧のサバでは

魚の種類が違います。どちらも サバ であることには間違いないのですが、

北欧で水揚げされるものは、大西洋サバと呼ばれています。

国産に比べると一般的に脂乗りが良いという事で、外食店や量販店などで

結構取扱いされています。

 

魚に詳しい方だと、サバの皮の模様の雰囲気で、国産と北欧産を見分ける

事ができます。

 

実は、三陸おのやでも、一部で北欧産のサバを使用したメニューがあります。

それは、脂乗りが良くそのメニュー(調理法に)適しているという判断で、

当然ながら、きちんと鮮度管理されて日本に入って来たものです。

三陸おのや サバメニュー ラインアップにもありますので、探してみて

ください。

 

※「三陸産〜〜」という商品は、間違いなく三陸産のものを使用しています。

 

今のおすすめメニュー」は、新商品・三陸産サバのビネガー煮 です。

直訳すると“酢煮”。果実酢と野菜で仕上げているのでやさしい酸味になっています。

暑くなってくるこれからの季節にピッタリのメニューです。

 

|-|-|by onosyokuhin


ご注文・お問い合わせはこちら

受付時間 9:00〜17:00 月〜金(祝祭日を除く)
24時間受付

注文用紙のダウンロードはこちら